15368323156840

コロコロアニキ2018年秋号に付いてくるプロモカード《幻怪 ベイBジャック》。
何やら元ネタがデュエマの禁止カードらしいのですが、残念ながら管轄外。

元ネタに絡めての紹介は出来ませんが、その分恨みつらみの無いフラットな視点で見てみることにしましょう。


一つ目の能力は、ダウン状態で場に出る能力。

MTGなどでも見掛ける召喚酔いのデメリットですね。レベル1でパワーが6000もあるので妥当と言えば妥当。


二つ目の能力はダブルクラッシュ。

……Tueeeee!!!!!!

召喚酔いのため後攻1ターン目にダブクラを叩き込むことは出来ない面で配慮されてはいますが、それでもパワー6000の踏まれにくいダブクラ持ちは優秀の一言に尽きます。

後攻よりも先攻が引いた方が強い札。


三つ目の能力はエナコストの肩代わり。
自身をダウンすることで、緑もしくは無色を1エナ軽減してくれる能力。

《ラノワールのエルフ》大先輩によく似ていますがWIXOSSでは珍しい効果ですね。

253

召喚酔いのせいもあり出したターンにこの能力を使うことは出来ません。
が、先攻1ターン目から立てておけば、相手はダブクラを恐れて正面に壁を配置するはず。

そうしたならグロウコストなりスペルコストなりのコスト軽減に役立てれば良いわけですね。
緑ルリグならクロック要員兼エナブースト係として十分採用の余地があるのではないでしょうか。

V@C腹筋ピルルクでサーチャーをただ撃ち出来ますが実用性は無い……はず。


四つ目の能力は、2019年3月1日以降場に出す事が出来なくなる能力。

嗚呼、そういえばこのカードはぶくぶ枠でした!!!

その日が何なのかは置いておいて、その日以降もカードとしてプレイする方法としては、

・相手のルーブルの正面にカーニバルのジョーカーを使用して擬似的に場に出す。

くらいですかね?
無意味な割にハードルが高いです。

効果にも対応したACGの強化版の様なカードが出てくれれば或いはワンチャン……。



とまあ、こんな感じで非常に変わったシグニではありますが、手持ちのデッキであればメルデッキにでも差してみようかなと考えていたり……。
ライフバースト枠を決めかねていたので丁度良いヽ(*゚д゚)ノ


ウィクロス WXK-P04 TCG ブースターパック ワイルズ BOX
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2018-10-25)
売り上げランキング: 23,253

ウィクロス WXK-D07 TCG 構築済みデッキ デュアルプラント
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2018-10-25)
売り上げランキング: 6,928

ウィクロス WXK-D08 TCG 構築済みデッキ デュアルブラスト
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2018-10-25)
売り上げランキング: 11,928