『アンブレイカブルセレクター』では沢山のルリグが収録・強化されました。
ところが、ウムルとウトゥルスは居るのに、何故かタウィルだけは収録されていません。

リワトが強すぎたせいで一回休み、という事も考えられますが、それなら『アンリミテッドセレクター』の時が適正なタイミングでした。

というわけで、タウィルが不在な理由を背景ストーリーをなぞりながら考察してみます。



・始まりの少女エナ、人類に絶望し「私を消して」と槍に願う。
g3566011

g5817600

・エナジェによって記憶と力を失い、タウィルとなる。そして閉じるための鍵、良心としてウムルを生み出す。
b4212935
g5306199


・強敵?と戦い苦戦を強いられ、融合体ウトゥルス(未完成)となる。
g4359813

・戦闘を繰り返すうちにタウィルにエナとしての記憶が蘇ってきたので、休眠状態へ。
g3156738

・封印が解かれタウィル=エナ覚醒、リワトとして現世に降臨。破壊の限りを尽くす。
g3566010
g3649173

・ウムル、ボロボロになりながらもこれに応戦。
g3156740

・かつて融合した時の残滓、タウィルとの邂逅。ウムルをベースとして再融合を果たす。
g3649177
g4361366

g3649188


・リワト撃破。
g3649256

g3649173
g3649253

・リワト=タウィル消失。後の世界は、よろしくね?
gg290947


・ウィクロス学園編=リワトが最期に見せた夢、幻。
g5338663

・《ゲット・アヴァロン》→《アヴァロン・スロー》→《糾う者》→《紡槍 アークエナジェ》
g3746896
g3424349
gg244438
gg244506

・エナから力を奪った始まりの槍は、アークエナジェと成り次代の紡ぎ手として《糾う者》を選ぶ。

・エナに後の世界を任されたウムルは、束の間の夢から覚め、独り最終決戦へ……。
g3783249

gg290866



《誘蘭の鍵主 ウムル=フェム》の常時能力は、《糾う者》の自動能力、《紡槍 アークエナジェ》の出現時能力に強い耐性を示します。
この能力は、まさに強大なラスボスへ抗うために手にした力に思えてなりません。

起動能力に関しても、ウムル単体では初めてトラッシュ送り能力を獲得していて、内在しているであろうタウィルの影響が垣間見えます。

エナが居なくなった今、大いなるウィクロス因子の力を持っているのはエナジェとその紡ぎ手です。
願いに翻弄され続けている彼の者達を輪廻から救い出す事こそが、ウムルに任された役割なのかもしれません。

《神性なる極門 ウトゥルス》のLRPはウムル愛用のリボンを装備=ウムルベース?
gg290826



グダグダした駄文の上、とっ散らかって憶測だらけ。
妄想の域を出ていませんが、取りあえずこんな感じで認識しています。

つまり、アンブレイカブルセレクターにタウィルが居ない理由は、

「背景ストーリーにおいて、既に消滅しているから」

という事を今回の結論として、この記事を終えたいと思います。



《遠かりし使 リワト=フィーラ》SEC
ミライハ タカクテキ -リワト-

《差し伸べし者 タウィル》SEC
リワト、いやエナよ。人は甦る。救いという願いも、まだそこにあるのじゃ。 -ウムルー

《永らえし使 リワト=エナ》Re
後の世界は、よろしくね ーエナー

《奏でし者 タウィル=フィーラ》LR
いざうたわん せかいのために -タウィルー

《歌舞熱曲》LRP
うむる わたしじゃないの このせかいの ほんとう -タウィルー

《応諾の鍵主 ウムル》PR
少し眠っておったわ。良き夢じゃった。 ーウムルー

《紡槍 アークエナジェ》SR
物語の始まりの槍は、新たな紡ぎ手を探した。

《糾う者》LR
紡がれた鍵で開いた扉、行先のひとつ。

《誘蘭の鍵主 ウムル=フェム》LR
鍵よ示せ、多角的な未来の結論を! ーウムルー


《奏でし者 タウィル=フィーラ》LRP
アンコールはおことわり -タウィルー
gg192075