エア決闘者は思考する

ボドゲやTCGを中心にゆる〜く語るカジュアル勢。

永続罠 自分フィールド上に存在するモンスター1体をリリースして発動する。 このカードがフィールド上に存在する限り、 お互いにレベル6以上のモンスターを特殊召喚する事はできない。 自分の手札が3枚以上の場合、このカードを破壊する。

当時征竜魔導環境の時に、虚無空間の相互互換としてエクシーズ型インフェルニティで考えていた一枚。
その時は結果として不必要に終わったわけですが、虚無空間が制限となった今再考する時が来たわけですね。
虚無空間との違いは自壊デメリットの軽さと拘束の緩さ。自壊デメリットが手札が三枚以上ということなので、虚無空間よりは使い切り感が薄いです。自分のターンにはドローフェイズで三枚になるようにすれば、上級の居るデッキでも差し障りなく運用出来るかもしれません。
ただしどのデッキでも使えそうな反面どのデッキにも刺さるわけではありません。

レベル6以上が特殊召喚出来ないという微妙な拘束が問題。刺さるデッキで言えばシンクロデッキの大半を筆頭に、他には影霊衣、シャドール、霊獣、海皇、インフェルノイド辺りが苦しんでくれる気がします。ただどのデッキも最近ではランク4を使った動きが組み込まれており、採用率トップクラスのカステルさんに簡単に対処されてしまいます。
先述の通り、ランク4デッキの大半には微塵も刺さらないのが致命的。レベル5素通しも問題で、銀河サイバーでインフィニティや、ミドラーシュ通してからのドラゴン効果で瞬殺です。
デビフラやマスクチェンジなどピンポイントで落せる所はあるものの安心出来ないハラハラ感があります。

メインから組み込めた虚無空間とは違い、癖が強く、環境が分散している今ではやはり使えるカードではないかもしれませんね。ただ、ハマれば相手だけ一方的に拘束できる強カードではあるので、インフェルニティ以外で手札消費の激しい、例えばアーティファクトなんかでは面白いかもしれません。

エフェクト・ヴェーラー ×3
オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン ×3
ラブラドライドラゴン
真紅眼の黒竜
聖刻龍-トフェニドラゴン ×3
DDプラウド・オーガ ×3
DD魔導賢者ケプラー ×3
DDD覇龍王ペンドラゴン ×3
DDD制覇王カイゼル ×
DDD反骨王レオニダス ×3
DDD壊薙王アビス・ラグナロク

サイクロン ×2
ハーピィの羽根帚
七星の宝刀 ×3
召集の聖刻印 ×3
地獄門の契約書 ×3
死者蘇生
闇の誘惑

以前作った巨神鳥DDのランク7部分が気に入ったのでその派生。

ペンドラゴンが聖刻と相性良い感じだったので採用してみました。ケプラー召集の二枚から出すことが出来るお手軽レベル7。先攻ならトフェニから呼んだ真紅眼の黒竜とエクシーズしてドラゴサックになるのが理想。手札消費二枚でドラゴサックと地獄門が並ぶのは割と美味しい。後攻ならペンドラゴン効果で露払いをしてからのカイゼルワンキルが素敵ですね、伏せに触れるようになった点は非常に優秀。

またトフェニの利用価値はこれだけでなく、サーチしやすいレベル6のプラウドオーガがいるので、ランク6の選択肢でビヨンドザホープを選べば、オッドアイズで5000通した後のビヨンド3000が決まります。オーガをペンデュラムに使いたければトレミス作って自主回収すれば1アド損がありません。
エクストラに枠が豊富なので、ラブラドライとのシンクロで赤き龍を呼ぶギミックも試験採用中。
アビスラグナロクに関してはスケールが汎用という点とドラゴサックのトークンを使ったアドバンス召喚が主な狙い。除去効果と蘇生は癖があるものの有用で特にペンデュラムモンスターでないDDDであるペンドラゴンは釣りやすくて効果も申し分無い。

エンタメするために様々なギミックを導入したがための弊害で、防御力は低め。先攻ドラゴサックにはカステルか101が飛んでくるので、ヴェーラーを握れるように宝刀ないしは闇の誘惑で無理矢理引きたいところ……

本日スターターデッキ『ブラックウィル』の内容が公開されたのでそれに伴って先日考察したデッキの再調整。

・ルリグデッキ
バニラウムル0〜2 チャージング2
アンディガ アンリタ アンサプ
スペルサルベージ グレイブナイト

・ライフバースト
テキサ4 ドロンジョ4 ヴォイニ4
サーチャー4 ノーゲイン4

・非ライフバースト
アステカ4 ゴルスペ4 メガトロン4 ヘンジ4
ロステク4

特にこだわってる部分も無い普通の構築。今回のスターターはアンシエントリターンが大分汎用性の高そうな点が凄いですね。美巧オンリーのアンデッキや電機軸ピルルク辺りはオーバーサルベージの代わりに採用してもいいのでは無いでしょうか。
アンシエントディガーの方は一見サルベージと大差ないですが、トラッシュからの出現時効果を持つパルテノやコスタリクが使いやすくなりました。ゴルスペで捨てられる黒アーツという点も魅力的。
コードアンチヴォイニは、ライフバースト持ちレベル1古代兵器というだけで採用確定で、それに加え墓地アド手札アドを狙える点も割り優秀。
ライフバースト枠を空けるため開き直って、ノーガードにしてノーゲインを採用。ライフバースト期待で、手札に来たらアーツで消費。

とまあ、考えてはみたのでひとまずスターター来たらこれで組んで、しばらく遊んだらまたレベル5を入れた構築に戻すことでしょう。

前回の制限改定を鑑みるに、今後の遊戯王は更なる加速で環境インフレを起こそうとしてると推測。それに対する不満への配慮&対抗策として、かつての禁止級カードの緩和やテーマカードの解放+強化で調和を保とうとしてるように思えます。
今回のクロス・オーバーズ・ソウルでまたひとつKONAMIのタガが外れた気がしたので次の改定で弾けてくれることを期待。
とりあえず、テーマカードの解放について自分なりに考察してみます。回数制限のエラッタを付けると大体帰って来れそうですけどね。

禁止カード

《イレカエル》
一ターンに一度で緩和可能だと思われるが弱体化が酷い。
《ゼンマイハンター》
ハンデスはダメ。結局ゼンマイの一番の問題児はこいつだったというオチ。名称指定付ければ帰ってきていいでしょう。
《炎征竜-バーナー》《水征竜-ストリーム》《地征竜-リアクタン》《風征竜-ライトニング》
本人達のスペックは大したことはないのだけれど、親征竜との相性が本当に鬼畜。親征竜が制限であれば、手札で腐ることもあるのだから、制限でもいいかなと思うのは甘いか。
《サウザンド・アイズ・サクリファイス》
簡易融合が制限である以上、エクストラ枠をこいつに割く理由はない。緩和でいいかと。
《D-HERO ディスクガイ》
そのまま緩和は有り得ないので出てくるとしたら、名称指定の一ターンに一度縛りが妥当か。
《氷結界の龍 ブリューナク》
個人的にエラッタして欲しくは無いカードの筆頭。カードパワーもさることながら、こちらもループの根源になる問題児なので、緩和するなら要エラッタ。名称指定一ターンに一度で解決《フィッシュボーグ-ガンナー》
ループの温床。帰ってくるチューナーは基本アウト。デュエル中一度付ければなんとかなりそうではあるけれど。
《魔導書の神判》
ループとかには関与しないただただ強いカード。制限でもサーチが容易で使い回しも利き、既にターン一回ついてるのにこれだから中身いじるしかないけれど、全体的にオカシイから難しい。タロットテーマだから緩和出来たらいいのだけれど、グリモとバテルその他を犠牲にするしか道がない気がする。

制限カード 

《アーティファクト-モラルタ》
セプスロの如く出張セットだった点が問題。カードパワーも神智有りきで考えるしかない。環境のインフレが更に進んだならありえなくも無いが、まだ早い。
《A・ジェネクス・バードマン》
継承の印とかボムフェネとか規制したから帰ってきていい気がする。
《イビリチュア・ガストクラーケ》
ハンデスは良くないので名称指定で一ターンに一度つければ無制限でいいでしょう。何もせず釈放は有り得ない。
《甲虫装機 ダンセル》
ホーネットもさることながらこいつこそ真の害悪。とはいえ、ヴェーラー以外の対処方として幽鬼うさぎも出てきて、ダークロウとかプトレマイオスまでいる現環境でどこまでやれるか。準に緩和はしてもいいかも。
《エルシャドール・ネフィリム》《エルシャドール・ミドラーシュ》
出るだけでアドと強固なロック担当。シャドールの強さの根源なので、現状維持が無難。《E・HERO エアーマン》
同一名称サーチ不可にしたとしてもサーチ先のシャドーミスト(ダークロウ)がインチキ過ぎるのが問題。準に緩和したとしたらHERO出張セットが出来そうで困ります。
《焔征竜-ブラスター》《巌征竜-レドックス》《瀑征竜-タイダル》《嵐征竜-テンペスト》
数多の犠牲の先にダークマターを利用して未だに環境に喰い付く残滓的なナニカ。もっとも、今の構築の征竜はノーデザイナーデッキとしての美しさがあるから嫌いではない。属性サポートとしてなら喉から手が出る程欲しいので、ラヴァル使いとして、バーナーと一緒にブラスターだけ無制限にしてほしい。
《終末の騎士》
マスマティシャンが許されてこいつが許されない道理がない。次でマスマティと入れ替えで帰って来てほしい。
《発条空母ゼンマイティ》
ループの温床。ハンター居なくてもやれることはいくらでもある。準以上になるのは現状厳しい。
《TG ハイパー・ライブラリアン》
シンクロデッキのエンジン。二枚重ねのドローはデッキ枯渇さえ見えてくる危険度。許されませんね。
《氷結界の龍 トリシューラ》
圧倒的パワーカード。が、個人的には緩和してもどうせ枠が無いからいいんじゃないかと思いもする。準に緩和されたら何か変わるだろうか……。
《封印されしエクゾディア》《封印されし者の右足》《封印されし者の右腕》《封印されし者の左足》《封印されし者の左腕》
有り得ないので割愛。
《フォーミュラ・シンクロン》
こちらもライブラリアン同様のシンクロデッキのエンジン。最近シンクロチューナーが増えてきたけれど、やっぱりシンプルな強さを持つこのカードは一際優秀。とはいえやっぱり枠が無いと思う。
《光天使スローネ》
セプスロは個人的なトラウマ。某ツールでフリーをやってた時にあらゆるデッキからこいつとソウルチャージを見掛けた。アド損無しの先行Wショックルーラーは遊戯王ではない別の何か。
《水精鱗-ディニクアビス》
ネプトアビス来ちゃったから緩和はないかな。《ユニコールの影霊衣》
ネクロスの潤滑油的ポジションにして切り込み隊長。エクストラデッキを一人で封殺出来る様は切り込み隊長に相応しい。次にブリューナクがかかるとしたら準でもいい気はしないでもない。
《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》カードパワーがオカシイから制限が妥当。二枚になると聖刻は完全復活するが征竜がやらかすに違いない。
《インフェルニティガン》
幽鬼うさぎを器用にすり抜ける謎の永続。チートテーマカードの筆頭。制限の中でも神判並にサーチが容易。こいつとトリシュを揃って緩和したなら、きっとインフェルニティは満足するに違いない。メタに滅法弱いので結局トップにはなれないでしょうが。
《ハーピィの羽根帚》
テーマであってテーマでない。禁止でいい。
《光の援軍》
ライロの現状を見ると帰ってきても不思議では無いが、出張セットになるのは自明の理。公式がインフェルノイドをプッシュするならこのタイミングで帰ってくる。
《霞の谷の神風》
悪さするカードは大体制限食らったのでもういいかなとは思う。公式の謎のハーピィ推しがまだ続くならダンサー意識で準制限もありえる。
《竜の渓谷》
ドラグニティサポートとしては優秀止まりだが、そこに征竜が絡むことでそれ以上のポテンシャルを発揮するカード。ダークマターによるブーストを得た以上、あまり必要には思えないが、帰ってくる気も別にしない。
《六武の門》
神判よりは落ちるがガン級のチートカード。
サーチが効かない代償を補ってあまりあるアドをもたらす。幽鬼うさぎいるし、準くらいに上がってもいいか。
《堕ち影の蠢き》
現状環境トップのシャドールが力を取り戻すことは考えにくいから緩和はない。

準制限カード 

《甲虫装機 ホーネット》《E・HERO バブルマン》《海皇の竜騎隊》《真六武衆-シエン》《D-HERO ディアボリックガイ》《氷結界の虎王ドゥローレン》《BF-疾風のゲイル》《立炎星-トウケイ》《奈落の落とし穴》

今のインフレ具合なら、多分ドゥローレン以外は全部緩和で問題ないんじゃないかな。多分。

今更イグナイトの効果を読みました。ラヴァルの構築を大幅にいじる転機が来た気がします。

ざっくばらんにまとめると、張って自壊して炎属性戦士族をサーチ出来るペンデュラムテーマとのこと。2枚で1枚サーチと短期的にアド損するけれども、破壊なのでエクストラに移動し、準備が出来たら展開開始と。こいつらだけで伝導場と爆発を内蔵していると考えると狂気じみていますが、はてさて。
とりあえず、ラヴァルの戦士族であるキャノンウォリアーガンナージャッジメントは採用を検討。

ラヴァルを軸に考えるとして、果たしてどのぐらい枠を埋めれるか、極端な話、ラヴァルは伝導場と爆発さえ引ければ大体何とかなるので、デッキ圧縮兼その代用さえ出来れば十分共存が可能です。特にラヴァルレベル4を素材として、チェインで侍女さえ送れれば擬似伝導場としての運用が可能な点に注目したい。

ラヴァルで3積み確定なパーツは、キャノン侍女爆発伝導場。これに砲兵2枚と淑女1枚は暫定、汎用枠でブラスター羽帚ブラホ黄金櫃ソルチャ1。出来ればクリバン3。よってラヴァル側は23枚。この辺りは多分不動かなと思います。

次にイグナイト側ですが、効果の性質故に数が必要ですが、上級出しても旨味が薄いのでとりあえず下級の12枚が採用候補でそれに増援1枚を足した13枚が最低必要枚数。2枚で1枚サーチなので3枚あれば初手スケール問わずフィールドに2体とPゾーンに2枚で初めてアドが取れる。
13枚入ったカードが初手に2枚存在する確率が35.66%で、3枚存在する確率は21.7%らしいので割りと低め。ここにラヴァルのレベル4を巻き込めればチェインで伝導場の代理が出来るという寸法ですが……サイクロン1枚で瓦解する割に大したことのない布陣で驚愕ですね。デッキ圧縮済んだらクリバンデットnsで爆発拾って準備万端と思ったら、相手のターンにムーラングレイスで落とされるのが目に浮かぶ……。

ラヴァルロードジャッジメントをサーチ出来る点に着目して七星の宝刀3積みも悪くはないか。イグナイトのサーチ対象にキャノンも居るので帰還することも容易。ブラスター3積み出来たころはよくやったなぁと全盛期を思い出して感涙。あの頃ラヴァルは本当に強かった。

色々思考しましたが現状のプールではまだ手札誘発型のラヴァルの方が安定ですね、考察は時に無駄に終わる……。

このページのトップヘ