15468457062160


杏仁豆腐ドリンクのインスピレーションは最高だ。


新年が始まって先攻パンチで風邪を貰い数ターン遅れを取った僕が、ようやく動き出したのは7日目の朝だった。
一仕事終えた帰宅フェイズ、咳のしすぎで軋む身体を労うために選んだ相棒がこいつだった。

《杏仁豆腐ドリンク》

人に寄っては再考の余地が残るプレイだろう。
あんな甘ったるいモノを病み上がりに飲むなんて信じられない。プレミだ。エアプだ。
その選択は環境に合っていないと……。

シティの若者の多くもその意見には同意するし、同じ立場なら僕だってポカリスウェットを買ってるはずだ。

でも、この時の杏仁豆腐は少し趣きが違う。

本来であればお節にお雑煮など、お腹周りに重く響いてくる正月だが、今年に限っては事情が変わる。
元旦からダウンしていた僕はお汁粉どころかみかんすら食べられず味の薄い食事にベッドで横たわる日々だったんだ。
底知れぬ飢え渇きが欲していたのがカロリーであってもおかしくはないだろう。



………………

…………

……

つまり、杏仁豆腐ドリンクをプレイすることは理想的な動きだ!!!!



(´-`).oO(飽きたので適当に締めます、今年もよろしくお願いします)