クラクション環境で、一番のハンデスデッキはレイラだと主張したい(小声)。

まずはこちらの画像を読んでいただきたい。

b7fefa9c

上の画像は遊戯王界の一部で有名な

『サイクロンは実質ハンデス』

という主張を語ったとある方の発言まとめです。結構古いです。

一見荒唐無稽な事が書かれていてネタ画像として知られていますが、僕個人としては非常に共感出来る面白い内容なのでちょっと紹介しました。

画像を参考に結論から先に書くと、記事タイトル通り『クラクション環境のレイラはハンデスデッキ』だということです

ヽ(*゚д゚)ノナンダッテー





『アド』の概念の捉え方と同じで、全ての領域のカードを等価値で考えた場合

という前提ですが……クラクション環境では前ブロックにあった《THREE OUT》の様な、アド損無しでハンドを補充出来るスペルカードがありません。

例えば《PRAYING》。
2ドローして1枚捨てるモードは、捨てるカードを選択出来る利点はあります。
が、1エナ払って増えるハンドが1枚ではいささかパッとしません。

例えば《CIRCLE》。
3エナでデッキトップ5枚を捲って3枚まで場に出す効果ですが、やはりこれも効率が良いとは言えません。
ルリグレベルの低い内は捲れるシグニの関係で期待値は低めであるし、そもそも3枚場に出せたとしてもハンド1消費エナ3消費で1枚分のアド損です。

例えば《萌芽》。
1エナでエナゾーンから1枚シグニをハンドに加えます。
エナさえ豊富であれば選り取り見取りではありますが、こちらもエナとハンドが持つアドを等しく見たなら、3対1交換になるので効率はいまひとつ。

黒のスペル2種も同様に、2対1交換のスペルとなっています。

効率の悪いドロソしかないのなら、シグニで盤面を埋めることが難しい。
キーセレでたった一回出ただけのエアプが何言ってんだと笑うかもしれません。でも事実です。

『インサイダードワーフ』のコンボが強いと言われている理由です。
他のパーツだとハンド>エナであるカードの価値を、ハンド≧エナに置き換える事が出来ます。

シュテンド先輩の高騰も、現状数少ない1対1交換の出来る置物兼アタッカーだからでしょう。1エナ1ドローは他に見られない高コスパだと言えます。
オールスターではイカちゃんが居ますが、クラクション環境では確かに優秀です。



長々と持論を語りましたが、キーセレにおいてエナが余ったところで高効率のドローソーススペルが無い。
という事が重要で、従来のエナゾーンと現環境のエナゾーンでは、『価値』が違うというお話です。

早い話、相手のシグニをバニッシュするということは今までよりも相手のリソース、この場合ハンドを削れている事に繋がる。

レイラなりグズ子なりで相手のシグニを序盤からガンガンバニッシュ出来てしまえば、それはすなわちハンデスと同価値と言えるのでは無いでしょうか。否、言える筈。


もちろん

エナが余るならスペルを使用する際のアド計算から、エナの消費を外しても良いのではないか?

という意見もあるでしょう。実際その通りだと思います。
先程紹介したスペル達は実戦で使ってみると普通に強いです。
ドローなり回収なりで手に入れたカードから更に連鎖的にアドが生み出されることもあるでしょう。

けど、それはそれ。これはこれ。

これまでブロック構築の無かったウィクロスTCGにおいて、前環境より質の落ちた(アド面に限る)ドローソースを採用する構築に順応出来る方がどれだけ居るのでしょうか。

対戦数を増やして気軽に調整出来る方はとっくに対応出来ているでしょう。

でも、そうでない方も大勢居るはずです。ウィクロスは年齢層の高いTCG。ウィクパは基本ぶっつけ本番の社会人セレクターも一杯居ます。

居るはずなんです、以前までの認識を引っ張って、エナを余らせて負けてしまう、自分の様なセレクターが……。

だから、僕は声高に叫びたい、シグニを見たらぶん殴れッ!!!!
20180511020644