とりあえず、最初に書くデッキとして最近私が愛用している【スタンダード】をご紹介。
【 モンスター 】20
ティオの蟲惑魔 ×2
トリオンの蟲惑魔 ×3
ブリキンギョ ×3
レスキューラビット ×3
ヴェルズ・ヘリオロープ ×3
E・HERO エアーマン
E・HERO シャドー・ミスト ×2
H・C 強襲のハルベルト ×3

【 魔法 】12
ソウル・チャージ ×2
ヒーローアライブ ×2
ブラック・ホール
マスク・チェンジ ×2
マスク・チェンジ・セカンド
増援
大嵐
死者蘇生
侵略の汎発感染

【 罠 】9
奈落の落とし穴 ×2
強制脱出装置 ×3
深黒の落とし穴
虚無空間 ×3

【 エクストラ 】15
ガガガガンマン
ジェムナイト・パール
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン
ヴェルズ・オピオン
励輝士 ヴェルズビュート
鳥銃士カステル
No.101 S・H・Ark Knight
No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
No.50 ブラック・コーン号
No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク
No.82 ハートランドラコ
M・HERO ダーク・ロウ ×2
M・HERO アシッド

ノーテーマ、ランク4ともいえるデッキですね。初手でダブりたくない札が多いので41枚です。
スタンとは本来、単体で役にたたないカードは極力入れず、最低でも一対一交換が条件の従来型だとどうしても遅い。セプスロやシャドール星因士といったアドの概念がオカシイ面々を潰すにはどうしても手数が要ります。ロックをしようにも、エクストラに大抵の解答が用意されている現環境では相手がランク4出せる手札であれば即アド差が開いてしまいます。ではどうするのかと考えた結果がこうなりました。
アドを稼ぎつつ阻害する。ハルベルトとトリオンとティオ、ブリキンギョシャドーミストの2パターンが主な動き。特にトリオンはこのデッキに置けるエンジンで、ほとんどの場面でアド+1が出来る優秀な人材。ただし、打点が低いのでその分エクストラの使い分けが重要。ソウルチャージやヒーローアライブでライフを投げ捨てるデッキにはハートランドラコやリベリオンが効きますし、環境の多くにはダークロウ、虚無空間が刺さります。
ダークロウと奈落は本当に偉大ですね。