コリジョン発売後に調整した、【スペル軸優羽莉】の亜種。

《劫末の唄鍵 ワールドエンド》のデッキバウンスと《羅水植 マリモ》のランサーで序盤にクロックを刻み、後半はアカズキンのダブクラアサシンで止めを差しに行きます。

序盤の防御は軽めのアンコールアーツで耐え凌ぎ、後半の防御はAPEXキーと血晶照射に任せる流れ。


15829890306353
15829890305962
15829889194031

IMG_20180925_200130
〈血晶武装〉状態のシグニは相手のルリグ効果を受けつけないので、相手のエクシードキーを無視して殴りにいける点が大きな強み。

アルティメットレイドはセレハピに弱いので、状況次第ですが基本使いません。


IMG_20200131_182741
コリジョンの新規キーカード。
毎ターンのアド稼ぎである自動能力は、〈紅蓮〉〈古代兵器〉のクラスをデフォで持つ優羽莉とは好相性。

また、優羽莉自身も序盤からコインが潤沢であるため、起動能力のデッキバウンスを気軽に発動出来る点も嬉しい。

アタックフェイズ付きの起動能力は、怒髪衝炎をアンコールした場合のみ使用して、そうでない場合はこのキー自身をセレハピのエサにするプランを考えています。


以前はこの枠に、アドバンテージを得ながら面空けを兼ねるキーカードとして、《真・遊月・鍵》を採用していました。

同じ3コイン消費で比較した場合、3ターン以上維持する事が出来ればアドバンテージ面でワールドエンド側に軍配が上がります。

代わりに面空け性能では1面分劣りますが、1面くらいなら自前のアタッカーで取りにいけるはずなので、十分誤差の範囲内とも言えます。


IMG_20200119_174119
アンコール付きの赤アーツ。

基本は②のバニッシュモードを使用。
1エナで7000まで焼けるのでお手頃な防御です。

このデッキのコイン用途は、ワールドエンドで1枚APEXキーで1枚は確定として残りは3枚。
ワールドエンドの起動能力に2枚使うか、このカードのアンコールコストに2枚使うかは不確定で、その場の状況に委ねています。

①のモードはメタ要素なので、相手がエナを必要とするアタックトリガーを並べてきた時にでも使用しましょう。


IMG_20190807_062453
優羽莉の準限定アーツ。
基本は手札が少ない時に発動して、モード①で手札を補充しつつ他いずれか2つでの2面防御として使用します。

バレていると読まれやすいのでさっさと使い切りたい。


IMG_20190323_171949
とにかくエナは掛かるが、エクシード2枚で2面防御を実現する強キーカード。

赤のスペルを使うとエナチャージする事の出来る《古代の炎魔 グレンデ》が来てくれたので多少は扱いやすくなった感。

トラッシュのスペルの使用コストは普段の2倍。
ワールドエンドやグレンデアカズキンをフル活用して沢山エナを貯めておきたい。

エナコストは2倍にした後にコインによる減算が行われるため、《祝福の五光》の使用時には注意が必要。


IMG_20181212_161357
いつもの。超万能アーツ。

ワールドエンドキーとAPEXキーを落とす事で最大3回使えます。
アタック出来ない付与は耐性を付けにくい防御手段なので安心安心。


IMG_20200115_174136
コリジョンの新規シグニ。〈悪魔〉〈古代兵器〉のハイブリッド。

これまで優羽莉のコイン技〈アルティメットレイド〉で最後の詰めを仕掛けても、採用率の高いアーツ《セレクト・ハッピー5》のモード⑤である「すべてのシグニは効果によって得ている能力を失う」でかき消されていましたが、こいつの常時能力のおかげでそれを防ぐ事が可能になりました。
……まあモード④のアタック出来ない付与で止まるんですけどね。

自動能力上段により、赤のスペルを使うとエナチャージ1が出来ます。
APEXキーのコスト補充要員として優秀ですね。

また、〈血晶武装〉状態のアカズキンと並べるとアタックフェイズ開始時にアサシンを付与する事が出来る点も強みの一つ。
面空け効果を持たないアカズキンが、積極的に圧を掛けにいけるようになりました。


IMG_20180925_200132
〈血晶武装〉をしている限りダブクラを獲得するアタッカー。

自身が面空け手段を持たないため、今までは個人的にはパッとしない印象を持っていましたが、今回お手軽にアサシンを付与出来るグレンデが仲間に加わったのでもう手のひらクルックル!!!
いやぁ、アカズキンちゃん強いっすヽ(*゚д゚)ノ

自動能力上段のエナチャージ1をしたときエナチャージ1をする能力も強いのですが、自動能力下段のライフクロスを割るとダメージを与える効果が非常に強烈。

通りさえすればライフクロス2枚からでもバースト無視の確殺が出来るぞ!!!


WDK08-L11
優羽莉STのエース。
出現時能力の〈紅蓮〉シグニの回収が便利です。

今回はバースト目当てで枚数多めに調整しましたが、あまり盤面に立ててもアド的には美味しくは無いので、代わりにグレンデの枚数を増やしてもいいかもしれない。


WXK05-058
個人的に一番頼りにしている〈紅蓮〉シグニNo.1。

取り敢えず〈血晶武装〉して相手のパワー8000以下を焼きつつ1ドローする動きが雑に強い。
単純にシグニを殴り倒した場合でも1ドロー自体は出来るので、やっぱりお得。


IMG_20200112_173208
こちらはコリジョンのシグニで一番好きなシグニ。

《劫末の唄鍵 ワールドエンド》との相性はまさに最高オブ最高。

マリモ自身がクラスを2つ持っているためワールドエンドの自動能力でエナチャージが発動出来て、エナチャージが行われたのでマリモ自身の効果でランサーが付くという、Win-Winの関係。

序盤でガシガシ点を取りに行きたかったので本当に有り難い存在。


IMG_20200124_121438
コリジョンの新規シグニ。

出現時能力で〈古代兵器〉のシグニを1枚までトラッシュに落とす事が出来るがキーセレではまあ使わない。注目は起動能力。

ネフティスの起動能力は、手札の古代兵器を切る事でトラッシュの〈古代兵器〉を2枚デッキに戻しつつ相手のパワー8000以下をバニッシュする事が出来ます。

エナを必要としない面空けであり、若干ながらもデッキを回復させる事の出来る便利な効果です。

今回はスペル軸の構築であるため採用はピン差しですが、枠があるならもっと増やしたいところ。


IMG_20200205_163516
コリジョン新規の赤いラティナ。

ルリグをダウンさせる事でルリグのレベル以下の赤シグニをサーチする事が出来る。
相手がピルピルキーを貼ってる時には、是非とも握っておきたい1枚です。

常時能力も自ターンのみとは言え、赤シグニ全体にプラス2000の修整をもたらす便利なもの。

小さい修整値ではありますが、こうしたパンプアップはパワー7000ラインやパワー12000ラインを基準とした防御アーツをすり抜ける事が出来ます。
終盤にアタッカーの横に立ててあげると、結構うざがられるかもしれません。


IMG_20200124_121441
オールスターウムルでちょっと採用をしてみたい1枚。
赤エナは苦しいけれど、アステカから釣れてアステカサーチ出来るって何かおかしくないですかね?
レベル2でレザディ連打も結構楽しそう。

レベル1のシグニではありますが、横に居る〈古代兵器〉の同名カードをサーチする出現時効能力は、優羽莉の〈血晶武装〉ギミックとはとても相性が良い。

序盤から終盤まで頼りになる存在ですね。


WDK08-L16
バニラシグニではありますがこれでも〈紅蓮〉〈古代兵器〉のシグニなので、後攻1ターン目からワールドエンドの自動能力を満たす事が出来る貴重なシグニ。

この枠は自由枠。


WXK01-080
APEXキーのための赤スペルその1。
面空けのモード①とパンプアップのモード②を持っています。

手打ちの場合、基本は①のモードで点を取りにいきますが、②の全体パンプアップは相手の防御を掻い潜ったりマリモのランサーのサポートをしたりと小回りが効きます。


WDK08-L20
APEXキーのための赤スペルその②
優羽莉のユニークスペル。

こちらは②のエナチャージモードを主軸として運用します。
場にアカズキンやグレンデが居た場合、連鎖的にエナチャージが発生するのでなんだか楽しい。

発動コストが0エナなのでAPEXキーと組み合わせて実質エナ消費無しでシグニを焼けます。
場にシグニが残っているならば、①のモードで面空けも狙うのも良いですね。


IMG_20181213_161947
APEXキーのために赤スペルその③。
相手のコイン残数でエナコスト変動する特殊なスペル。

手打ちの場合、除去のモード①も手札補充のモード②も使いやすく、キーセレのスペルの中では非常に安定感があり人気が高い印象。

ただし、APEXキーでトラッシュから使用する場合はコインによる減算処理がスペルコスト2倍後に適用されるため非常に重い……。
なるべくAPEXキー経由での使用は控えたいところ。


ウィクロス WXK-P10 TCG ブースターパック コリジョンBOX
タカラトミー (2020-02-22)
売り上げランキング: 365


ウィクロス WXEX-02 TCG ブースターパック アンブレイカブルセレクター BOX
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2019-12-21)
売り上げランキング: 475