現在公開されているウェポンシグニの雑感。

IMG_20200123_160348
ウェポン1体の上に置くことの出来るナナシ限定ライズシグニ。
リカバリと除去と強ライフバーストを備えた便利なシグニです。


1つ目の自動能力は、このシグニがバニッシュされた時に、このシグニの下にあったウェポンシグニを1枚回収出来るというもの。

ライズギミックは手札の消費が激しいので、条件付きとはいえハンドリカバリを行えるこの効果は非常に有用。


ターン1の起動能力は、自分のシグニの下から2枚のカードを取り除く事で、相手シグニ1体のパワーを0にする効果。

レベル3シグニの《轟書 ゲンダ》の出現時能力と同じ性能ですね。
パワーの0固定は、パワーマイナスを受けないシグニを除去する事が可能であるため、非常に強力な効果といえます。

起動に必要なコストも、ターン最初のライズであればルリグ側で1枚分は用意出来るため、ライズ元シグニと併せて起動1回分の確保は容易。

ただし上記の自動能力の事を考えると、別途で最低1枚は下敷きを用意しておきたいところ。

連続ライズではハンド消費がマッハであるため、《轟書 コウテ》《弩書 ダイヨン》辺りの下敷き作成スタッフをセットで運用したい。


回収トリガーがバニッシュによる除去に対してのみである点は残念ですが、他のライズアタッカーはそれすら無いので大分マシ。

バーストも強いので、ゼロイゴナの枚数を調整してでも入れたい1枚。



IMG_20200123_160354
レベル1の、アタックトリガーで下敷きを作成するシグニ。

パワーが2000ある点は評価出来ますが、下敷きを作るタイミングがアタック時では流石に遅いと言わざるを得ません。

出現時で下敷きを作る《小書 キンウギ》、エナチャ担当の《小書 ソウゾ》や点取り担当の《小書 サーティ》が主な競合相手。

これらを押しのけての採用は正直苦しい印象。



IMG_20200110_200818
〈アーム〉〈ウェポン〉の重ね持ちの非限定シグニ。

出現時能力は、ハンドコスト1枚をトラッシュのライズシグニ変換するもの。

捨てたシグニと同じクラスを持つ事が回収先の条件なので、汎用ライズの《弩書 ザ・ロウ》を回収するためには〈ウェポン〉のシグニを捨てなくてはなりません。

キーセレでは大人しくライズギミックを持つリルかナナシでの運用がベターですね。


起動能力は、自身をダウンする事で、ライズシグニにアサシンを付与する効果。

自身がダウンしてしまうため点数の要求値は落ちますが、アサシンは最強クラスの攻撃手段。
出現時能力で回収したライズシグニに積極的に付与していきましょう。

ライブレラちゃんはオールスターでも採用の目がありそうな優秀な1枚ですね。イラストの雰囲気も実に良い。


ウィクロス WXK-P10 TCG ブースターパック コリジョンBOX
タカラトミー (2020-02-22)
売り上げランキング: 365


ウィクロス WXEX-02 TCG ブースターパック アンブレイカブルセレクター BOX
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2019-12-21)
売り上げランキング: 475