世はソーシャルゲーム黄金時代!

ユーザーは他のユーザーを出し抜きながら、目玉であるURカードを入手すれば勝ちです!

N・R・SR・SSRなど、多様なカードを用いてライバルに差をつけましょう!

もちろんレアリティが高くなるほど強力な効果を持ちますよ!

……さて一方、運営側はURカードを引かせてはなりません。
ユーザーの状況に合わせ、適宜臨時メンテナンスを行い、強力なカードを引くのを妨害するのです。

射幸心を煽りつつ、ユーザーからコインを全て奪いましょう!


冒頭から、とんでもない謳い文句ですが、こちら北国ゲームズさんのボドゲ『ソシャゲ運営になろう』のパッケージに書かれている文言です。

参考はこちら→ゲームマーケット


15377879676111

プレイ人数は三人から四人。
運営側一人とユーザー側に分かれてURカードを巡り争います。

運営側の勝利条件はユーザー側のコインを全て無くすこと。
ユーザー側の勝利条件は山札に眠るURカードを引く事。

例えユーザーがコインを全て失っても、他のユーザーがコインを残している限り手札のカードを用いてゲームに参加出来ます。



初めに、SSRカードとURカードを除いた25枚を5つの束に各5枚ずつ分けます。
すると1枚だけ余るので、その1枚と先程除けて置いた4枚を併せて、運営役の人が5枚をそれぞれ好きな山札の好きな場所に差し込みます。

次に、ユーザー側は時計回りにそれぞれ山札の好きなところから1枚カードを引きます。この時はコインを使わずに引く事が出来ます。
初回無料ガチャを忠実に再現!!


ユーザー側が1枚ずつ引き終わったらいよいよゲーム開始、運営側の手番からスタートです。


運営は自分の手番では、

①臨時メンテナンスカードを1枚使用する
②山札の内、一つの中身を確認する
③射幸心を煽るため、パスする

の三つの行動の内一つを選択出来ます。

・臨時メンテナンスカード
15377879676503

運営側に与えられる手札。1枚はゲーム開始時にランダムで取り除かれますので残りの5枚が生命線。
このカード達は手番であればどれでも発動可能。


運営の手番が終われば次はユーザーの手番です。

ユーザーは自分の手番では、

①コインを1枚使って、山札のカードを1枚引く
②手札のカードを1枚使用する

の二つの行動の内一つを行えます。なおユーザーにパスはありません。

山札のカードは以下のカードからなっています。

・Nカード
15377879674680

Nカードは共通して効果が無いバニラです。
基本的にはRカードのハンドコストとして消費することになりますが、《ゴリラ》のカードはSRの《ゴリラの呼び声》に使用することが可能です。


・Rカード
15377879676262

Rカードは《白猫》が1枚、他のカードが2枚ずつです。
どこかで見た事があるカードが目白押しですね。効果も元ネタを意識しているようで大変ユニーク。
他のカードを捨てることでドローする事が出来たり様々な効果を持っています。

特に《聖杯》のカードは山札をシャッフルして引く効果。運が良ければ一発でURを引く事も!!

《怪盗》のカードの存在で、運営vsユーザーの構図だけでなく、ユーザーvsユーザーの構図も見えて来ます。ヽ(*゚д゚)ノアラソエアラソエ

・SRカード
15377879676895

Rカードよりも一歩先を行く効果。単体でカードを引く事が出来ます。
これさえあれば、《ゴリラ》ばかり引いていたユーザーも一気に逆転することが可能だ!

・SSRカード
15377879676674

SSRのカードです。同人ゲームだけあって凄く攻めたカードデザインですね。持っているオーラの格が違います。

単体でSRが霞む程の爆アドを生み出すカード達で、引く事が出来れば勝利に大きく近づくことでしょう。
それぞれ元ネタに因んだ効果を持っていてなかなか良く再現出来ています。

・URカード(画像右)
15377879676111

URカードは1枚のみ。ユーザーが引いた時点でゲーム終了です。
運営は何としてもこのカードを引かせないようにしましょう。
一番下に置いてしまうと、《宮廷画家》や《探検ドリル》で引かれてしまう恐れがあるので注意されたし……。



とまあこんな具合に、凄くアレな同人ボドゲですが、身内でワイワイ遊ぶと結構楽しめる良いゲームでした。

自分のこれまでの戦績は、運営サイドで1勝2敗。ユーザーに優しい良運営してます。
ちなみに、ユーザーサイドでも1勝2敗。まずまずです。
ユーザー時よりは、運営で課金を煽っているロールプレイ中が一番楽しいですね。


あと、このゲームで一番強いと思ったカードはSSRの《申年の巫女》。
山札一つを全て引ききる効果が恐ろしく強かったですヽ(*゚д゚)ノギャー