エア決闘者は思考する

ボドゲやTCGを中心にゆる〜く語るカジュアル勢。

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻 800/守2000
「人造人間−サイコ・ジャッカー」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り
「人造人間−サイコ・ショッカー」として扱う。
(2):このカードをリリースして発動できる。
デッキから「人造人間−サイコ・ジャッカー」以外の「人造人間」モンスター1体を手札に加える。
その後、相手の魔法&罠ゾーンにセットされたカードを全て確認する。
その中に罠カードがあった場合、
その数まで手札から「人造人間」モンスターを特殊召喚できる。

サイコショックウェーブ以来のサイコショッカーサポート。
相手フィールドに伏せがある前提ではありますが、自身をリリースで伏せカードピーピングしたのち、罠カードがあれば人造人間をサーチ&特殊召喚と、とても優秀な効果を持っている。
フィールド墓地ではサイコショッカーの名前と扱うので、サイコリターナーで蘇生やサイコロードの助けにもなると、至れり尽くせり。
問題はこいつとサイコショッカー以外のカードパワーが貧弱過ぎて環境にまるで合っていない点が惜しまれる。どのデッキでもトラップは使用されてはいるが、現在の除去はエクストラから飛んでくるのが主流。
トラップ主体のHATでさえ魔法とモンスター効果でサイコショッカーの打点を超えるのは容易で、ファイヤーハンド一枚から突破されてしまう。
モンスター効果に対応する場合こちらもトラップが使えないのでヴェーラーか墓地のスキルプリズナー、禁じられた聖杯・聖衣くらいしか無い。
というわけで、魔人二種を軸とする【進撃魔人】にジャッカーとショッカーのみを出張として組みこむことに。せっかくの人造人間カテゴリーだけど、魔人達と組んだ方が多分強いはず……。往年のエースが戦場に帰ってくるのは嬉しいね。

今日から新制限での構築が始まります。
あまり動きの無かった今回の改定ですね。とりあえず持久力は落ちただろうシャドールですが、代わりにチューナー居るしノーデン手に入れたのでまだまだ強そう。
クリフォートは特に変わらずトップ集団に居るでしょうが、影霊衣のグングとかトリシュ辺りが天敵になりましょうか?ユニコールも強いですね。
HEROは環境が墓地利用しまくりサーチしまくりなので、ダークロウが獅子奮迅の活躍をすることでしょう。ノーデンでシャドーミストつり上げてエクシーズ素材で墓地に送るのもアドが取れていいですね。HEROのダークロウとヴェルズのオピオンには環境の必要悪として居座ってほしいところ。
インフェルニティはソウルチャージが減っただけで済んだのに驚き。代わりにノーデンを手に入れたのでシンクロ型もエクシーズ型もまだまだ動けそう。シングル戦ならトップクラスの速度なので環境読みが大事そうですね。
HATは最近台頭して来たハンドモンスターとアーティファクトと蟲惑魔の混合デッキ。モラルタは帰って来なかったけれどデスサイズが来日。強カードを突っ込んだだけのこのデッキは新時代のスタンダードと言ってもいいと思う。やってることはビートダウンではなくコントロールメタビ寄り。モンスター魔法罠あらゆるデッキに対応出来るその応用力は半端ではなく、個人的に使ってて楽しいデッキ。トリオンが罠を構え、デスサイズがエクストラを押さえて。棒立ちした相手モンスターをハンドモンスターが刈る完璧な布陣。というかデスサイズが神智と一緒に出張し過ぎです……。
聖騎士も強い。以前よりも展開力と耐性が飛躍的に向上したので対象を取らない除外orバウンスが無いデッキだと割りと詰んでしまう。的確にモルドレッドに除去を撃ち込めば勝機が見えてくるが、先攻で超耐性アルトリウスが立つとやってられない。
DDDは作っているから分かるが環境勢に勝つには地力が足りない。あらゆる召喚方法のコンセプト的に高等儀式の契約書(DD専用おろ埋を兼ねる)と儀式DDD、アルマデス出すためにレベル2のDDが欲しい。戦乙女と地獄門がチート級なので、これだけあればきっとなんとかなる。

ノーデンがどこのデッキにも入っててうんざりしますが、それを含めても色々なデッキが台頭してきそうないい環境。トライブフォースが出るまではしばらくこの調子で環境トップと中堅と地雷が入り交じった愉快な大会結果が続きそうで楽しみです。

image

アーティファクト-デスサイズ ×2
アーティファクト-モラルタ
オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン ×3
冥府の使者ゴーズ ×3
忍者マスター HANZO ×3
赤竜の忍者
霞の谷の巨神鳥 ×3
DDプラウド・オーガ ×3
DD魔導賢者ケプラー ×3
DDD制覇王カイゼル
DDD反骨王レオニダス ×3

サイクロン ×2
七星の宝刀
地獄門の契約書 ×3
増援
大嵐
闇の誘惑

アーティファクトの神智 ×3
忍法 変化の術 ×2

シャイニート・マジシャン
セイクリッド・プレアデス
No.61 ヴォルカザウルス
幻獣機ドラゴサック ×2
迅雷の騎士ガイアドラグーン ×2
No.11 ビッグ・アイ
No.7 ラッキー・ストライプ

DD界隈では評判の高いデッキ。以前からあるペンデュラム巨神鳥デッキのスケール部分をDDプラウドオーガとDDD反骨王レオニダスが担います。魔術師型の巨神鳥に勝る点はサーチの豊富さと単体の性能ですね。
パーツが揃わなくともレオニダスは簡単に場に出るし、奈落チェッカーとして活躍してくれます。
召喚権の優先順位はHANZO>ケプラー。とにかくHANZOで巨神鳥を場に出すことで相手の動きを一手制限出来る。相手ターンのドローフェイズに巨神鳥を呼ぶと、ナイトショットされずに安心。
次のターンにケプラーからパーツサーチしてワンショットkill出来れば理想ですね。初手にAF居るなら大嵐誘うためケプラー地獄門を優先しても可。
オッドアイズは可能な限りP効果を使ってケプラーサーチ後エクストラで待機、こうすることで一応プラウドオーガのアドバンス召喚から呼べるのも利点の一つ。
ゴーズに関しては基本永続が多いので腐りやすいですが、闇でレベル7でSS持ちで高打点ということで三積み。
赤竜の忍者は対シャドールや竜星を意識しつつ、ペンデュラム召喚に対する激流葬や奈落対策。前提として忍者が墓地に落ちていないと意味ないですが、巨神鳥呼んでたら大体コスト確保出来ているので問題ない。カイゼルワンキルするときのいぶし銀なポジション。
DDD制覇王カイゼルはこのデッキの真のエース。カイゼルを通すための万能カウンターが巨神鳥である。こいつをP召喚出来る場面なら大体プラウドオーガと忍法変化の術と地獄門が場にあるはずなので、攻撃力3300の三回攻撃で通れば勝ちです。苦手な裏守備モンスターは赤竜かビッグアイかドラゴサックで対処したいですね。カイゼルを出すときはケプラーやオッドアイズをスケールとして使える。
アーティファクト二種はDDの弱点である全プッパに対する苦肉の策。カイゼルや巨神鳥で対処出来そうにないデッキ相手には神智デスサイズが非常に有難い。

多彩な動きとランク7の有能さで、割りと下克上も出来ますが、持久力はからきしですのでワンショット出来なければ、じり貧で負けます。サーチ一筋なのでダークロウとライオウは天敵です。
下級軸DDの法が使ってて間違いなく楽しいですが、現時点のカードプールではこちらの方が強い……か。

《天魔神 ノーレラス》
効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2400/守1500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性・天使族モンスター1体と闇属性・悪魔族モンスター3体を
ゲームから除外した場合のみ特殊召喚する事ができる。
1000ライフポイントを払う事で、お互いの手札とフィールド上のカードを
全て墓地へ送り、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

アーティファクト-デスサイズ ×2
アーティファクト-モラルタ
エフェクト・ヴェーラー ×3
オネスト ×2
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
カオス・ソーサラー ×2
クリバンデット ×3
ダーク・アームド・ドラゴン
ファントム・オブ・カオス
ライトロード・アサシン ライデン ×3
冥府の使者ゴーズ ×3
天魔神 ノーレラス
護封剣の剣士 ×2
魔界発現世行きデスガイド ×3
BF-精鋭のゼピュロス
H・C サウザンド・ブレード ×2

サイクロン
ブラック・ホール
光の援軍
大嵐
死者蘇生
闇の誘惑

アーティファクトの神智 ×3

ゴーストリック・アルカード
機装天使エンジネル
虚空海竜リヴァイエール
励輝士 ヴェルズビュート
鳥銃士カステル
No.101 S・H・Ark Knight
セイクリッド・プレアデス
幻獣機ドラゴサック
No.11 ビッグ・アイ
神樹の守護獣-牙王
幻層の守護者アルマデス
月華竜 ブラック・ローズ
琰魔竜 レッド・デーモン
閃珖竜 スターダスト
氷結界の龍 トリシューラ

コンセプトは【カオス】。混沌帝龍が帰って来ないのでその調整版であるノーレラスを使いたいが為のデッキ。
ライデン・クリバンデット・ガイドで墓地肥やしをしてカオスの面々でフィニッシュするのが目的です。悪魔に関してはガイドクリバンゴーズと豊富だが有用な光属性天使が少なかったので、アーティファクト出張セットを採用。ライロ程ランダム墓地肥やしに拘らないので手札誘発をガンガン積めるのは強みだと思われる。
神智とヴェーラーの二段構えはただただ強い。

ウムル可愛いから当たっただけで満足なのだけれど、やっぱ集めるだけというのは性に合わない。
というわけでルールを覚えて、遊戯王プレイヤーの友人にデッキを貸して軽く古代兵器デッキを回してみました。が、まるで回らない……
やはりコンボデッキは構築がモノを言う模様。適当に組んだはずの青単の方が数段強かった。
初めてwixossを通して思ったのはMTGに非常に似ているということ。やはりトッププレイヤーの八十岡さんがデザインしてるカードゲームだけあって基本構造がそっくりですね。マナと土地とエナが大体同じで、タップとダウン、インスタントとスペルカットイン、凍結と留置。
キーワードと細部が違うだけでMTGプレイヤーなら割りとすんなり始められそう。まあ、硬派さの欠片も無いのでユーザー層は被らないでしょうが。
土地と違ってエナを出したら墓地に送るようになり、代わりに毎ターン2ドロー出来るという点はMTGで土地事故を経験してる身としては素晴らしい発想だと感じられました。多色環境になればまた別でしょうが、それでもほぼ事故らずに初動が出来るのはストレスフリーで面白い。
まだまだ、発売半年くらいなのでカードプールが少ないですがアニメ以外での人気も期待出来そうですね。

このページのトップヘ