あまり漫画作品を作者買いするタイプでは無いのですが、冬目景先生と中西達郎先生と水上悟志先生は例外。新作はとりあえず買う。一冊完結の短編作品です。

水上悟志先生の作品は代表作『惑星のさみだれ』でファンになりましたが、その後短編集の『げこげこ』『ぴよぴよ』なども続けて楽しませてもらいました。『宇宙大帝ギンガサンダーの冒険』は最高に熱かったヽ(*゚д゚)ノ

短編作品好きなんで、コンスタントに短編集出してくれる水上先生ホントすこ。


本作『二本松兄妹と木造渓谷の冒険』は作者特有のほのぼの感は出しつつもややアクション多めな印象。そこのとこ浅野りん作品に通じるモノがありますね。

キレイにまるっと収まるラストは構成力の成せる技でしょう。
兄妹とねりねの約束をきっちり書く辺りは期待通りとは言え、やはり良い。予定調和的な幸せが堪らなく愛おしい。