15435932480740

最近使っているリンクスのデッキ【反射ワンキル】。

本来であればアステカの石像やらD2シールドが入るデッキですが、カードプールに居ないのでは仕方無い。
スパイクシールドに寄せて構築してみました。

コンセプトは反射ダメージでワンキル。
そのままなので説明が要るとも思えませんが、一応解説。


《鎖付き尖盾》
スパイクシールド。このデッキの核。
攻撃力を500ポイントアップできるフリーチェーンの装備罠です。

追加の効果が非常に優秀で、装備モンスターが守備表示の場合攻撃力をそのまま守備力に加算する特性があります。

これがどういうことかというと、攻守1800の《コアキメイル・テストヘッド》に装備した場合、まず攻撃力が2300に上がり、上がった分含めて守備力に加算するので変化後の守備力は4100。

このカードを2枚ダメステに発動することで2800+2800+1800で7400。
攻撃力2400以下のモンスター相手ならワンキル成立です。つよい(小並感)。


《サイファー・スカウター》
攻守合計3150。
中途半端なステータスですが、対戦士族相手であればほぼ無敵の攻守を誇るメタカード。

戦士族とのダメステ時には、攻守それぞれに2000ポイントずつ上乗せされるので、スパイクシールド1枚で勝ち確です。

それ以外との戦闘では多少守備力が高い程度のお荷物さんですが、DNA改造手術で全員戦士族に変えちまえばあら不思議。
攻守3000超えの超大型モンスターに大変身ヽ(*゚д゚)ノウォォォォォ!!!!!

ランク戦ではDHERO相手に無双してました。


《コアキメイル・パワーハンド》
攻守合計3700。
エンド時に通常罠カードを見せないと自滅しますが、どうせセットで出すので気にする事はない。

光か闇のモンスター相手なら、バトルフェイズ中に効果を無効に出来ます。
ユベルやコスモブレインなどの不届きな輩にに制裁をくだすのも悪くないですね。


《ボタニカル・ライオ》
攻守合計実質3900。

ステータス以外に期待していることは特にありませんが、DNA改造手術で植物族を増やしてあげるとあと少しだけパンプアップ出来る点は若干のシナジーかもしれません。


《コアキメイル・テストベッド》
攻守合計3600。
ステータスのバランスが良い点が魅力。

パワーハンドと並べることで、相手に【コアキメイル】デッキと誤認させるパッシブスキルを隠し持っている。


その他のカードは自由枠。その都度気分でイジっている感じです。
けどまあ、取り敢えず分断の壁は入れておきたいところ。

Blade Rondo Night Theater
Blade Rondo Night Theater
posted with amazlet at 18.11.06
風栄社(Fueisha) (2018-11-29)
売り上げランキング: 162


Blade Rondo
Blade Rondo
posted with amazlet at 18.11.06
風栄社 (2018-05-10)
売り上げランキング: 456