初音ミクさんとのコラボ回後半戦。

前回倒した怪物体がより大きくなって襲来。ハヤト君が風邪でダウンしてしまった為、アキタ・ツラヌキ・ミクの三人で迎撃に当たります……。


15250072823922
ハヤト君不在のまま、三人での出発。

15250072823549
ミクさん、ちゃっかりセンターに。

15250072823438
スパロボだと合体攻撃を修得するシナリオですね、わかります。

15250072823307
ツラヌキ君、それフラグや……

15250072823216
流石はアキタ君、冷静に分析しています。

15250072823095
本部からの指示でまずはE6こまちでの遠距離攻撃。今回のツラヌキ君の四文字熟語は『敵情視察』でした。いや、君は特攻が好きでしょう。

15250072822573
銃撃が効かず反撃に遭うE6を助けに向かうE7かがやき。だが、敵の糸(ワイヤー)で捕縛されてしまう。

15250072820861
15250072820660
仲間がやられ奮起、銃使い最後の銃弾は己の拳だ!!!!!

15250072820178
……残当。それにしても捕縛されるのが男の子ばかりとは、まるで遊戯王じゃないか……。

15250072820992
15250072819697
15250072819636
15250072819525
味方がやられて、加勢に行きたいが何故か躊躇しているミクさん。
前回の戦いでも目眩のような演出があったが、一体……。

15250072819464
そうこうしている内に敵メカが冷凍光線を発射。捕縛されているE6とE7が凍っていきます。

15250072819252
ユーバリヒートシステムを搭載したH5。効果は抜群だ。

15250072819191
15250072817940
ネットに降りた途端に原因不明の体調不良。苦しそうです。

15250072817458
それでも、切っ先を前に出して戦いの姿勢を崩さないミクさん。

15250072817267
15250072816895
ここで館長の衝撃の告白。運転技術は確かながらもミクさんには弱点があった。

15250072817156
乗り物酔い。また現実的な弱点である。だが、それ故に無慈悲。

15250072816734
15250072816643
心臓病とかでなく身近な弱点を持ってくるところが、キッズアニメらしいところ。
実際VRでも酔い対策が大きな課題になっているので、こういう切り口は面白いですね。

15250072816532
15250072816381
苦しみながらも戦おうとするH5ですが、本部の指示で撤退。どのみちあのまま戦ってしまっても捕縛されるのがオチなので的確な判断。

15250072816250
暗いコクピットの中、キラキラと光の粒子が舞い散る演出。GN粒子かな?

15250072816149
冒頭からダウン中だったハヤト君。風邪を引いた原因が、湯上がり姿で鉄道番組をずっと観ていたせいっていうのが何とも子供らしいというか。

15250072815598
15250072814547
さっきまでと違い少しスッキリしている様子のミクさん。
このままの自分では戦えないと告げる。

15250072814296
二人がピンチだという声で起き上がるハヤト君。しかし、いまだ本調子では無い様子。

15250072530573
ちょっと待って、と卵酒を作って持ってくるミクさん。あの辛辣だったミクさんが突然どうしたんだ。

15250072530342
さっきの戦いの不甲斐なさでめっちゃ落ち込んでいるミクさん。

15250072529871
15250072529750
なるほど、同型機特有の乗り換えイベント発生か。しかし、少し前まで寝ていたハヤト君に無茶を言いなさる。

15250072529449
あっさりと否定。乗り換えならず。

15250072529318
15250072529227
15250072529016
15250072528905
乗り物酔いは仕方無いが、それで任務を諦める方が運転士失格。
今まで実戦でどんな不利でも跳ね除けて来たハヤト君だからこその一言。

15250072528374
万全でない身体だが、それでも守りたい者のために彼は立ち上がります。

15250072527963
前回ラストで、体調管理出来ない者は運転士失格だと言った件について謝罪するミクさん。ちゃんと謝れるいい子や。
風邪を引いた経緯があれなだけに、半分は合ってます。

15250072527672
この街が好きだ、守りたいから運転士になった。そう熱く語るミクさん。
だが、どうしても乗り物酔いだけは克服出来ないでいたのです。

15250072527591
15250072527510
15250072526999
15250072526928
15250072526427
15250072525896
!!!?
これは……オチたな。

15250072525635
呼び捨てきました。コノシュンカンヲマッテイタンダー!!!!!
1109x1


15250072524702
暖房に全フリしている二機の燃料も残り僅か。これが最後のチャンスです。

15250072523651
15250072523060
15250072522739
二体のはやぶさの同時出撃。熱い。

15250072521938
15250072521717
15250072521616
友が助けに来てくれると信じていたアキタ君とツラヌキ君。
先週から全く活躍の場がなくてちょっと可哀想です。

15250072521365
捕縛フィールド内に張り巡らされた敵のワイヤー。これさえ落とせば、本来の立ち回りで戦えます。

15250072521194
15250072521003
切断力に長けたミクさんのカイサツソード。ワイヤーを次々に切り落とします。

15250072520802
揺れるほどあるようには見えません(違う)。

15250072520741
ふらつくミクさんを助けるハヤト君。主人公然としています。

15250072520290
15250072520029
15250072519968
先程の医務室でのハヤト君の言葉。それに対する解答。H5の運転士はミクさんしかいないのです。

15250072519837
15250072519456
15250072519305
ここで、何かを思い出すミクさん。オモイ……ダシタ!!

15250072518944
15250072518863
15250072518762
それは幼き頃、館長から教わった乗り物酔い対策の方法(凄く普通)。

15250072518691
15250072518630
目の前のワイヤーでなくその先の地面を注視。そして何かに目覚めます。

15250072518579
15250072518508
15250072518437
!!?
髪色の変化と暖色系のオーラを身に纏い出したミクさん。これが明鏡止水か。


15250072518106
カイサツソードが赤く白い輝きを放つ。

15250072517595
一本のワイヤーに与えた熱と衝撃をそのまま全てのワイヤーに送り込む。
これでE6とE7を縛っていたワイヤーも断ち切られ解放されました。

15250072517444
イケメンなミクさん。

15250072517343
15250072517142
15250072516841
15250072516700
15250072516569
15250072516448
演出と決めポーズがただただ素晴らしい。


15250072516287
心配するミクさん。

15250072516206
15250072516095
15250072515894
デレるミクさん。

15250072515803
前回新幹線に興味が無いと言っていたのにこれはどういう心境の変化でしょうか。

15250072515702
最後は笑顔で締め。いいコラボ回でした。






そして次回予告。





15250072515641
15250072515500
まさかのエヴァコラボ。
どうしたシンカリオン!!?


プラレール 新幹線変形ロボ シンカリオン DXS01 シンカリオン E5 はやぶさ
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2017-12-28)
売り上げランキング: 66

プラレール 新幹線変形ロボ シンカリオン DXS06 シンカリオン H5はやぶさ
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2018-04-26)
売り上げランキング: 1,060