15613628130341
15613628299072
15613627971800

今更ながら、ツアーで使った優羽莉デッキの紹介。
デッキコンセプト「メインフェイズでのバニッシュによるコンスタントな3面要求」

以前愛用していた「メインデッキにSRを採用しないで済むエコ優羽莉」を、APEXキー入りに強引に変更した構築。

※前のデッキは→こちら

パット見は別物のデッキに思えるかもしれませんが、コンセプトは同じなので自分的には延長線上のデッキなのですヽ(*゚д゚)ノ

それでは、どうやって面空けをしていくかの紹介をしていきたいと思います。


IMG_20180925_200130
ルリグレア版の優羽莉。
個人的にはST版の優羽莉の方が好みの絵柄ですが、常時能力の『あなたの血晶武装状態のすべてのシグニは対戦相手のルリグの効果を受けない』が優秀過ぎるのでこちらを使うしかありません。

ルリグの効果とは、ルリグが本来持つ効果に加えて、対戦相手が貼っているキーカードで付与されている効果も含まれます。
ルリグにバニッシュ効果を付与する華代キーなどのエクシードを消費するキーが主なそれ。

この常時能力による耐性は限定的ながらも、ドーナキーなどの特殊な例を除いたほとんどのエクシードキーをシャットアウト出来るため、攻める時にとても役に立ちます。

コイン技の《アルティメットレイド》は、まさに切り札と呼ぶに値する性能ですが、リーサルと呼ぶには抜け道も多く、不安材料も多々あります。

十全に効果を発揮させるためにも、序盤からガシガシ面を空けてアーツを要求をしていきましょう。


IMG_20181126_180639
優羽莉の準限定アーツ。
準限定アーツに相応しい良査定を貰いました。
このアーツのルリグレアパラレル版の輝きは筆舌に尽くし難い美しさです。……持ってないけど。

最大3面に干渉出来る点は他の準限定アーツに大きく勝りますが、バニッシュ範囲が相手のパワーと自分の手札に依存するため過信は出来ません。注意しましょう。

手札が少ない時にも使えるモード①が付いているため、劣勢時を巻き返す札として最適。


IMG_20181212_161357
みんな大好き超万能アーツ。
キーセレでキーを採用するなら取り敢えず入れておきましょう。

優羽莉の除去手段はバニッシュが基本なので、バニッシュ耐性持ちのシグニは天敵。

このアーツのモード⑤なら、相手が「効果で得たバニッシュ耐性」かき消す事が出来るのです。
チャンスがあったら是非狙ってみましょう。


IMG_20180609_062259
パワーこそ正義ッ!!!
な環境では中途半端な効果持ちよりも、効果の無いバニラシグニをとても重宝します。

キーを貼るだけで一気に2枚もデッキからバニラを引っ張ってきてくれるため、序盤の盤面が大幅に安定します。

一周回って時代が追いついてきた感がある不思議なカード。

このデッキでは、エクシードを後述のAPEXキーで消費するのでバニラサーチ後はセレハピでポイッ!!!


WXK04-015
優羽莉と同じく〈LoV〉からのコラボ枠。

こちらもユキキー同様に道中で貼ります。
姿を見せた時には役割を果たし終えている。
まるで、必殺仕事人みたいでカッコいいですね。

状況にもよりますが、主な選択肢としては、①のバニッシュと③のランダムハンデスが基本。

相手の手札を一気に枯らそうヽ(*゚д゚)ノ


IMG_20190323_171949
かつて環境を征した女帝。
その風格と強さは、キーになってもまるで衰えず。

スペルを使うたびに盤面を空ける事が出来る自動能力と、アタックフェイズにスペルを発動するエクシード能力が非常に噛み合っていて、1回分の防御で2面防御を期待出来ます。

スペル次第では華代キーの2倍の防御範囲を持つAPEXキーですが、欠点としてとにかくエナを消費することが挙げられます。

トラッシュから発動するスペルは、通常時の2倍のエナコストを必要とし、また自動能力での追撃にも無色1エナが要求されます。

1エナのスペルならまだしも、2エナ以上のスペルでは燃費が非常に悪くなるため、このキーを使う場合は発動コストが0のスペル、「ユニークスペル」を使用するのがベター

どのユニークスペルにも共通して付いているモード②の1エナチャージを選択すれば、増えたエナを利用して自動能力の方で1面の除去には成功します。

これだけでも実質華代キーと同等の除去性能と言えなくもありませんが、優羽莉のユニークスペル《血晶の斧撃》であれば、①のモードでパワー12000以下のシグニのバニッシュも狙えるため相性は良好と言えます。

華代キーと違い、ルリグ効果によるバニッシュではなくキー効果によるバニッシュである点も魅力の一つ。
優羽莉ミラーでは大事なポイントです。

使用する場合には、エナコストの加減増減ルールについて確認しておくことをオススメします。

例えば、非限定で使用頻度の高い《祝福の五光》の場合、先に2倍の6コストになった後に相手の所持コインに応じた減算処理が掛かります。
引いた後に2倍にするわけでは無いので気を付けましょうね。


IMG_20181127_175528
以前の構築のエースであった《紅蓮の使い魔 アニムス》と差し替えて採用した新たなエース。
役割はアニムスと変わらず、メインフェイズでの除去が採用理由です。

2面除去して2体のシグニでアタックする、までを1アクションと仮定すると……

アニムスの場合、血晶武装権とアニムス本人。エナ1と他のシグニ2体。

アンゴルモアの場合、血晶武装権とアンゴルモア本人。エナ1とスペル1とシグニ1体。

これまでの構築では、どちらもハンド消費自体は変わらないものの、スペル自体のエナコストが掛かる分で僅かに、アニムス>アンゴルモアと判断していました。
しかし、オルタナティブで登場したAPEXキーは相手ターンにもスペルを発動する事が可能であるため、トータルでの相性を考えると……立場が大きく逆転した次第。

アニムスも嫌いではありませんでしたが、APEXキー込みでのアンゴルモアはやはり強い。


IMG_20180925_200132
優羽莉デッキの点取り屋。アーツの的として非常に優秀で、ライフバーストが雑に強い点も魅力的な1枚。

今回のデッキの主役がアンゴルモアだったため、あえて不採用のつもりでしたが、自動能力でエナチャージをブースト出来る点に強みを感じてお試しでの採用。


WDK08-L11
回収から攻撃まで、何でもそつなくこなすLoVのいぶし銀。

相手の盤面を可能な限りメインフェイズで空けたいこのデッキでは、常時能力の2面空けにはそれほど期待しておらず、専ら出現時のシグニ回収が主な役割となっています。

とはいえ、アタック時除去が選択肢として欲しいのも事実なわけなので、面埋め防御を構えている相手に対してはアタッカーとして機能します。

バーストもアカズキン並に優秀ですね。


WXK05-058
アンゴルモアがこのデッキのエースであるなら、ベストラはこのデッキのアイドル(のようなもの)。

上段の自動能力である、血晶武装になった時に除去を飛ばせる点がただただ強い。

自動能力下段のドロー効果を効率良く満たして、ハンドを潤してくれます。

8000以下という満足のいくバニッシュ範囲、選択式のライフバースト、シグニを殴るだけでもドローが出来る、などなど。

とても器用でクレバーなシグニといった印象。


WXK04-043
紅蓮シグニのパワーラインを底上げして、12000ラインから離脱するためのカード。

単純に、シグニ同士の殴り合いで強くなる事に加え、赤のバニッシュアーツやウリスのリーサルブラックなどの除去アーツを撃たれた場合、ギリギリ範囲外になってくれる点は地味ながらも強力と言えます。

ツクヨミで拾えるので1枚のみ。


WXK04-044
クセの強い紅蓮シグニの潤滑油。

デッキトップから5枚捲るということは、実質サーチをしているようなもの。
序盤中盤終盤問わず活躍してくれる、縁の下の力持ちです。

血晶武装状態なら連パンで1点を狙えますが、出現時能力だけの運用でも必要十分。

枚数は当然、不動の4枚です。


WXK04-071
パワーこそ正義その1。

レベル1シグニに余裕があればユキキーの出現時でハンドに持ってきておきましょう。


WDK08-L16
パワーこそ正義その2。

レベル1シグニでパワー3000は、ウリスが貼っているハナレキーのバニッシュ範囲外。
安心して場に出す事が出来ますね。

レベル1グロウ直後に、ユキキーの出現時能力で2枚持ってきましょう。


WXK01-080
モード選択式の赤スペル。
アンゴルモアとAPEXキーのためにも赤のスペルは複数採用しないといけないので、取り敢えず採用。
コストは軽いもののバニッシュ範囲が微妙。

モード②の全体パンプアップは、相手の防御アーツを見切った上で使うと効果はバツグンだ。


IMG_20181213_161947
キーセレで多分もっともコスパに優れたスペル。
通常時は赤2無色1の計3エナのスペルですが、相手が所持するコイン枚数に応じてコストが軽減されます。
例えば、相手が2コイン残しているとすると、エナコストは無色1エナだけになります。

モード①では、シグニを1体をバニッシュ後、1ドローか1エナチャのオマケが付くモード。
バニッシュ範囲がパワーに依存しないため終盤でも火力として期待出来ます。

モード②では、5枚引いて2枚捨てます。
実質ハンドが2枚増えるため、あの《THREE OUT》を上回る手札補充性能をしています。
ただしデメリットとして、捨てる手札はランダム。己の運命力を信じよ!!!

APEXキーのエクシード効果でトラッシュから発動する場合、先に3エナの2倍である6エナに変更したのちに、コインによる減算処理が掛かります。
間違えやすいので気を付けましょう。


WDK08-L20
優羽莉のユニークスペル。

紅蓮シグニをトラッシュに送ってパワー12000以下を焼く①のモードと、エナチャージ1をする②のモードがあります。

APEXキーを使う場合、相手ターンにシグニが生き残っていてくれたら、①のバニッシュモードとAPEXキーの効果で2面焼き。
全滅していたら、②のエナチャモードを選択して1面だけ焼きましょう。

一応エナチャのモードを選択した場合でも、バニッシュ効率は華代キーと同等なので、取り敢えずガン積みしてみました。



まとめ
相手ターンでの除去効率がそれなりに高い反面、バニッシュ一辺倒の防御であるため、青悪魔のキャプテンフックや緑微菌のバニッシュ耐性持ちが大の苦手。
周りにメルが台頭してくるのならアーツ枠の改善は急務の様子。

また血晶武装とAPEXキーともにトラッシュへの依存度が高いため、セレクトハッピーによる特定カード除外が苦しい印象。
それに加え、ウリスの得意とするデッキ落としによるリフレッシュ誘発も気を付けなくてはなりません。
特に前者はあらゆるデッキで見掛ける汎用アーツであるため要注意。

除外されたくないカードはエナゾーンに温存しておくなど、気持ちプレイングでカバーしたいところ。




ウィクロス WXK-P08 TCG ブースターパック アンリアリスティック BOX
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2019-08-31)
売り上げランキング: 205


ウィクロス WXK-D14 TCG 構築済みデッキ レッド タウィル
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2019-08-31)
売り上げランキング: 2,376


ウィクロス WXK-D15 TCG 構築済みデッキ ブラック ナナシ
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2019-08-31)
売り上げランキング: 2,107


ウィクロス WXK-D16 TCG 構築済みデッキ にじさんじ ウィクロス バトルセット
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2019-08-31)
売り上げランキング: 92