令和もいよいよクライマックスというわけで、仕事納めしてきたその足で今年最後のウィクパに参戦して来ました。

今回のフォーマットはキーセレ。前日までは〈メル〉で参加予定でしたが、【スペル軸優羽莉】で少し面白いギミックを思い付いたのでそっちにシフト。


1戦目:にじさんじ(赤)
序盤から《ファイト・ゴースト》で高い打点を並べてくる〈にじさんじ〉。10000の壁は厚く、中途半端な焼き性能では歯が立ちません。
とはいえ、こちらのデッキに搭載しているのは相手パワーに依存しない真遊月キーの全ブッパとスペルでの焼き。
相手の盤面を崩す事は容易で、レベル4に上がる頃にはライフ差6枚のリードを貰っていました。

〈にじさんじ〉に3面防御のアーツは見掛けないので、その後はひたすら3面要求を繰り返して地上戦で締め。

優羽莉デッキは相変わらず《紅蓮の使い魔 ベストラ》が強い。面空け+ドローは正義。


2戦目:アルフォウ(身内)
一緒に参加した友人の〈アルフォウ〉
序盤で貼っているハイティキーのせいで面空け性能はほぼ対等。
序盤のダメージレースにそれほど差がつく事なくお互いレベル4へグロウ。

レベル4になってからは、相手が採用している花代キーに対して、優羽莉の常時能力による「ルリグ効果への耐性付与」が程良く刺さりました。

相手の面要求が想定より弱く、逆に〈血晶武装〉状態のシグニが余分にアーツを要求してくれたため、結果を見てみると割と余裕を持っての勝利。

バトル終了後に聞いた話では、相手のデッキの下10枚ちょいに、4積みされたすべてのソユラギが埋まっていたとのこと。
エースシグニ不在ではそれは勝てませんわ……。


結果、2勝0敗で優勝\(^o^)/
参加者3名での優勝は流石に虚しい。


光るベンザイテン目当ての参加でしたが、自分のコングラからは《ハロー・エフェクト》がこんにちは。
1戦目の人がランダムコングラでベンザイテンを獲得。
2戦目の友人がおまけと称したアンブレ箱特典のレジェンドアーツパックを貰い《ダーク・コグネイト》を獲得。

(´-`).oO(あれ、おかしいな。勝ったのに負けてる……)


スペル過多のデッキではありますが、《紅蓮の使い魔 オズマ姫》《札探の蒼天 メイ》がその都度で必要な札を持って来てくれるため、思ったよりも手札事故が起きずに安定していました。

また、メイちゃんの起動能力で相手のハンドのサーバントの有無を見た後で、サーチ先のラティナでのバウンスの是非を選択するプランは、クラス〈古代兵器〉を有する優羽莉ならではのギミックになったため、個人的には満足いく結果。

IMG_20191229_181110
メイちゃんマジ天使\(^o^)/