夜霧のスナイパー
永続罠
モンスターカード名を1つ宣言する。
宣言したモンスターを相手が召喚・特殊召喚・リバースした場合、
宣言したモンスターとこのカードをゲームから除外する。

最近個人的に注目しているカードの一枚。
過去に一度だけ収録されただけで以降再録はされてはいませんが、普通に安いです。効果は風変わりで禁止令に似ているが使い勝手は少々異なる。
禁止令と比べると、除外されはするもののモンスターを場に出すことは可能な点で劣り、罠故に特殊召喚にチェーン発動すれば一対一交換が出来る点が勝る。

チェーンに乗る特殊召喚の代名詞と言えば、
死者蘇生、リビデ、爆発、ソウルチャージ、ピリカ、アルタイル、ルミナス、IFガン、カメンレオンなどの墓地蘇生型。
征竜、サウザンドブレード、ガルドニクス、ネブラディスク、アーティファクト、ゼピュロス、ディアボ、フェリス、虹クリなどの自己蘇生型。
専用儀式全般、銀河戦士、TGワーウルフ、ゴーズ、スローネ、IFデーモン、ダムルグなどの手札誘発型。
などがある。どれもそこそこ見かける強カードです。

他にも、チェーンには乗るけど、対象を取らないものであればレダメや影依融合やマスクチェンジに使っても相手の計算を狂わせる事くらいは出来る。
また、このカードによる除外はあくまで『効果の発動』であることがポイントで、『対象を取らない直接除外』である点も、奈落や因果切断と比べて優れている点である。『カードの発動』を無効にするシエンやパーデクすら除外出来るのは十分に差別化出来る利点であるでしょう。
もちろんこのカードが奈落、強脱を押し退けてメインに入るかと言えば答えは否で、どちらかというと虚無空間やデモチェの代わりに入れるといい働きをしてくれそう。 惜しむらくは最近は妖精の風が台頭してきているせいで永続罠が息をしていないとかなんとか……。
面白いカードではあるので今後に期待。