キーセレクション始まって初のウィクパに、遅ればせながら参戦してきました。
使用デッキは【レイラ】。

現状のカードプールだとノーガードであるメリットを感じなくなったので、コンセプトを切り替え。これといって特徴のないレイラになりました。
ウムル好きとしてはタウィルキーを使って見たかったところですが、採用には至らず仕舞い。

前回身内フリーで試した時にエナが余りまくってしまった経験を教訓に、今回はエナ管理の調整を強く意識。

3戦全て初手のエナチャ無しで統一しました。


15261377420292
15261377420211
15261377420000

1戦目:金娘翠子
じゃんけんで先攻を獲得。緑子なら防御アーツ弱そうだし、巧くいけばレベル4になるまでに勝てるかもしれない。と思ってガンガン攻めていたら、赤エナが枯渇しグロウ事故に。
まさかレベル2時にガンマバーストしてくるとは思わなかった……。
向こうも辛かった様子でしたが、結局その遅れが命取りとなり、あと一撃を残して敗北。
緑子の使う華代キーはやはり強い。

2戦目:ピルルクTETRA
じゃんけんで先攻を獲得。
今回のウィクパで6人中3人がピルルクでした。その内の一角。
この方のピルルクはハンデス中心では無く、序盤からハンドをリソースに面空けしていく構築。
ピルルクを相手取る場合、ドントリブミードントムーブ華代キー(キャプテンフックLB)と、二面防御のカードが多いので速攻軸のレイラだと辛い。
思ったよりも点が通らない上に、バニッシュ耐性持ちの天敵であるキャプテンフックが鬱陶しい。

プレミした部分もありましたが、相手の防御行動が適切だったこともあり完敗。

3戦目:ピルルクTETRA
じゃんけんで先攻を獲得(3回目)。
2戦続けてのピルルク戦。この人は、Ω時代からずっとピルルクを使い続けている方なんで納得ですが……それにしても多いなぁ。

先程の方のピルルクとは異なりこちらはハンデス主体。MIRACLEで全面凍結≒実質ハンデスの動きがとにかく鬱陶しい。ハンドレス維持で毎ターンのように仕掛けてくるのなるほどウザ面白い。

前2戦で、ある程度エナ管理と防御アーツの吐きどころを学んだので、序盤から綺麗に立ち回ることに成功。
セグエイを絡めた4点要求が通った時は最高でした。

相手の採用キーが、華代キーでなくタウィルキーであるところが個人的に興味深い構築。でしたが、面埋め殺しのファイトラのプレッシャーが大きく、何とか接戦をモノにすることができました。辛勝。あれだけ序盤で削ってギリギリとは恐れ入る。

何となく最後のドローの際に言った『よき力だ』が相手に伝わったのが何より嬉しかった1戦。
15261395479880


結果、1勝2敗。
負けたとはいえ、1戦目2戦目ともに収穫を得られた良いウィクパでした。エナ管理は大体把握。

優勝は一緒にウィクパ出た友人のピルルク。オールスターと比べるとまだまだルリグが少ないので、少し……寂しい。

優勝者とは別の抽選コングラを最後の対戦者が当てましたが、既に持っているから不要ということで譲って貰えました。
この場を借りて感謝を……。