およそ2ヶ月振りのウィクパに参戦してきました。

ウィクロス自体が久し振り過ぎて、もはや初手が何枚だったのかもおぼつかない感じでデッキの回し方もうろ覚え\(^o^)/

使用デッキはワールドエンド優羽莉。
参加人数は6人。最初は自分達グループの4人しか居ない状況でしたが、後から2名途中参加で何とかウィクパの体をなしていた状況。過疎ってますね。


1戦目:にじさんじ白(身内)
一緒に来た友人。
にじさんじ好きだからどうせにじさんじデッキを使用するであろうと推測し、月ノ美兎メタとしてヘルボロスをガン積みしてきたのさ。

(´-`).oO(エナに干渉させないヘルボさえ居れば、白エナで赤と青を支払う事ができないはずだ、ガハハ勝ったな!!!)

『月ノ美兎はカード効果をエナゾーンに及ぼしている訳じゃないので、ヘルボロスの妨害効果は受けませんよ?』

……なるほど確かに。あらためてしっかりテキストを読んでみると、そうとしか捉えられない\(^o^)/オワタ

d26c7da7-s

せっかく並べたヘルボロスは、サポーターキーの全ブッパを食らってキレイにお星様になりましたとさ。敗北!!!


2戦目:ピルルク青
途中参加組の一人、ピルルク使い。
今回のデッキもやっぱりピルルクでしたが、どうにも手札が事故っているようで、序盤の盤面でまともにシグニが三面並んでいない。
なんとか埋まっている面も、ワールドエンドで適宜デッキに戻してあげて、ボカスカ殴っていたら相手がレベル5に上がる前に投了。勝利。

終わったあとに話を聞いてみると、最近全くウィクロスを触っていなかったらしくウィクパが復活している事にも当日気付いたそうな。
リンカネのカードも入っていなかったので、まだまだデッキが調整段階だった様子。
まあ大会無いのにデッキ調整する気は確かに起きませんね、ぐう解る。


3戦目:エマ白緑(身内)
前回のウィクパでも戦った友人のワールドエンド大器晩熟エマ。

相手のデッキに対して何も知らない場合、割と死んでしまう理不尽なデッキだが、あいにく何度も手合わせした相手。
手札バウンスとデッキバウンスを多用してくると認識していたので、序盤からエナがしっかり残るように調整しながら立ち回りました

どうにかこうにか、牽制を重ねて晩熟を撃たせずに辿り着いた終盤、四炎楚歌ダイヤブライドアカズキンアルティメットレイドの布陣で一気にゲームエンドを目論むも、防御アーツを巧く使われあっさりと捌かれてしまう。

が、対友人のエマデッキメタとして採用した聖マルディウス教会が見事役割を果たし、相手側のラストアタックを完璧にシャットアウト!!!
首の皮一枚の勝利を得ました。


結果、2勝1敗。
負けはしましたが、全勝が不在だったらしく勝ち点でもOMWPでも3人が横並び。
自分含めた上位者3人にそれぞれコングラが渡されました。景品は懐かしのカヤッパでした。
DSC_0045


(´-`).oO(それにしてもウィクパ過疎ったなぁ……)