カードゲーマーvol48の付録である《コードアンチ ラティナ》が本日公開されました。

IMG_20190926_192720
出現時あなたのアップ状態のルリグ1体をダウンする:以下の3つから1つを選ぶ。

①あなたのデッキからあなたのルリグと同じ色を持つシグニ1枚を探して公開し手札に加え、デッキをシャッフルする。
②対戦相手のレベル3以下のシグニ1体を手札に戻す。
③対戦相手の手札を見ないで1枚選び、捨てさせる。


TVアニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない』とのコラボカードですが、なんと〈古代兵器〉初の白シグニになっています。

全国のウムルファンがむせび泣くレベルで嬉しい誤算。
マズフェイスでバニッシュして白エナを構える事が出来る……ああ、どうしよう嬉しいけど枠が無い\(^o^)/

安定したダメージソースであるルリグをダウンさせてしまうデメリットは重いですが、3つあるモード全てが優秀なうえ、他にコストが掛からない点は大きな魅力と言えます。

この際、目に見えない点数要求であるルリグアタックは投げ捨てて、①か②のモードを利用して盤面からのクロックを狙っていきましょう。

なお、レイラデッキにおいてはライド効果とデメリットが重複するため相性は最高。やっぱり筋肉は裏切らない!!!



①のモードは無色スペル《紡績する知識》と同じサーチ効果。
ルリグと同じ色であればレベルもクラスも関係なくデッキからサーチ出来るため、こちらでアタッカーを引っ張って来てルリグアタックの不足分を補う事も出来ます。

また《黒鍵の巫女 タマヨリヒメ》をアンロック状態であれば、デッキ内のシグニ全てがルリグと同じ黒色に変わっているため万能サーチに変化します。
状況に応じて現在必要なカードを引っ張ってくるシルバーバレット戦術が可能になるため、グッドスタッフ寄りのデッキをつくるのであれば是非お試しあれ。


②のモードは白アーツ《コイン・バウンダリー》のベット無しと同等の性能。
盤面をどかす事で単純に1点を要求する事が出来ます。
エナも手札も使わずに単体で1点を狙える効果は、キーセレでは非常に強力。
レベル3アタッカーの癖が強く使いづらいナナシやメルとは好相性だと思われます。


③のモードはピルルクユニークスペルの《CRYSTAL SEAL》のメイン効果であるハンデス。
ランダムハンデスは確かに強いのですが、肝心のルリグアタックを放棄しているため、他と比べるとデザインがやや荒削りな印象を受けます。
まあハンデスの択がある、というだけで十二分に強いと言える。

ルリグアタック放棄のデメリットが重複するレイラで使うと鬼強いですねー。


・まとめ
ライフバーストは普通に1ドローなだけなのがいささか残念ではありますが、キーセレのみならずオールスターでも十分な活躍が期待出来る優秀な1枚ですね。是非4枚集めましょうヽ(*゚д゚)ノ

(´-`).oO(やっぱり古代兵器は最高だぜ!!!)



カードゲーマーvol.48 (ホビージャパンMOOK 958)

ホビージャパン (2019-09-30)
売り上げランキング: 46,473