コロナ禍により、集まるのが難しく疎遠となっていたウィクロス仲間の友人達と、およそ3年振りにボードゲームオフ会を開催しました。

参加人数は6人。直近の土曜日でしたが、まさかの全員参加可能という幸運からの滑り出し。

久し振りのオフ会ということもありノンストレスで遊べるようにと、スペースマーケット経由のレンタルスペースを利用したわけですが、トイレや流しやモニターに冷蔵庫などといった各種設備の整ったオシャレ空間で、非常に快適でした。

16689398813670
『光り輝く高輪〜ゲートウェイ』をプレイしている師匠(写真左)と弟子。


カラオケルームの場合は利用規約やら感染リスクなどの問題もあるので、今後も人数が集まる場合はレンタルスペースで良さそう。

(´-`).oO(スペースマーケットはいいぞ)


今回遊んだボードゲームは、6点。

・光輝く高輪アンリミテッドエターナルゴールデングレイテストスーパーストロングゲートウェイ(仮称)
手番が来るたびに駅名カードを足していき、長く延びていく駅名を一息で言っていくゲーム。

運の要素はほぼないので、滑舌と肺活量と周辺視が物を言います。

声に出してプレイするので感染予防対策にマスクはしっかりとつけましょう。

・そこまで絞るには眠れない夜もあっただろ
一時期ネット上で話題に挙がっていたやつ。
ステージに立つマッチョ達に、ボディビルでよく聞く掛け声(カード)をかけて応援するゲーム。

戦略性もありますが、基本ライブ感で突っ走るバカゲーです。

最初の頃、ウィクロスでボディビル大会やってたのを思い出して少し懐かしく思いました……。

・マケランディア
光陣営と闇陣営に別れて、相手の砦や城を攻め落とす協力型対戦ゲーム。

ゲーム開始時から自軍の城が敵陣に挟まれたりと運の要素も強いのですが、相手の動きを見て各人の手札を推察したり、味方との協力で相手の城をしゅんころRTAした時は熱かった。

・エレメンタルマスター
裏表に計8種類描かれている精霊を揃えていく、当てても数の減っていかない神経衰弱。

後半になればめくられたカードも増えていき連続召喚で高得点が狙えるものの、裏表に絵柄があるため記憶が混乱して想像以上に難しかった。

 ・タイムトラップ
カードの数字を選択して出す事で手札の枚数をうまくコントロールする大富豪型ゲーム。

今回自分は不参加でしたが、以前やった印象だと見た目よりも分かりやすくテンポよく進んでいくゲームだった覚えがあります。

 ・まじかる☆キングダム
身内間で『ハートオブクラウン』に並ぶ人気を誇る『まじかるシリーズ』の拡大再生産ゲーム。

これ以前の作品まではオフ会で遊べていたのですが、その辺りからコロナ禍突入したのでこの度ようやっとお披露目できました。

可愛いイラストに反したブラックユーモアとサイコロ運ゲーの超絶バランスが持ち味のまじかるシリーズでしたが、本作は非常に真っ当なゲームに仕上がっているので、参加者達も驚いていました。

TCGプレイヤー、特にセレクター諸君には刺さるところの多い作品なので是非遊んでほしいところ。

プレイ人数の都合上GMをしたのですが、ルール確認のインストに時間を取られてしまいゲーム途中で終了する形になってしまったので、次回はスムーズなゲーム進行を心掛けたいヽ(*゚д゚)ノ


およそ3年の空白で、多少他人行儀になってしまうかなと考えていたのですが、思った以上にみんな自然体で遊べたのには自分でも驚きました。
ゲームと違って蓄積された友情ポイントは減っていかない様子。

こういった縁は大事にしたいですね。