帝王の轟毅(ごうき)
速攻魔法
(1):自分フィールドのレベル5以上の通常召喚された表側表示モンスター1体をリリースし、
フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、
属性を1つ宣言して発動できる。
フィールドの全ての表側表示モンスターは、
ターン終了時まで宣言した属性になる。

(1)の効果はレベル5以上をリリースしてフィールドのカードを無効にして、一枚ドローする効果。普通に打つとキャントリップ付きとはいえアドの面で損をする。ですが、大嵐だろうがアーティファクトの神智だろうがフィールドに表側であれば何でも無効に出来るので汎用性は非常に高い。
リリース対象のモンスターは通常召喚さえしていればいいので、帝は当然として妥協召喚のバルバロスやレベル操作後のゴールデンシャトル等でも構わない。特にバルバロスやベアーマンなどは無効の効果部分では下がった攻撃力を元に戻すことが出来るので、スキドレバルバを組むなら3積み出来るレベルの性能だと思います。
(2)の効果は使い捨ての墓地発動版DNA移植手術。最上級帝の性能をフルに活かせる便利サポート。他にもオネストが怖い時に相手の属性をいじったり、闇宣言でカタストル殴ったり出来る。
属性指定のシンクロエクシーズ融合などをするときにも役にたつかもしれない。(1)の効果とのシナジーを考えると、バルバロス2体で不乱健や、セイクリッドでアビススプラッシュ出したり、聖刻でバジリコック狙ってみたりが実用範囲内だろうか。ガエル帝ならば、帝のフォローをしつつランク2からジャッジバスターを出したりダイガスタフェニクスによる2連打をサポートすることが出来ますね。
テクニカルなカードであるが、今後属性縛りのキツイカードが出てきた時に活躍の機会が増えそうです。
ライロも相性いいかもしれない。ケルビムにヴェーラー撃たれてもリリースしてしまえば場に残らずに仕事を完遂出来ますね、流石はケルビム。