15515455193583
15515455193352
15515454871351


相手ターンに突然アイアースファランクスを並べたら雑に強いのでは?
という想いから方向性の決まった、【紅翼型真名マユ】です。

ウィクロス大全に付いてきたキーカード《5th Anniversary Heroines》のエクシード効果で、スムーズにタイプスをデッキから呼びだす事が出来るため、以前より格段にマユへのグロウが狙いやすくなりました。

張るためのコストは重いですが、新規〈アーム/ウェポン〉《大盾槍 ファランクス》を効果で呼び出せるため相性はとても良好。



「アイアース、チタイクウ、お前たちがタマの翼だ!!!!」
IMG_20190110_182009
アンリミ新規のレベル4タマ《紅翼の巫女 タマヨリヒメ》


タマヨリヒメの翼が、今、紅に染まるぅぅぅ!!!!
IMG_20190303_095241


グロウコスト0で赤白。コインも2枚獲得して出現時でアーム&ウェポンをサーチするという至れり尽くせりのルリグ。

このデッキでは真名マユへの通過点ではありますが、若干の耐性をシグニに付与してくれるためアーツを使うまで多少の雨露は凌げるかもしれない。

サーチ先は専らアイアースとファランクス。


WD13-001
二代目マユ。

出現時にアーツ2枚とエクシードを回収出来るので、キーとアーツでしつこく立ち回ろう。

全面トラッシュ効果は対象を取らないので、ボツリネスやゼウシアスなどのシャドウ持ちにも有効だ。雑に強いぞ。

タイプスの出現時能力を使わないとグロウすら出来ないので注意。


IMG_20190303_020054
白2エナで使える確定モダンバウンダリーに色々オマケが付いているアー

デッキトップ操作のギミックを使わないこのデッキではモダバンの上位互換の様なモノ。

マユに乗ればルリグタイプ〈イオナ〉も付くのでモード1つならタダで撃てる点も魅力の一つ。

複数選択による追加エナコストに対しても《アヴァロン・スロー》のチェインが乗るので、マユグロウ後であれば2モード選択しても無色1エナで運用可能。
アヴァロンのアーツ回収効果で続けて撃つ時には是非覚えておきたい。


WDK08-L08-1
当初は《リヴァイバル・エクシード》が入っていましたが、コインが余りまくるので勿体無くて差し替えた枠。

盤面をまとめて更地に出来るので雑に強い。

序盤では軽い除去として使用して、マユグロウ後はベットして撃とう。


WX19-004-1
荒ぶるマユ、最強のアーツ。凄く重い。

①のモードは普通のトラッシュ送り。

②のモードだと、トラッシュからアイアースを呼んでチタイクウorファランクスに繋げると3面防御になりやすい。

③のモードでは《ブリーディング・フォース》を回収可能。
次のターンに取っておいても良し、チェインでのコスト軽減を利用して連打するも良し。


IMG_20181226_184130
カード大全K2のオマケ。
キーにしては重いエナコストではある分、出現時効果がそこそこ強い。
発動エナコストは白か赤か青でしか払えないので注意されたし。

注目すべきはエクシード3の能力でのデッキから面埋め効果。
なんと、場に出せるシグニに縛りが一切ありません。

普通に使っても3面埋め防御にはなりますが、出現時に発動する能力次第では結構なアドバンテージを得られます。

このデッキの場合ではマユへのグロウのためにも、タイプスを引っ張って来れる点がポイント高めですね。

そちらの達成が見えているのであれば、アイアースやアークイギスを引っ張って来て次ターンの攻めに備えたいものです。

レベル5だろうが何だろうが簡単にデッキから呼び出せるため、サーバント∞やヴェルサを持って来るのも面白いかもしれない。


WX02-021
タマ最強の矛。

今の環境ではルリグ効果による除去が蔓延っているせいで、どうにも活躍が怪しい。

今回のデッキでも2枚にまで減らしましたが、出したい場面が思い付かなければ最終的には抜けるかもしれません。


WX20-022-1
アイアースの相方②。
主にアイアースとファランクスでの三位一体で行動する。

アイアースが率先してアーツを受けて散っていくので、エンドフェイズに釣りあげる役目を担っています。

奇跡的に三面無傷で生き残れたなら、ルリグアタック時にファランクスをトラッシュに送ってティンベーを釣り上げて、ルリグ耐性とシグニ耐性の同時付与を目指しましょう。


WX19-021-1
赤白タマのエースオブエース。

ルリグ効果を受けないという時代を先取りし過ぎた能力は、アークイギスとファランクスの登場で、よりいっそう安定感を増しました。

ルリグ耐性付与もさることながら、ルリグに連パンを付与する能力も非常に強力。

取り敢えずアイアースを立ててルリグで殴り続けるだけでも苦しいデッキは多いはず。

可能な限り毎ターン立て続けて圧を掛けよう。

(´-`).oO(フレイスロはいつでも君の入隊を待っているぞ)


WX19-023-1
アイアースの相方①。
ただでさえ相方をアークイギスに取られがちだったのに加え、新入りのファランクスがメインフェイズでの除去もこなせるアーム兼ウェポンなせいで、存在感がより希薄に……。

とはいえファランクスとの相性自体は非常に良く、ファランクス先出しのアイアースからのリクルートで15000以下の焼きが可能。

トラッシュに落ちていてもファランクスがデッキに戻せるため、ピン差しでも十分いい仕事をしてくれます。


WX18-041
トラッシュ起動の隠し玉。
イオナ限定なのでマユにグロウしないと発動すら出来ない。

このデッキが苦手とするアサシンやランサーへの解答のつもり。


WX19-048-2
対戦相手のターンだけ盾シグニにシグニ耐性を付与する〈盾〉の勇者。

序盤での壁役の他に、アイアースアークイギスなどの盾の仲間たちと並べて疑似コンテンポラの盤面を演出してくれます。


WX19-049
枠が余ったので、入れた1枚。

ゲインが不要であればもう少し積み増ししても良いかもしれない。

ただ、デッキトップ確認が出来るのなら、アークオーラ生々流転のコンビも入れたくなります、悩ましい。

WX19-031
プチアークオーラ内蔵シグニ。

〈盾〉シグニであることと、自分からトラッシュに落ちてくれる点に注目して試験採用中。

《5th Anniversary Heroines》は盤面が埋まっていると役に立たないキーなので、自分の盤面を空けながら点数を要求出来るアキレウスとは好相性。

こちらも出来ればもう少し枠を増やしたい。


IMG_20190110_193408
アンリミ期待の新人。

〈アーム/ウェポン〉のシグニでありながら、メインでの除去もそつなくこなし、デッキ切れも防いでくれて、〈盾〉〈槍〉の肩書も持つアームウェポン界の便利屋。

アイアースのリクルートと併せて使うとガンガン面空けも狙えるため、可能な限りアイアースとアークイギスと並べて運用しましょう。


WD13-017-1
ゲインよりもある意味強い、タマの生涯の相棒。

アームでもウェポンでもありませんが、サーバントやタイプスをデッキからサーチする大事な役割があるため外せませんでした。


PR-465-1
このデッキでマユに乗るための最重要パーツ。

マユに乗れない場合いくつかのデッキギミックが破綻してしまうため、除外されないよう大事に大事に使いましょう。

《5th Anniversary Heroines》によるエクシード3でデッキから呼びこむ流れが一番スムーズ。


SP27-013-1
一部のデッキに刺さるメタカード。

例えばタウィル相手の場合、マスティマとハニエルとミカエルとナキールンが機能停止するため、序盤で立てておけば割と煙たがられます。

リンゼ同様、ハニエルでのサーチが効くレベル2白シグニという点も大きな強み。


WD13-021-1
序盤の事故回避でお馴染みの天使。

このデッキでは同名シグニ以外にも、ティンベーやベンザイテンに繋げる事が出来るため4積み。


・まとめ
アーツ枠にルリグ止めが不在な点が懸案事項。

候補としては、クトゥルアビス、ハシュマル、オーディンが考えられますがデッキコンセプト的にどれも微妙だったり……。


それと、耐性付与があまりにも限定的かつ混在し過ぎていて、タマデッキを良く知らない相手に対して説明が非常に疲れた点も悩みの一つ。

分からん殺しで決着を着けたくないカジュアル勢にとっては、見えている点数要求を誤解されるのも嫌なので、もう少しシンプルに説明出来る話術が欲しいですね。




プラレール 新幹線変形ロボ シンカリオン DXS13 ブラックシンカリオン紅
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2019-02-02)
売り上げランキング: 231


ねんどろいど 新幹線変形ロボ シンカリオン 発音ミク ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
グッドスマイルカンパニー(GOOD SMILE COMPANY) (2019-08-31)
売り上げランキング: 752