先月末に注文していた楽天モバイルの『Galaxy A7』とnanoSIMが今週半ば頃に届きました。

15913707054231


最近書く記事も思い付かなかったので、ここは一つ素人ながら楽天モバイルのステマでもしてみましょうかね(`・ω・´)キリッ


先週から今週にかけて、一部界隈で話題をさらっていた楽天モバイルですが、知らない人は知らないと思うので簡単に解説。

2020年4月8日。これまでMVNO(仮想移動体通信事業者)で活動していた楽天モバイルは、遂に直接自社ブランドで通信サービスを提供する第四のMNO(携帯電話事業者)として本格的に参入しました。

しかし、参入したはいいものの時期が悪く、世間はコロナ禍にあり自粛ムード。市場は思いのほか冷え切っていたのです。

そして時は流れ同年5月27日。
楽天モバイルは意を決して、とんでもないバラマキキャンペーンを始めたのです(/・ω・)/

galaxy-a7-480x270-20200529

なんと、合計22000円払えば、『Galaxy A7』と26300円分の楽天ポイントが手に入るんだ!!!

maxresdefault-2


端末価格→18700円(税込み)
契約事務手数料→3300円(税込み)


上二つの支出はどうしても必要なものですが、逆に言えばそれ以外は無用な支出。

次に還元されるポイントについて見てみましょう。
Rakuten UN-LIMITを契約して楽天LINKアプリの認証を行った場合……

対象製品購入でポイント還元キャンペーン→15000P
事務手数料全額ポイント還元キャンペーン→3300P
オンラインでの契約→3000P

これだけで合計21300Pのポイントバック!!!

だが待ってくれ、驚くのはまだ早い(ミザエル風)。

現在、紹介者キャンペーンも実施しているので巧くいけば……

Rakuten UN-LIMIT 紹介者特典→3000P+α
Rakuten UN-LIMIT 被紹介者特典→2000P


初期投資に22000円掛かっているとはいえ、現在行われているキャンペーンを組み合わせるだけで、簡単に楽天ポイントで26300円分返ってくる計算です。

これでいて端末もしっかり手元に残ってくれるのだから……爆アドとはまさにこの事よ。

ちなみに管理人の楽天モバイルIDはこちら。
2020052718450
契約時に入力してくれると……とても嬉しい(ダイマ)


こんなにもキャンペーンでのポイント還元が凄まじいということは、Galaxy A7って実は意外と低スペ端末なんじゃないのと不安になってきますが、これがなかなかに悪くない性能。


Galaxy A7

基本仕様
OS種類 Android 9
CPU Exynos 7885
CPUコア数 オクタコア
内蔵メモリ 64GB
インターフェース microUSB
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
外部メモリ最大容量 512GB
バッテリー容量 3400mAh
画面性能
画面サイズ 6インチ
画面解像度 2220x1080
パネル種類 Super AMOLED(有機EL)
カメラ
背面カメラ画素数 メイン:約2400万画素|超広角:約800万画素|深度測位:約500万画素
前面カメラ画素数 約2400万画素
サイズ・重量
幅x高さx厚み 76.8x159.8x7.5mm
重量 168g
イヤホンジャック有
ハイレゾ対応
テザリング対応
SIM情報 SIMフリー (nano-SIM)


昨今のインフレ競争には置いていかれていて、『ザ・ミドルレンジ』という印象を受けますが、普段使いとしてなら十分なスペックと言えますねFPSや音ゲーをガチるには残念ながらノーチャン。

実機を触ってみても、有機ELディスプレイの沈むこむ様な黒はまるでブラウン管の様でとても綺麗です。なおデフォの赤色はゴミ。

おサイフケータイや防水機能が無い点はマイナス査定ですが、イヤフォンジャックがある点は個人的に高く評価。

あとは、他の格安SIMに鞍替え出来るSIMフリー機という点も見逃せないポイント。


また、今回実施されているこの大幅なポイント還元キャンペーンの適用条件は、『Rakuten UN-LIMIT』というプランに入ることが必須なのですが、このプラン自体も決して悪いプランではなさそうです。

データ容量5GB/月or無制限
超過後は最大1Mbpsで使い放題

国内通話かけ放題(楽天LINK使用時)

プラン料金
一年無料(2980円/月)


いつでも解約可能、解約手数料0円


基地局拡大中と言うこともあってか、一年目は月額無料でいつでも解約可は有り難い話。

まあ流石にMNP利用でメインの回線とするには不安材料が多々あったので、今回はテザリング目的で疑似Wi-Fiルーターとして契約してみました。

取り敢えずカバンに入れておくだけでも、一年間は5GB/月のデータ通信量を予備として持ち歩ける事になりますね。
これで、メイン端末に刺さっているSIMのデータプランを下げれば月々のお支払いも圧縮完了。
(´-`).oO(フハハハハ、せこいと節約は紙一重なのです)


管理人はサテライトに住んでいるので、活動エリアは軒並みパートナーエリア内のためデータ通信量は5GB/月となっていますが、都心部を中心に拡がっている楽天回線エリアであれば、データ通信量はなんと無制限。

……羨ましいですねぇ(遠い目)。


15913707053820
ケースとガラスフィルムはDAISOで調達。
最初のうちは「別に裸族でいいかなぁ」と考えていましたが、想像以上に滑りやすかったため取り急ぎ装着。

Galaxy A7用のサイズは無かったのでガラスフィルムはiPhoneXS MAXを、手帳型ケースはiPhonePRO MAXの物をそれぞれ試してみました。

ガラスフィルムの方は、やや横幅が足りない気もしますが割と満足いくサイズ感。

手帳型は、中のTPUケースがギリギリのサイズながらも一応装着可。

装着後、右側面のボリュームボタンと電源ボタンが非常に押しづらくなっていたため、該当部分をカッターで切り抜く作業を行いました。

ガラスフィルムはこれで問題なさそうですが、ケースに関しては労力と機能性を考慮すると、素直にAmazonなどで専用の物を購入した方が良いかもしれません。


後は無事ポイントが入ってくるのを待つのみ。
期間限定ポイントなので使い道は若干限られますが、まあ適当に楽天ブックスでラノベやゲームを買い漁るとしようヽ(*゚д゚)ノ