以前握っていた【ねじり世界火】の調整版、【らせん世界火】の紹介。フォーマットはモダン。


《世界火》
cardimage-8
このデッキの最重要カード。

互いのすべてのパーマネントを追放し、すべての手札墓地のカードを追放し、プレイヤーのライフをともに1点にする超弩級のリセットカードである。

普通に唱えると9マナと非常に重たいうえに、ただのデッキトップ勝負になってしまうため、有効的に使うために様々なコンボが考えられている。

このデッキでは、アーティファクト《呪文織りのらせん》を使ってマナコストを踏み倒しつつ、火力呪文と同時に唱える事による確定勝利を目標にしている。

《呪文織りのらせん》
cardimage-9
『刻印』を刻むアーティファクト。
このアーティファクトが場に出る際に、自分の墓地にある2枚のソーサリーカードをゲームから取り除いて、その後いずれかのソーサリーカードがプレイされた時にもう一方のソーサリーカードのコピーをプレイできる、というもの。

手間は掛かるが、実質3マナで《世界火》が撃てる夢のようなカードである。

例えば、墓地にある《世界火》《火柱》をゲームから取り除いたとして、その後に《火柱》を唱えた時に連鎖的に取り除かれたもう一方のソーサリーである《世界火》のコピーがプレイされる。

効果の解決順としては、プレイした《火柱》より先に、コピーされた《世界火》の方が解決される。
互いのライフが1点になったところに《火柱》の効果で直接ダメージが入るので、何も無ければそのまま勝利が確定する流れとなる。

似た効果である《呪文ねじり》比較した場合、こちらは無色の3マナと軽めであり、相手墓地に依存しないで済むためより勝負を決しやすい。

ただし、《呪文織りのらせん》は発動キーとなる呪文を用意しないといけない分やや手間が掛かり、また、パーマネントであるため妨害されるリスクも上がっている。


○クリーチャー
4 秘密を掘り下げる者/昆虫の逸脱者
3 スプライトのドラゴン

○インスタント
3 思考掃き
4 イゼットの魔除け

○ソーサリー
4 信仰無き物あさり
4 火柱
4 炎の突き
4 血清の幻視
4 世界火

○アーティファクト
4 呪文織りのらせん

○土地
7 山
7 島
4 硫黄の滝
4 蒸気孔


《秘密を掘り下げる者》
cardimage-1
cardimage-2
通称デルバー。
1マナ1/1のごく普通のクリーチャーだが、アップキープ時にデッキトップがインスタントかソーサリーなら飛行3/2に変身する有能。

コンボ成立までの時間稼ぎをしてもらおう。

《スプライトのドラゴン》
cardimage-3
イコリアで登場した期待の新人。

2マナ1/1で飛行速攻持ち。
クリーチャーでない呪文を唱えるたびに+1/+1カウンターが置かれていくので気が付けば無視出来ないサイズに成長していることだろう。

このデッキはインスタントとソーサリーを使って手札交換を繰り返すため、墓地に結構なカードが貯まっていく。相性はかなり良いはず。

《思考掃き》
cardimage-4
自分のデッキを2枚削りつつ、1枚ドローのキャントリップが行える。
墓地に《信仰無き物あさり》が落ちたら儲けもの。

《イゼットの魔除け》
cardimage-5
我らがイゼット団のカラーである赤と青、両方の特性を持った魔除け。
打ち消しと除去と手札交換の3種類から好きな効果を選べる利便さが魅力的。

《信仰無き物あさり》
cardimage
1枚分のアド損ではあるが、軽いマナで運用出来る手札交換札。
フラッシュバック持ちでもあるため、墓地から3マナで唱える事も可能。お目当てのカードのためにもガンガンデッキを掘り進めたい。

《火柱》
cardimage-6
ショックの亜種。
ショックと比べてソーサリータイミングでしか使えなくなった代わりに追放効果が付いている。

インスタントタイミングで使えない分使い勝手は劣るが、《呪文織りのらせん》で刻印出来るカードタイプはソーサリーのみであるためデッキとしての相性はむしろ良い。

《炎の突き》
cardimage-7
1点のソーサリー火力。
手札から使うと《火柱》の半分の威力しかないが、回顧があるので墓地からも唱える事が可能。
《信仰無き物あさり》で捨てても良し、《スプライトドラゴン》のカウンターを増やしても良しと小回りが効く1枚。

軽くて回顧持ちと、非常に扱いやすいソーサリー呪文。
《呪文織りのらせん》で世界火とともに刻印したいカードNo.1!!!

フレーバーテキストが何ともいい味を出している……。

《血清の幻視》
cardimage-10
青おなじみのドロー操作。渦まく知識の使えないモダンでは最強。

カードを引いた後に占術2を行えるため、最大2枚のデッキトップ操作が可能。
インスタントかソーサリーをトップにしておけば次のアップキープ時にデルバーが確定で裏返ってくれる。

《硫黄の滝》
cardimage-17
青か赤を生み出すチェックランド。

《蒸気孔》
cardimage-20
青か赤を生み出すショックランド。島と山の基本土地タイプを持っている。


まとめ
いつの間にか新カードやら再録やらで組みやすくなっていた世界火デッキ。
追放領域から唱える事の出来るカードも増えてきたので、そっち方面からのプランも考えてみたいところ。

(´-`).oO(また世界火を決めてみたいなぁ……)