カートン買いで有り得ない出来事に直面し、現実逃避したくなりましたが、辛うじてリリースパーティへの参加を果たしてきました。

デッキケースが欲しいのじゃーヽ(*゚д゚)ノ

IMG_20190414_145630

心的ダメージは癒えないままでも……全てはウムルのデッキケースのために……。



今回のウィクパはリリースパーティ。
そんなわけで、使用デッキはウムルの無改造スターターです。

ちなみに、新弾のカートン買い以外にも、エースシグニのパラレル目当てでウムルスターターも四つ注文していた管理人。
今回のスターターの一切光り物が無い仕様変更に気付かなかったため、盛大に爆死しております。

(´-`).oO(……もう疲れたよ)


1戦目:ウムル
初戦からいきなりのウムルミラー。
これまで参加したオールスターでも、ウムルを使用してミラーしたことは1回しかありません。何だか新鮮な感覚。

リリースパーティの攻略記事を書こうと思うくらいには、下調べをしていたので序盤中盤はライフクロスハンドリソース両面においてリードを保っていました。

そう、普通にプレイしていたらおそらく勝てていたのです。

が、
「どうせ勝てるのなら、試しておきたい」
と欲をかき、三つ目のゲートを貼りに行くプレイングに移行。
これが勝敗の分かれ目でした。

気が付けばタウィルキーのエクシードもドントムーブも残したまま、サーバント切れで敗北。

サーバント切れの時のためにライフを数枚温存し、防御札を大人しく吐いていれば……と後悔先に立たず。無念。



トーナメント戦だったのでここで終了。0勝1敗の一回戦敗退です。

友人が決勝まで残っていたため待機していたのですが、トーナメント戦は負けると非常に退屈ですね。
いつものスイスドローの方が性に合っています。


内容には悔しさが残る一戦でしたが、リリースパーティの参加賞で無事ウムルのデッキケース×2を確保出来たのでぶっちゃけ大満足。

15558600575531

15558600490200

今回のオルタナティブと新規参戦3ルリグについては、思う所もありました。

コラボルリグやスターターデッキの質、ブースターの封入率や内容について、運営に疑念も湧いていました。

が、リリパの景品については正直グッジョブと言わざるを得ません。

良くやった運営ヽ(*゚д゚)ノ

あとは《アンシエント・グルーヴ》のイラストのスリーブを、公式で販売して貰えるなら大変捗りますね(/ω・\)チラッ