先日行われた、ディセンブルのリリースパーティに参加してきました。

ディセンブルのリリパと言えば、青タマ緑ピルルクアルフォウの3ルリグ。

と言うことはすなわち、緑と黒相手に軽くなる《ドント・ラッシュ》を使える青タマこそが、今回のメタゲームの王者である(フラグ)。

SPK16-6A

使用ルリグは、ウトゥルスキーのために買い重ねた6BOXの残滓で構成されている青タマ。

序盤から《エルドラ・グッジョブ》《切願の蒼天 アルペイオス》を使用してエナを大量に溜め込み、《アンシエント・グルーヴ》《ホーリー・グランドスラム》《アンシエント・グルーヴ》で一気に8枚分のハンドリソース差を付ける。
また《永遠の鍵 タマヨリヒメ》の破棄時能力は、回収したアーツがバレバレであるという欠点を持つが、アーツ回収先を《ホーリー・グランドスラム》にすることで、秘匿性を増した。完璧である。



1戦目:黒点アルフォウ
ついに推しルリグのアルフォウが来てくれたんです(意訳)
と、試合後に嬉しそうに語る勝者

つまり、こちらの負けである。
というか完敗である。

吐かせた防御手段は僅かにアーツを2枚だけ。
残りのアーツ3枚とエクシード4枚を使わせることはまるで出来なかった。

序盤の点数要求が甘いからって、ラティナを採用した点がまずかった。
オールスターであればバウンスも実質ハンデスカードと言えるが、ハンデスパワーの足りないキーセレでは大きく空回り。

永遠タマキーもまずかった。
バウンスからのフルハンデスを決めるにはハンデスパーツが余りにも足りない。足りなすぎる。
リソース稼ぎにグルーヴを3回使用したはいいが、今度は防御面数が圧倒的に足りていなかった。

《ドント・ラッシュ》程度のメタ要素では埋められない隔たりがそこにはあった。


2戦目:不戦勝
負けたとしても、今回はリリパだからランダム賞が多い。大丈夫だ。
目的のホロハシュマルはすぐ目の前だ。


3戦目:華代さん
アイエエエ華代!?華代ナンデ!?
メタ外からの刺客A。

実はキーセレの2止め華代さんとは初対面。仮想敵として日頃から意識はしていたが、思い掛けないところでエンカウント……。

華代さんはリリパには居ないものとばかり思っていたため、デッキ内のサーバントは全てレベル1にしてあった。非常にマズイ状況。

だが天は味方した。

相手が何故か深読みしてくれたらしく《炎真爛漫》でのレベル宣言の内、レベル1とレベル2が丁度半々くらい。
思いのほかガードが成功してくれたのだ。

最後はこちらが《ホーリー・グランドスラム》で相手の《炎真爛漫》をコピってルリパンで勝ち。


4戦目:にじさんじ
アイエエエにじさんじ!?にじさんじナンデ!?
メタ外からの刺客B。

サーチ手段多数のにじさんじ相手には、中途半端なハンデスは全く効いている様子が無く、こちらの手札だけが一方的に減っていった……。

ああ、この感覚。無謀にもマジハンArミルルンにハンデスピルルクΩで挑んだ時によく似ている。

そう、つまりは……完敗である。



結果、1勝2敗1不戦勝。
リリパに合わせて急ピッチで組んでみた青タマでしたが、回している内に完成度の低さが露呈しました。

負けはしましたが、使っていて何だかんだ愛着も湧いてきました。
もう少し調整して、機会があればまた使ってみようと思います。

参加賞で青タマのデッキケースとハシュマルを無事ゲット\(^o^)/

15730377723950

(´-`).oO(ラスクロコラボのスリーブって青タマっぽくて……最高だよね!!!)




ウィクロス WXK-P09 TCG ブースターパック ディセンブル BOX
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2019-10-26)
売り上げランキング: 422


ウィクロス WXK-D17 TCG 構築済みデッキ ブラックアルフォウ
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2019-10-26)
売り上げランキング: 1,424


ウィクロス WXEX-02 TCG ブースターパック アンブレイカブルセレクター BOX
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2019-12-21)
売り上げランキング: 5,863