新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

IMG_20200105_141044
ダラダラと過ごした寝正月であった連休も、もうすぐ終わりを迎えます。

その間、書きたい記事が特になく更新する機会もなかったので、まあ1月になりウィクロスパーティのPRパックが変わったこともあり、PRカードの簡単な紹介でも……。


SPK16-10B
《羅石 セキエイ》は以前もウィクパのPRカードとして配布されていたカードですね。

レベル2シグニながら出現時能力でバニッシュ能力を有しており、パット見は優秀です。

ですが、そのバニッシュ対象は「無色のシグニ」だけと、非常に限定的であり実質サーバントしか焼けないため、どうしても扱いづらい。実際、過去の対面で使われた記憶はありません。

キーセレ環境では、フルパン安定でハンドが苦しくなる状況も多いため、サーバントが場に出てしまう機会も比較的多くなっています。

その瞬間を狙って着地させる事が出来るのであれば、あるいは……。


SPK16-10C
セキエイ同様PRカード出身の《羅植 ツバキ》
〈植物〉クラスは種類参照が多いので、数が増える事はそれだけで好ましいですね。

持っている効果は起動能力。
緑1エナと自身トラッシュ送りで、トラッシュの無色のカードを回収する事が出来ます。

2枚が1枚になるので普通にアド損ですが、無色のカード……サーバントやスペルを回収する事はなかなか珍しい効果だったりします。

回収候補がサーバントのみであれば《弩書 ザ・ロウ》で十分ではありますが、コスパを重視したり無色のスペル《ネクスト・レディ》などを使い回したい場合にはこちらの《羅植 ツバキ》をオススメ出来ます。

レベル3以下のシグニなので、ミズバショウで増えた疑似エナを落として《札探の蒼天 メイ》でサーチ出来る点もポイント高い。


SPK16-10A
PR3種の中で唯一のパック産のカード。

オールスター環境でも登場が第20弾と後半に出たカードであり、メタカードの割には中途半端な性能であったため存在が希薄だった印象を受けます。

①の効果のハンデスも②の効果のランデスも、ブン回す相手へのカウンターにしてはやや控え目。
また、モード選択アーツでありながら防御モードが1つも無いため、リターンの割にはリスクが重い……。

③のエナチャージモードは、相手ターンにエナチャージ出来るモード。
多分0コストでエナチャージ出来るアーツは、キーセレではこのカードだけのはず。

9エナ残した状態で相手ターンに《E.G UNION イザベラ》《バイ・ザ・ウェイ》《三焼揃踏》を決めれば、3点取りつつ3面防御が可能となる。
《バイ・ザ・ウェイ》のエナチャで赤エナ以外がエナチャージされると詰むので、赤デッキ且つアーツ枠多めの華代さん辺りで狙ってみよう。


ウィクロス WXK-P10 TCG ブースターパック コリジョンBOX
タカラトミー (2020-02-22)
売り上げランキング: 365
ウィクロス WXEX-02 TCG ブースターパック アンブレイカブルセレクター BOX
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2019-12-21)
売り上げランキング: 475