WIXOSSでは、ルリグの必殺技である「アーツ」にカットイン(対応)をさせるカードはこれまでのカードプールにはありませんでした。

そのせいでアーツを使ったロングショットや理不尽ムーブなどが生じるケースも多々あったわけですが、まあアーツを止めるアーツが存在したとしてもそれはそれでマズイので、なんだかんだ出なくて良かったーと個人的には思っています。

20210510_191444

ところが、新フォーマットであるディーヴァセレクションにおいて、これまでのアーツに代わって導入されたピース』に対してのカットイン要素が登場すると聞いて大変驚きました。

対戦時間の時短に成功した現行フォーマットで突如現れた新要素。
一体どんな調整をしてくるのか、隠されたテキストを少し予想してみたいと思います。


まず、書かれている使用タイミングに関しては、従来通りの「メインフェイズ」「アタックフェイズ」の二種類の表記のままであり、追加の文章でピースにもカットイン出来る事が記されています。
これはアタックフェイズに使用出来る効果を持つシグニ達とほぼ同じと見ていいでしょう。


この事から、オールスターで活躍した《ブルー・パニッシュ》などのモード選択式アーツの様に、通常運用可能なモードに加えピースにカットインした場合にのみ選択可能なモードがあるカード、と予想しています。

WX11-017

ではその場合、このピースでカットインした場合に、何が起こるのかがやはり気になるところです。

青アーツ《ブルー・パニッシュ》の場合であれば、チェックゾーンに置かれている対象のスペルを打ち消しつつ+αをブチかましてきましたが、同じ要領でチーム専用ピースをたやすく打ち消してしまったらぶっ壊れも良いところでしょう。

現状のカードプールにおいてチーム専用ピースは、エナ消費無しに1~3点を要求出来るパワーカードであり、積まない理由が無い程に強力で、チームを象徴するカードになっています。

ディーセレにおける必殺技であり、アニメでの印象も強いそんなカード達が、【きゅるきゅるーん】相手では紙切れ同然になる姿は、正直あまり見たくはありません。

というわけで、希望的観測込みで効果を推測するに、おそらくは、確定カウンターではなく不確定カウンター。
MtGでの《マナ漏出》の様な、「ピースにカットインした場合は、別途追加コストを要求するピース」ではないかなぁと自分は考えています。

cardimage-4

【きゅるきゅるーん】のアニメ内での立ち位置が嫌がらせに特化していたこともあり、邪悪さに天と地ほどの差はあれど、リメンバが受け持っていた追加エナの要求は思いの外しっくりと来るのではないでしょうか。


1.3エナ払わないとピース無効。
2.トラッシュから黒or白or青のカード回収
3.何らかのルリグアタック強化

などの3つのモードを搭載した、マルチプルなピースだと予想して本記事を終わります。


ちなみに、管理人が最もカードゲームで好きなカウンターカードはこちら。
『切札を返すためだけの切札』

na_02_saine_o_s_4

(´-`).oO(イラストが背中だけってのがまた最高なんだ)