エア決闘者は思考する

ボドゲやTCGを中心にゆる〜く語るカジュアル勢。

《天魔神 ノーレラス》
効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2400/守1500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性・天使族モンスター1体と闇属性・悪魔族モンスター3体を
ゲームから除外した場合のみ特殊召喚する事ができる。
1000ライフポイントを払う事で、お互いの手札とフィールド上のカードを
全て墓地へ送り、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

アーティファクト-デスサイズ ×2
アーティファクト-モラルタ
エフェクト・ヴェーラー ×3
オネスト ×2
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
カオス・ソーサラー ×2
クリバンデット ×3
ダーク・アームド・ドラゴン
ファントム・オブ・カオス
ライトロード・アサシン ライデン ×3
冥府の使者ゴーズ ×3
天魔神 ノーレラス
護封剣の剣士 ×2
魔界発現世行きデスガイド ×3
BF-精鋭のゼピュロス
H・C サウザンド・ブレード ×2

サイクロン
ブラック・ホール
光の援軍
大嵐
死者蘇生
闇の誘惑

アーティファクトの神智 ×3

ゴーストリック・アルカード
機装天使エンジネル
虚空海竜リヴァイエール
励輝士 ヴェルズビュート
鳥銃士カステル
No.101 S・H・Ark Knight
セイクリッド・プレアデス
幻獣機ドラゴサック
No.11 ビッグ・アイ
神樹の守護獣-牙王
幻層の守護者アルマデス
月華竜 ブラック・ローズ
琰魔竜 レッド・デーモン
閃珖竜 スターダスト
氷結界の龍 トリシューラ

コンセプトは【カオス】。混沌帝龍が帰って来ないのでその調整版であるノーレラスを使いたいが為のデッキ。
ライデン・クリバンデット・ガイドで墓地肥やしをしてカオスの面々でフィニッシュするのが目的です。悪魔に関してはガイドクリバンゴーズと豊富だが有用な光属性天使が少なかったので、アーティファクト出張セットを採用。ライロ程ランダム墓地肥やしに拘らないので手札誘発をガンガン積めるのは強みだと思われる。
神智とヴェーラーの二段構えはただただ強い。

ウムル可愛いから当たっただけで満足なのだけれど、やっぱ集めるだけというのは性に合わない。
というわけでルールを覚えて、遊戯王プレイヤーの友人にデッキを貸して軽く古代兵器デッキを回してみました。が、まるで回らない……
やはりコンボデッキは構築がモノを言う模様。適当に組んだはずの青単の方が数段強かった。
初めてwixossを通して思ったのはMTGに非常に似ているということ。やはりトッププレイヤーの八十岡さんがデザインしてるカードゲームだけあって基本構造がそっくりですね。マナと土地とエナが大体同じで、タップとダウン、インスタントとスペルカットイン、凍結と留置。
キーワードと細部が違うだけでMTGプレイヤーなら割りとすんなり始められそう。まあ、硬派さの欠片も無いのでユーザー層は被らないでしょうが。
土地と違ってエナを出したら墓地に送るようになり、代わりに毎ターン2ドロー出来るという点はMTGで土地事故を経験してる身としては素晴らしい発想だと感じられました。多色環境になればまた別でしょうが、それでもほぼ事故らずに初動が出来るのはストレスフリーで面白い。
まだまだ、発売半年くらいなのでカードプールが少ないですがアニメ以外での人気も期待出来そうですね。

アニメのwixoss一期が面白かったので、ついボックスを衝動買い。一弾二弾はよくわからなかったですが、第三弾のパッケージの創造の鍵主 ウムル=フィーラに一目惚れしたため、 第一弾を一箱、第二弾を一箱、第三弾を2箱購入。
結果は奇跡が起こったかのように、見事ウムルのシクレアが当たって大満足でした。
ルール分からないですけど、絵柄が可愛いから観てて癒されます……。

image

日本語訳
効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻 800/守2000
「Scarm, Malebranche of the Burning Abyss」の(2)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドに「Burning Abyss」モンスター以外の
モンスターが存在する場合、このカードを破壊する。
(2):自分フィールドに魔法・罠カードが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(3):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「Scarm, Malebranche of the Burning Abyss」以外の
悪魔族・闇属性・レベル3モンスター1体を手札に加える。

海外先行テーマ【Burning Abyss】の一体。テーマ共通の自壊デメリット効果と特殊召喚効果、そして個別の墓地発動効果を持つ。
Scarmの個別効果は墓地に送られたターンに悪魔族をサーチする優秀な種族サポート。
どこから送られてもタイミングを逃すことなくエンドフェイズにサーチするので、テーマ以外の運用だとガイドで呼ぶことで自壊デメリットを消しつつ後続をサーチ出来ます。Scarmのサーチ先もガイドでリクルート出来るモンスターの範疇内なのでガイドやクリバンディットが候補に挙がります。
というわけで、DDにこいつとガイドを突っ込んでみるとそこそこに優秀。ガイド自身でDDナイトハウリングを呼ぶよりも、ピン差しのScarmでエンドに手札に加えた方が次ターンに繋がりました。僕の構築の場合、戦乙女ビートなので手札にDDを増やせるこいつの存在は渡りに船というしかない。

日本に来るのが当分先なのでフリー専用ではありますが、楽しめそうな一枚でした。

毎度のことながら、環境が一強もしくは二強になるのは何とかしてほしいものです。来期はグッドスタッフとかメタビートとかが活躍する環境だと楽しいんですが、無理そうですね。
というわけで、来期が群雄割拠になるために潰すべきカードを考察してみます。

・ソウルチャージ
出る前から禁止になることが約束されていたとしか思えない。禁止で批判がくるだろうからノーマルにしたのでしょう。
・光天使
あらゆるデッキに出張しているアーティファクト以上の害悪。アド損なしどころかアドを獲得しながらショックルーラー立ててくるのは壊れているというしかない。セプターに関しては【光天使】のことを考えて準制限にしてスローネは制限で。
・シャドール
全てのパーツが優秀過ぎてどれを制限したらいいのか難しいですが、とりあえず安定性を潰すために、影依融合とヘッジホッグでしょうか?ミドラーシュも我がDDとラヴァルの敵なので制限が望ましい。罠の方も割りとアビスフィアー級にオカシイので準制限が無難かも。
・クリフォート
出たばかりなので当人達の規制は考えられないので、召喚師のスキルを制限に。あとスキドレも【スキドレバルバ】の比ではないので準制限くらいでも文句は言われまい。
・IF
IFは僕自身が使っているので規制は嫌ですが多分今回で規制かかることでしょう。
デーモン制限、バリア制限で収まればいいですが、ガンは禁止でも不思議ではない。
・HERO
HEROというかダークロウ。ダークロウは設計からして間違っているただ強カードなのですが、HEROから出てくるのはまだ納得が出来る。というわけで潰すべきはシャドーミストをSSする基となるカードのサモンプリースト。ランク4が充実している中このカードのポテンシャルは危うい。
・ヴェルズ
どちらかというと必要悪なので、メインに問題がありそうなのは虚無キーのための虚無空間あたりか?

とりあえず、これだけで、続きはまた次回に。

このページのトップヘ