ワイルズ以降の新弾の風物詩、準限定ルリグレアアーツサイクル。

本日、ミュウの《カオス・アウトブレイク》が公開されました。

IMG_20190607_161249

黒3無色2の5エナアーツ。普段使いとしてはやや重いですね。
ルリグタイプが〈ミュウ〉の場合、黒2エナ分が軽減され黒1無色2の3コストで発動出来ます。

モード選択式ではありませんが、これまでの準限定サイクル同様に複数の効果を内蔵しています。


一つ目の効果は、レベル3以下のシグニ1体をバニッシュする効果。

キーセレフォーマットでのレベル3以下のシグニでバニッシュ耐性持ちは、緑の位置参照シグニが3枚、白の植物に2枚居る程度。
除去を優先するかどうかは別として、対象に困る事は無さそうで何より。

オールスターにおいては、パワーマイナス自体に耐性のある〈ドーナ〉フゥライ〈緑子〉ソウリュウといった黒の天敵を吹っ飛ばせる点が非常に嬉しい。


二つ目の効果は、ターン終了時までシグニ1体のパワーを0にする効果

パワーマイナス効果と同様に、パワーが0になったシグニはルール効果によってバニッシュされます。

「パワーを0にする」という効果の対応範囲は広く、ハンドレス状態で自身がバニッシュ耐性を持つ〈ピルルク〉《魔海の鉤爪 キャプテンフック》や、他のシグニにマイナス耐性を付与する〈エマ〉《GF 最初の朝》対しても有効に働きます。

バニッシュ効果とパワーマイナス効果の良いとこ取りの印象を受ける一方、パワー変動のルール処理において、

"パワーを特定の値にする効果と“パワーを(特定の値にするのではなく)修正する効果”は、常に“修正する効果の方が後から計算されます。」

と規定があるため、自身あるいは何らかの効果でパワーがプラス修正されているシグニに関しては、プラスされた分だけパワーが残り、バニッシュに至らない欠点もあります。
(例えば〈レイラ〉エフワンなど。)

強力な効果ではありますが、赤ルリグと緑ルリグなどの、パンプアップを得意とするルリグを相手取る時には注意が必要です。他のアーツ枠で巧く補いましょう。


三つ目の効果は、対戦相手のシグニゾーン1つの、シグニではないすべてのカードをトラッシュにおく効果。

この効果で処理出来る範囲は、キーセレフォーマットでは《ライズ(下敷き)》《シード》《アクセ》《チャーム》があります。
オールスターにまで範囲を広げると《トラップ》MPPの下敷きなども該当。

〈優羽莉〉《血晶武装》に関しては、一度血晶武装状態になったシグニは場を離れるまで血晶武装状態を維持するため、何らかの効果で下敷きが無くなったとしても血晶武装状態は変わりません。詳しくは用語集をご覧下さい。

ちなみにゲートとウィルスに関しては、そもそもカードでは無い点に加えこちら側のシグニゾーンに勝手に置いて来ることもあり、全くの対象外となります。

シグニに直接関与しないため、アーツ耐性を持つシグニであっても問題無くパージ出来る点は魅力的。

こちらの効果は、《フラクタル・ケージ》同様にオールスターで真価を発揮しそうですね。



・まとめ
ミュウ以外のルリグでも5エナで何とか運用可能な多面止めアーツ。

防御兼メタアーツとして、オールスターでの黒ルリグ用に1枚は抑えて置きたいです。
にっくきヘルボが倒せるアーツだヽ(*゚д゚)ノウェーイ!!!


ウィクロス WXK-P07 TCG ブースターパック エクスプロードDP-BOX
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2019-06-29)
売り上げランキング: 3,522


ウィクロス WXK-D12 TCG 構築済みデッキ グリーンメル
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2019-06-29)
売り上げランキング: 10,650


ウィクロス WXK-D13 TCG 構築済みデッキ ブラックミュウ
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2019-06-29)
売り上げランキング: 3,183


ウィクロス WXK-P06 TCG ブースターパック オルタナティブ DP-BOX
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2019-04-20)
売り上げランキング: 21,381