人々を人形に変えていた、劇場奥の巨大な女神をあなたの剣が貫く。
女神の絶叫が響き渡り、悪夢の劇場は跡形もなく崩壊した。

しばし舞い降りた静寂は、突如明るい声に引き裂かれる。
「シュオルを倒しちゃったの?強いんだねぇ。すごいすごい!わたしも腕に自信があるんだよ。だから……逃げないでね」

少女は高らかに宣言する。右手の甲の《薔薇の紋章》を掲げて。
「 《薔薇の使徒》の名にかけて決闘を申し入れる。さあ、踊りましょう!」
幾振りもの剣を回遊させた少女が、その一本を掴んで襲い来る。

――あなたも剣を抜け。手練れのソーディアだ!


15439292122061

「踊りましょう、この身すべてを捧げる剣劇へ!」


対戦相手が付いてくるカードゲーム『Blade Rondo Night Theater』のソロプレイモード『薔薇の使徒』
前回のイデア戦の設定も素晴らしかったですが、今回の使徒戦も良いですね。
FF8のラスボス『アルティミシア』がスコール達の専売特許であるガーディアンフォース召喚獣などのコマンドを使ってきた時の様な感覚。

前作よりも対人戦をしている雰囲気が出ています。



・準備
15439141627889
Blade Rondo(無印)のイデア戦とは違い、プレイヤー側が必ず後攻スタート。ATK1のボーナスと《鼓動法》を貰います。

15439153948523
15439153948292

選択した剣は、計6種。
物理攻撃は捨てて、魔法攻撃主体にしてみました。

《明滅のアレキサンドライト》
《事象透過のアメジスト》
《包み込むボレロ》
《ローズバレット》
《奔走するバーレスク》
《ブラッディダリア》×2


・1ターン目 マリア 『太陽』
15439141627108
ボルテージが1に上昇し、山札からドロー。引いた札はリミテッド付きの《高揚するカノン》
マリアの加熱法と合わせてATKが2に上昇。

引いた札は、通常『行動リスト』としてマリアの隣に並べますが、Lが付いているカードの場合なので使い終わったら捨て札へ。

それにしてもガウニレチカ先輩は相変わらずの脳筋ですねぇ……。


・2ターン目 プレイヤー
15439141626977
序盤はやることが無いので、取り敢えず《包み込むボレロ》で一時的に防御を2に上げます。非常に便利な札ですが、攻撃力が0になってしまうデメリット付き。
魔法攻撃主体に組んだ理由はそこですね。


・3ターン目 マリア
15439141626846
マリアのターン。ボルテージを上げた後に引いた札は『予備動作』ありの《舞踏剣》

(´-`).oO(《舞踏剣》!?……うっ頭がッッッ!!!)

マリアが『予備動作』付きのカードを引いた場合、現在のボルテージである2を防御力に代入。その後山札に表側で置いたままにしておいて、次ターンにドローの代わりに『行動リスト』に追加します。

このターン加熱法でATKが3に上昇しますが、攻撃手段はないので互いにノーダメージのまま。


・4ターン目 プレイヤー
15439141626735
ここで、後攻のアドバンテージである《鼓動法》を発動します。
それによりコスト3の《奔走するバーレスク》を召喚。
以降、自分のターン開始時にライフが1点回復します。


・5ターン目 マリア
15439141626064
先程引いていた《舞踏剣》『行動リスト』に着地。そのまま左から順にテキストを処理します。

このターン、加熱法で4に上がった《舞踏剣》の物理攻撃により4点のダメージを受けました。


・6ターン目 プレイヤー
15439141625783
前のターンに召喚したドール《奔走するバーレスク》により、ターン開始時に1点回復。

ボルテージ3を消費して、《ローズバレット》で魔法攻撃3点のダメージを与える。
ダメージを与えたので、追加効果『刻印:あなたはライフを得ることができない』を相手に付与します。

マリアの剣にどれだけライフゲインがあるか把握してませんが、取り敢えずプランは整ったはず。


・7ターン目 マリア
15439209367069
マリアが引いた札は《封厄のアゲート》
リミテッド以外の攻撃札を下敷きにして封印します。
「その後捨て札にする」などの記述が書かれていないので対象の攻撃であれば次々と封印してしまう様子……(´・ω・`)ヒドイ

ATK5の《舞踏剣》から5点のダメージを受けて、残りライフは7点。


・8ターン目 プレイヤー
15439209366948
コスト4で出来る事は特に無いので、《加護法》をフルスペックで起動。防御力を4に高めます。


・9ターン目 マリア
15439209366827
何ということでしょう、無印の身内間で【OSRシステム】と呼ばれているコンボの片割れ、《マナティックルピナス》もとい《ゴーストリーブルーム》が捲れてしまいました。

このターンは『予備動作』なので動き出しはしませんが、次ターンからライフ半減or即死攻撃が襲い掛かってきます。

このターンは2ダメージ受けて、残り6点。


・10ターン目 プレイヤー
15439225097061
いよいよ、ボルテージが5に到達。
必殺の《ブラッディマリア》を撃ちたいところですが、まだ『太陽』が昇っているのでじっと堪えます。

《加護法》で防御力を5にしてターン終了。


・11ターン目 マリア
15439209366676
11ターン目、最後の昼。
ドローの代わりに《ゴーストリーブルーム》『行動リスト』に追加されました。

《舞踏剣》で2点受けてライフが5点になるやいなや、《マナティックルピナス》でライフ半分(切り上げ)の3ダメージを貰い、残りわずか2点。


・12ターン目 プレイヤー 『月』
15439209366485
12ターン目以降は、フィールドが『月』に変化。各種カードの効果も変わります。

序盤からライフゲインにかつやくしていた《奔走するバーレスク》は毎ターン開始時に2点の魔法攻撃を飛ばす砲台に様変わり!!

するはずでしたが、攻撃後即座に《封厄のアゲート》さんに捕まってしまい、一瞬でその役目を終えました……。
(´-`).oO(おそろしく早い退場、俺でなきゃ見逃しちゃうね)

しかしまだ終わらんよ。
舞台は夜、吸血鬼の出番です。

必殺剣《ブラッディダリア》によるドレインで5点ダメージを飛ばしつつ、5点のライフゲインに成功。
彼我のライフ差がこれで一気にひっくり返りました。

余った1コストで《明滅のアレキサンドライト》をセットしてターンエンド。

相手の残りライフは5点。
《ローズバレット》の刻印でライフは回復出来ないはずなので、次のターンにもう一枚の《ブラッディダリア》を叩きつければ勝てるはず!!


・13ターン目 マリア
15439225096720
マリアのドロー、《絶命棄却のダイヤモンド》……。
ライフが0になった場合、ライフ2になって復活します……ヽ(*゚д゚)ノフザケンナ!!

舞台が『月』になったので《舞踏剣》は二連撃に、《ゴーストリーブルーム》は即死攻撃にそれぞれ変化しますが、《明滅のアレキサンドライト》《舞踏剣》に当てて一時的に『太陽』に戻します。ついでに2点回復。

7→9→6→3の流れでライフが変化。


・14ターン目 プレイヤー
15439209366134
正直な話、もう勝敗が見えているのですが、最後まで通しで……。

《ブラッディダリア》で5点与えてトドメを刺せたはずですが、《絶命棄却のダイヤモンド》によりマリアは復活を果たします……。

15439249348890
「お前は死んだんだぞ?駄目じゃないか!死んだ奴が出てきちゃあ!!死んでなきゃあああ!!!」

ライフ2になったところに追撃が出来れば良かったのですが……残りの手札は全て防御札。
点を通す事が出来ません\(^o^)/

最後の悪あがきとして、《事象透過のアメジスト》《包み込むボレロ》を張ってターンを渡します。


・15ターン目 マリア
15439209365223
相手がドローしたカードは《奔走するバーレスク》。マリアが使う場合もテキストは同じです。
9点(MAX)まで上昇した《舞踏剣》の二連撃で4点を受けますが、続く《トリビュートリリィ》もとい《ゴーストリーブルーム》による即死攻撃は《事象透過のアメジスト》で無効化。
最後の《奔走するバーレスク》は再びライフで受けて残り2点。

意外と耐えられるものですね、自分でも驚きです。


・16ターン目 プレイヤー
15439209365122
手札にボレロしかありません!!!

加護法で7まで防御力を引き上げてボレロで9に……。


17ターン目 マリア
15439209363851
ドローで捲れた札はハンデス札の《意志砕きの鉈》
ですが……悔しいでしょうねぇ、既にこちらの意志は砕かれていたのさヽ(*゚д゚)ノドヤッ!!

物理剣である《舞踏剣》はともかく、魔法攻撃を防ぐ手立ては持ち合わせていませんので、ここで終局。

vsマリア戦の初陣は敗北に終わりました。



・まとめ
15439209363380
思った以上に耐久が出来ていたので、剣の選択自体はそれ程悪いものではなかったのでは?と思います。

継続的に殴れる札としてチョイスした《奔走するバーレスク》が、《封厄のアゲート》に潰された点が一番の誤算。

あるいはあと1枚、低コストの魔法火力があれば勝てていただけに……少々悔しさが残る一戦でしたね。

次回があれば物理主体で組みたいですが、こればっかりは初手の引き運次第ですね。


前作無印のイデア戦は、のんびりと思考できる詰将棋寄りでしたが、こちらの使徒戦はそれより運要素が強い印象。
Night Theater版の方が対人戦らしさやエンタメ感が出ていて、個人的には好みでした。



Blade Rondo Night Theater
Blade Rondo Night Theater
posted with amazlet at 18.11.06
風栄社(Fueisha) (2018-11-29)
売り上げランキング: 162


Blade Rondo
Blade Rondo
posted with amazlet at 18.11.06
風栄社 (2018-05-10)
売り上げランキング: 456