エア決闘者は思考する

ボドゲやTCGを中心にゆる〜く語るカジュアル勢。

あまりデュエルをやる機会はないのだけれど、新弾が出るとついつい買ってしまう。そんな魅力がラッシュデュエルには感じられます。

ってなわけで、遊戯王のラッシュデュエルの新弾『ガクト・ロア・ロミン』を一箱開けました。

本弾はこれだけで遊戯王セブンスに登場する、ガクトとロアとロミンちゃんの3人のデッキが作れるというパック。
本家でいうところのデッキビルドパックが近いか。まあ過去弾とも組み合わせた方が当然強いのだけれど……。

DSC_0047

今回当たったシークレットレアは、ロアのエースモンスター《ロイヤルデモンズ・インベイジョン》。光り方がなかなかにイカしてるぜヽ(*゚д゚)ノ

DSC_0048

ガクトの新エース《魔将キメルーラ》も切り札に相応しい性能であるし、今弾から少しカードパワーが上がった印象受けますね。

jp001-ur


個人的にはスーパーレアの《サイキック・ダイバージェンス》がお気に入り。
イラストはとても可愛いが、効果のドローロックが地味にウザくて素敵!!!

jp037-sr

(´-`).oO(サイガール可愛いよサイガール)

ラッシュデュエルは、何と言ってもアニメのセブンスが面白いのが最大の強みですね。
キャラに魅力があり、展開を損ねない程度のカード説明。
ホビーアニメとしてホント良く出来てる作品だヽ(*゚д゚)ノ



一般同人誌<<遊戯王>> じゃんけん大会の決勝でバルタン星人と当たったサイ・ガール

およそ2ヶ月振りのウィクパに参戦してきました。

ウィクロス自体が久し振り過ぎて、もはや初手が何枚だったのかもおぼつかない感じでデッキの回し方もうろ覚え\(^o^)/

使用デッキはワールドエンド優羽莉。
参加人数は6人。最初は自分達グループの4人しか居ない状況でしたが、後から2名途中参加で何とかウィクパの体をなしていた状況。過疎ってますね。


1戦目:にじさんじ白(身内)
一緒に来た友人。
にじさんじ好きだからどうせにじさんじデッキを使用するであろうと推測し、月ノ美兎メタとしてヘルボロスをガン積みしてきたのさ。

(´-`).oO(エナに干渉させないヘルボさえ居れば、白エナで赤と青を支払う事ができないはずだ、ガハハ勝ったな!!!)

『月ノ美兎はカード効果をエナゾーンに及ぼしている訳じゃないので、ヘルボロスの妨害効果は受けませんよ?』

……なるほど確かに。あらためてしっかりテキストを読んでみると、そうとしか捉えられない\(^o^)/オワタ

d26c7da7-s

せっかく並べたヘルボロスは、サポーターキーの全ブッパを食らってキレイにお星様になりましたとさ。敗北!!!


2戦目:ピルルク青
途中参加組の一人、ピルルク使い。
今回のデッキもやっぱりピルルクでしたが、どうにも手札が事故っているようで、序盤の盤面でまともにシグニが三面並んでいない。
なんとか埋まっている面も、ワールドエンドで適宜デッキに戻してあげて、ボカスカ殴っていたら相手がレベル5に上がる前に投了。勝利。

終わったあとに話を聞いてみると、最近全くウィクロスを触っていなかったらしくウィクパが復活している事にも当日気付いたそうな。
リンカネのカードも入っていなかったので、まだまだデッキが調整段階だった様子。
まあ大会無いのにデッキ調整する気は確かに起きませんね、ぐう解る。


3戦目:エマ白緑(身内)
前回のウィクパでも戦った友人のワールドエンド大器晩熟エマ。

相手のデッキに対して何も知らない場合、割と死んでしまう理不尽なデッキだが、あいにく何度も手合わせした相手。
手札バウンスとデッキバウンスを多用してくると認識していたので、序盤からエナがしっかり残るように調整しながら立ち回りました

どうにかこうにか、牽制を重ねて晩熟を撃たせずに辿り着いた終盤、四炎楚歌ダイヤブライドアカズキンアルティメットレイドの布陣で一気にゲームエンドを目論むも、防御アーツを巧く使われあっさりと捌かれてしまう。

が、対友人のエマデッキメタとして採用した聖マルディウス教会が見事役割を果たし、相手側のラストアタックを完璧にシャットアウト!!!
首の皮一枚の勝利を得ました。


結果、2勝1敗。
負けはしましたが、全勝が不在だったらしく勝ち点でもOMWPでも3人が横並び。
自分含めた上位者3人にそれぞれコングラが渡されました。景品は懐かしのカヤッパでした。
DSC_0045


(´-`).oO(それにしてもウィクパ過疎ったなぁ……)

管理人がイチオシしているMAGIさんの『まじかる☆ベーカリー』シリーズが、最近『おめがシスターズ』さんとのコラボをやっておりまして、この度そのコラボカードのプレゼントキャンペーンで、見事当選を果たしました。イエイ、やったぜヽ(*゚д゚)ノ

DSC_0038

地方に住んでいて、ショップ配布には参加出来なかった事もあり、この当選は本当に嬉しい限り。
シリーズ全作買ってて良かった良かった。

キャンペーン応募のリツイート画像の背景に、こっそりゲムマ限定エコバッグを写したところが案外決め手だったのかもしれない。
もしそうであれば、ゲームマーケットでエコバッグを貰ってきてくれた友人に改めて感謝ですね。


今回頂いたカードは、シリーズ初代の『まじかる☆ベーカリー』で使用出来るカード。
コラボカードらしい、実にユニークなテキストを持っています。

なんと、パンの焼き上げに成功した場合、他の早退したプレイヤー全員に最寄りのコンビニにパンを買ってこさせるというイカれた効果を持っています。

Screenshot_20200916-195124_1

まあ当然それだけではボードゲームの枠を越えてリアルファイト確定なので、現実的な落とし所として、持っているごほうびチップ(勝利点)の半分を頂戴するという選択肢も用意してあります。


相手にパンを買ってこさせるという暴挙。
MtGの有名なアングルード(ジョークパック)のカード《アシュノッドのクーポン券》を思い出させる実に馬鹿げた効果ですね。正直大好物です\(^o^)/

9c5100a4-s
(T),Ashnod's Couponを生け贄に捧げる:プレイヤー1人とドリンク1本を対象とする。そのプレイヤーは、そのドリンクをあなたのために取ってくる。
エラッタ:あなたはそのドリンクに必要なあらゆるコストを支払う。



『まじかる☆ベーカリー』シリーズは、ボドゲガチ勢向けというよりはライト層向けで、ネタの通じる身内間で遊ぶと大変盛り上がるとてもお気に入りのシリーズです。

作品毎にゲーム性がガラリと変わるのも特徴で、個人的には4作目の推理ゲー『まじかる☆ベーカリー 反逆の魔法少女』が好み。
最終ラウンドにおいて、相手側の切り札ダークソウルの魔法を、こちらの切り札ライトニングで打ち砕いて、見事トゥルーエンドに到達した時は大盛り上がりでした。

5作目の『まじかる☆ベーカリー 今日から財閥っ!!』は、購入してはいるもののコロナ禍の影響で未だプレイに至っておらず……。

(´-`).oO(また何の憂いなく、ボドゲでワイワイ遊びたいものである……)


★は購入自己満足度。

○ラグナクリムゾン 1〜7巻 ★★★★★
_AC_SL1500_

俺TUEEEEEが楽しいダークファンタジー。マンガアプリで読んで即座に既刊全巻購入。

大胆なコマ割りと洒落た台詞回し、そしてバラエティに富んだキャラ設定と熱い展開。どこをとっても面白い。

相手陣営の方が圧倒的に強い作品ってやっぱり魅力を感じますよね。ここ最近読んだ漫画では一番熱い。

主人公の相棒のクリムゾン様が、ルルーシュを彷彿とさせる畜生軍師ですごい好き。
Screenshot_20200901-201200_1

Screenshot_20200901-201205_1_1


○ELECOM WRC-1167GS2-B ★★★☆☆
wrc-1167gs2-b_z1

ELECOM製IPv6対応Wi-Fiルーター。
以前使用していたBUFFALOちゃんが夏の暑さにやられてしまったので購入。

IPv6のOCNバーチャルコネクト対応とだけあってネット速度が大幅に向上……したのは良いのだが時々通信が不安定な印象。

オンライン対戦ゲーの開幕エラーやめてクレメンス。


○異世界賢者の転生無双 1〜4巻 ★★★☆☆
_AC_SL1500_

『失格紋の最強賢者』で有名な進行諸島先生のなろう小説。

淡々とした語りでいまひとつ盛り上がりに欠けるが、なろうにありがちなエログロ抜きで俺TUEEEEしてくれるので個人的にはポイント高い。

絵師がZ/Xの百目鬼きさらちゃんを描いている柴乃櫂人先生である点が購入の決め手。

ギルド受け付け嬢がとても可愛いのです。
Screenshot_20200901-200639_1_1


○XPERIA 5 ★★★★☆
SO01M-etc-00-XL

愛機HTC U11がアップデートエラーを吐くようになったので世代交代。
HTC Desire HD→HTC Butterfly→HTC M8→HTC U11と一途にHTCを愛し続けたが、ハイエンド端末が出なくなって久しいので泣く泣くXPERIAに移行した次第。今までありがとうHTC……。

本機の縦長の画面は最初は違和感もあったが、慣れてくると一画面での情報量が多くてとても楽。電子書籍でラノベを読むのに程よく優れている

なんだかんだで結構気に入っていたのだけれど、数週間にSIMフリー版かつDSDVの同端末が、そしてつい先日XPERIA 5Ⅱの情報がリークされてしまったため、なんとも言えないもどかしさを覚える……。


○Z/X 異界探訪編 輝望〈フロンティア〉 ★★★★☆
_AC_SL1500_

コロナ禍で何故か無性にTCGのカードパックを剥きたくなった時に、ちょうどオンラインカードガチャをやっていたので勢いに任せて購入。もちろんゼクスはプレイしたことがない。

2箱分買ったら、トップレアっぽいWRのアスツァールとOBRの夜刀うらら(下部)が出たのでメルカリに放流。

衝動買いからの、まさかの大幅黒字となったのであった。
DSC_0010_1-9075708325598765664


○ラッシュレア版 真紅眼の黒竜 ★★★★★
Vジャンプの応募者全員サービスで手に入れたラッシュレアの真紅眼の黒竜と黒炎弾と黒竜の雛セット。

《真紅眼の黒竜》の加工がとても美しく、手持ちのアルティメットレア版に比肩する神々しさ。応募していて大正解である。
DSC_0016-8823021751337359930


○森永 ナタデココ杏仁豆腐アイス ★★★★★
_20200901_205415

コンビニで購入。やはり暑いときはアイスと甘い物ですよね。
杏仁豆腐のアイスということで表現方法が大変気になっていたが、流石は天下の森永。

トルコ風アイスのようなビニョーと伸びるもちもち食感が素敵で、この上なく杏仁豆腐をアイスクリームという型に落とし込んでいた。
とても美味しかったので見掛けたら是非。


○2.5次元の誘惑 1〜5巻 ★★★★☆
_SL1500_

ジャンププラスで連載中のコスプレ漫画。
最初の数話は編集部の方針だったのか露骨なエロが目立つが、書き手のコスプレとレイヤーに対しての一貫した描写に読者は感情を揺さぶられる。

特にコスプレ四天王のVS753編では、回を増す毎に熱くなっていく展開に「あぁ、これは間違いなくジャンプ漫画」と確信するはずだ。

気付けば劇中劇である架空のアニメ主人公リリエルのファンになっている。そんな漫画。


○ライアー・ライアー 1〜5巻 ★★★★☆
20200901_214510

ハッタリとイカサマでチートなやつらを倒していく能力バトル系学園ラノベ。

イメージとしては城平京先生の『スパイラル〜推理の絆〜』が近い印象。メイドヒロインが可愛い。


○君死にたもう流星群 1〜5巻 ★★★★★
20200901_214432

タイムリープ系SFラノベ。
この作品については何も語れない。買え。



○カップヌードル 抹茶鶏白湯 ★☆☆☆☆
DSC_0005

カップヌードルの抹茶味!!!

……企画したやつ新型コロナで味覚障害がおきていたんじゃないの?と心配になる大型地雷。買うな。



○FALL GUYS ★★★★☆
fall-guys-ultimate-knockout-box-art-01-ps4-06jun19-ja-jp

8月のPSプラス会員のフリープレイ。
風雲たけし城という古い日本のテレビ番組にインスパイアされて作ったという、単純明快でシンプルなパーティゲーム。

ユーモアで可愛らしいアバター達がしっちゃかめっちゃか走り回る様は、遊んでいても観戦しても楽しい。

一戦一戦のテンポが良いので時間を忘れてついついリトライしてしまうが、一度も王冠を手にした事はない……。


○Dreams universe ★★★☆☆
_AC_SL1500_

ゲームを作れるゲーム。
最近になってPSVRに対応したので衝動買い。作り手ではなくプレイ専。

公開されているゲームには、伝説的ホラーゲーム『P.T』を再現した作品や鬼滅の刃のパチモンアクションなどといった既存コンテンツを模した作品も多いが、独自性の強い作品も多数あって思った以上に楽しめる。

様々なVRゲームを体験出来る点は素晴らしいが、ミニゲームの域を出ないのでVR特有の感動は薄い。


○遊戯王 PHANTOM RAGE ★★★☆☆
_AC_SL1500_

ゼクスでの爆アドに味を占めた管理人は、《インフェルニティ・ヘルデーモン》のために数年振りに遊戯王OCGを箱買い。見事爆散した。

デーモンもプリズマティックシークレットレアも出なかったが、最近のアルティメットレアの加工がとても綺麗だった事が分かり、思いのほか気分は晴れやかだった。
1597827979010_1


○とある女優のジャンプ漫画 ★★★★☆
管理人が近年ジャンプ本誌の作品で単行本を集めていたのは、鬼滅とこれだけだったのだが、結局どちらも終わってしまった……。

被害者が居る以上、原作者は裁かれるべきだが、作品自体には罪は無い。

もう表立って評価されることはないのだろうけど、この作品の『銀河鉄道の夜』編は最高に面白かった。

この事実だけは決して自分の中で覆る事は無いだろう……。
SnapCrab_NoName_2018-6-26_21-1-14_No-00_1





馴染みのショップがウィクロスパーティを再開したとの事で、数ヶ月振りのキーセレ参戦。
top_slider_img_wixoss_party


徐々に徐々にコロナの第二波も見え隠れしている今日この頃。
おっかなびっくりで様子を伺い、参加者多数であればそそくさと退散するつもりでしたが、自分と友人併せてトータル三名だったのでそのまま参加。

使用デッキはリワトキー軸ウムル。スリーブを新調したのでデッキが大幅に強化された気がします(錯覚)。


1戦目:エルドラ
こちらがアルハイキー、相手がリワトゥムキーを貼る何ともウザい盤面。
序盤は互いに点取りシグニが不在のため、適当に流す様な試合展開。相手の使ったグルーヴをアルハイキーでパクるのが楽しかった。

レベル4に上がってからはリワトキーの起動やスカイジュ、緑イカなどで3点要求。
しかし、相手シグニを1体残してしまっていたがために、リワトゥムキー→ポッピンアイスの流れで驚愕の3面防御。

更には次ターンも全く同じ動きで3面防御されてしまいました。
後から振り返ってみてもここが大きなミスだったなぁと深く反省。

ポッピンアイスの圧倒的な防御障壁により、中盤まで互角だった情勢は相手有利に一気に傾き、そのままじりじりとこちらの防御アーツが先に尽きて敗北。

真ん中に置いてあったゲートが、4回中3回も相手シグニのアタックを止める超ファインプレーをしてくれたので、なんとかその頑張りに応えたかったのですが相手が一枚も二枚も上手でした。


2戦目:エマ(身内)
一緒に参加した身内のエマ。
普通の連パンエマとはコンセプトが大きく異なり、持ち前のコインぢからとエナチャ性能を駆使して、大器晩熟で詰めるユニークな白緑エマ。

序盤からワールドエンドキーによる速攻を受けるも、アルハイキーが大健闘。
盤面をがら空きにされようが毎ターンのダメージをのらりくらりと2点に抑えてくれました。

レベル4に上がり業を煮やした相手は《大器晩熟》をブチかまして来ましたが、事前に貼っておいたリワトキーのエクシードで何とかブロックに成功。さすリワ。

《大器晩熟》を乗り切ればあとは勝手知ったる身内戦
残るアーツをケアしながら点数を要求して辛うじて勝利。



結果、1勝1敗。
参加者3名が綺麗に1勝1敗で並んだのでジャンケンでコングラを決めることに。確率は2/3。

この日、ゲート運が絶好調だった管理人にとって、2/3など100%も同然なのであった。

DSC_0009
《カウンター・ヴァンプ》のコングラGETヽ(*゚д゚)ノ


(´-`).oO(おまけも一杯貰えて得したなー)

このページのトップヘ