IMG_20181023_220008

旅の途中で立ち寄った、小さな村の宿屋で目を覚ます。

恐ろしい夢を見ていたようだ。

 

時は真夜中。

あなたは美しい歌声を耳にする。

聞こえてくるのは最近になってこの村に出来たという新しい劇場からだ。

繁盛しているようだったが、どうも人々の様子がおかしい。

村人たちが一様に生気のない顔で、蠱惑的に輝く劇場に吸い込まれてゆく。

もしも人に害を為すものなら、ここで見過ごす訳にはいかない。

 

右手にもつ《薔薇の紋章》を隠して、あなたもまた劇場の中へと踏み入る――

 

あなたは伝承に登場する人物たちの、技や術を具現化できる「ソーディア」の1人です。

伝承から成る「剣」たちを束ね、数多の敵を打ち倒すことが 「ソーディア」に与えられた使命です。

戦いが長引き、陽が落ち始めたら注意しましょう。

ある種の剣は月の光を浴びて真の姿をさらけ出します。

逆にそれらの剣を扱うならば、夜まで敵の攻撃を凌ぐ手立てを講じるべきでしょう。

人形たちは劇を演じるかのようなコンビネーションで襲いかかります。

その攻撃も、夜には一層激しさを増すでしょう。

意志を持つかのように動く妖しげな彼らの力を借りるかどうかはあなた次第です。

更に、無限の戦略を持つ薔薇の剣士が、いつでもあなたを待ち受けています。

その力は現実のプレイヤーに引けを取りません。

1人でも心ゆくまで戦いに興じることが出来るのです。

本作は「Blade Rondo」の独立型拡張セットです。

本作のみで一人でも二人でも白熱の対戦を楽しめることは勿論、前作「Blade Rondo」と組み合わせて遊ぶことも可能です。

新しいルールと新しいカードの追加により、一層深みのある戦いをご堪能頂けます。

Blade Rondo」とは異なる、オリジナルのソロプレイルールも用意されています。





nighttheater1

幻想的な世界観と戦略性の高いゲーム性で、一躍話題になったDominaGamesさんの『Blade Rondo』。


その新作『Blade Rondo-Night Theater-』の一般販売予約が各所で始まりました。

ゲームマーケットには行けそうになかったので、通販ホント有り難いです。

DomimaGamesさんの公式サイトは→こちら


_AC_SL1500_

前作の《血》を連想させる赤と黒のパッケージとは打って変わって、今回は青と白で儚い印象を受けるデザインに。



プレイ人数は変わらず1人から2人。

前作同様に今作も1人プレイ対応ですが、少し趣きが変わる様子。


『Blade Rondo』の1人プレイモードは単なる繭プレイではなく、しっかりと練られた世界設定を舞台にした遊び方だったわけで、今回も期待したいところ。



_AC_SL1500_

コンポーネントは前作と全く同じ様に見えます。

依然としてオシャレ度は高い。



《黒の剣》
_AC_SL1500_

現時点で発表されているカードの一部。

赤色は物理攻撃の札。


防御の要である加護法を破棄することで連撃することが可能な物理剣ですね。


より詰めに特化した《舞踏剣》といった印象ですが、そもそも『Night Theater』のカードプールで防御札がどれほどあるかも解っていないので手放しに評価は出来ません。



《ブラッディダリア》
_AC_SL1500_

青色は魔法攻撃の札。


太陽:光は彼女を灰にする。

月:魔法攻撃(5)。追加で与えたダメージ分のライフゲイン。


カードテキストにある『太陽』と『月』は、今作からの新要素ですが、どういった内容なのかはまだ不明です。


おそらくは常にどちらかの効果を参照して使う札で、何らかの条件で状態がスイッチすると思われます。

太陽の場合の「光は彼女を灰にする」が捨て札行きを意味するのならデメリットがキツすぎるので、少なくともコイントスでは無いでしょう。


月の場合は魔法攻撃5+5点回復。差し引き10点分のライフが動くので、起死回生の札になり得ます。強い。



《切り刻むエキストラ》
_AC_SL1500_

なんとも不穏な名前のカード。

テキストが少々分かりづらいですが、このカードはドール(トークン)を呼ぶ召喚札です。


召喚したトークンは、毎ターン物理攻撃を2回行ってくれるが、太陽と月の状態で攻撃力が変化する。


太陽では1と貧弱ですが、月だと攻撃力が5と非常に優秀。

月の状態とはバトルの後半のことを指すのでしょうか、謎です……。



《明滅のアレキサンドライト》
_AC_SL1500_
紫色のカードはレスポンス持ちの布石カード。

前作では布石カードは物理攻撃と魔法攻撃にしかレスポンス出来ませんでした。

が、何とこのカードは三色持ち。補助カードにもレスポンスすることが可能です!!!


そして効果は、メインギミックである太陽と月の状態操作。


「ターン終了時まで、太陽と月を逆転する


とあるので、太陽と月の状態は自分や相手ごとにあるわけではなく、場全体に及んでいる事が分かります。


例えば月の状態で相手の《ブラッディダリア》に対してレスポンスを決める事が出来れば、相手の魔法攻撃5は空振りに終わり、逆に灰になってしまう……かもしれません。


単純に後半部分のライフ回復を目的に使っても、相手の詰めの計算を狂わせる分には十分ですが、前半部分の太陽と月を逆転する効果も多分強制効果なので少々癖が強いですね。




前作のファンタジー路線から少し雰囲気が変わっていて、ゴシックホラーとでも言うのでしょうか……よりダークな世界観に仕上がっています。


『少女病』や『よるのないくに』が好きな管理人としては非常にウェルカムな方向性ヽ(*゚д゚)ノ


Blade Rondo Night Theater
Blade Rondo Night Theater
posted with amazlet at 18.11.06
風栄社(Fueisha) (2018-11-29)
売り上げランキング: 162



Blade Rondo
Blade Rondo
posted with amazlet at 18.09.07
風栄社 (2018-05-10)
売り上げランキング: 212