エア決闘者は思考する

遊戯王とwixossのカジュアル勢やってます。最近は専らWIXOSSメイン。机上の空論を武器に原作とファンデッキを語ります。

カテゴリ: デジタルゲーム

5月に発売されて以降コツコツやっていた『イース セルセタの樹海:改』をトロコンしました。

PS Communities_20190707_231214

PS4版ではイースⅧよりも後に移植された本作ですが、無印版の方はPSvitaで先に出ていました。
そのためか、全体的に完成度の高かったイースⅧと比べるとやや荒削りでこじんまりとした印象を受けました。

まあ荒削りとは言いましたが、システム面に不満があるわけでもなく、適度な爽快感とJRPGらしい王道で懐かしいシナリオで、ファンタジックな世界を十分に楽しめる良作です。

イースⅧ同様、操作キャラ全員良いキャラしていて愛着が湧くのも丁寧なシナリオ作りのであるがゆえ。良い仕事してますね〜。

PS Communities_20190707_231226
PS Communities_20190707_231223
女の子キャラも相変わらず可愛かったですね。
元気っ子や金髪ロングな王道ヒロインもいますが、やはり、本作のメインヒロインと言えば……


DysG8UNV4AICD1L
鈍器系ロリっ娘の《カンリリカ》ちゃんですよッ\(^o^)/

ぶっ飛ばしますよ(笑顔)
PS Communities_20190707_231220



いやぁ、9月に出るイースⅨもとても楽しみですねヽ(*゚д゚)ノ




鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)- PS4
スクウェア・エニックス (2019-08-22)
売り上げランキング: 246







【通常版】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S - Switch
スクウェア・エニックス (2019-09-27)
売り上げランキング: 10


本日配信開始の『Spicy Tails』さんのPSVR作品『Project LUX』プレイを開始しました。

PCVRで先に登場していたそうなので、知っている人は知っている良作だそうな。

これは期待に胸が踊ります。

IMG_20190703_190116

image0142

殺人事件の陪審員を務めることになるプレイヤーは、デバイスを利用して事件の被告であるエージェントの記憶を追体験するというもの。

人間が電脳化され、もはや生身の人間が珍しくなったその世界で、何故エージェントは彼女を殺さなければならなかったのか…。
その謎に迫っていく作品。

ライトなSFファンとしては心躍る設定です


この作品、VRのヘッドマウントディスプレイを、陪審員が記憶を辿るためのデバイスとして利用しているという設定が面白い。

HMDを被ることに意義を見出すとともに、目の前で何が起きたとしても、それは過去の出来事であって直接的に関与出来るモノではない……と意識付けをされるわけです

過去体験であるのなら、多少の不自由なんて無理なく容認出来ますよね。
VRの欠点を逆手に取る素晴らしいアイディア。

ゲームの設計がシナリオの設定部分とリンクすると、非常に没入感が増すと言う事は、デラシネが教えてくれました。

あそこまでの作品を期待するわけではありませんが、十分なポテンシャルは持っている。
そんなオーラを感じました。


PS Communities_20190703_223315
PS Communities_20190703_223319
PS Communities_20190703_223323


(´-`).oO(ルクスちゃん超あざと可愛いっ!!!!!)

こんな可愛い子を殺してしまうなんて、エージェントって奴は最低だな。絶対許せねえヽ(*゚д゚)ノ

6/7発売予定の『みんなのGOLF VR』の無料体験版が公開されました。

日本では5/21の配信日ですが、北米アカウントでは今日からダウンロード可能だったので早速プレイ!!!!!


PS Communities_20190509_205025
管理人はミルクティー好きなので実質イギリス人。例え英語が読めなくたって魂で感じてみせる(`・ω・´)キリッ

相変わらず日本はおま国状態ですが、まあクレーマー気質なんで後回しにされても仕方無いですよね〜。


PS Communities_20190509_205029
PSmoveを使用した場合、ゲーム中にトリガーボタンを押してタブレットを表示出来ます。

20ページに渡る注意事項や説明文が書かれていますが、良く分からないので絵で判断。


PS Communities_20190509_205033
受付のお姉さん。
これまでのアニメ調のキャラクターから大きく変えてきましたね。
戦略的にはアリだと思いますが、みんゴルと言えばコミカルな面が好きでもあったので、リアル志向過ぎるのもちょっと……。

丁寧なお姉さんも良いですが、サマレのちさとお嬢様の様なキャラクターも選択可能であれば個人的に嬉しい。

取り敢えずSkyrimの様なクリーチャーではなくて本当に良かった。


PS Communities_20190509_205036
モード選択画面。ほとんどの項目がロック状態。


PS Communities_20190509_205040
キャディを務めるらしいミユキさん。


PS Communities_20190509_205137
映像は綺麗ですが、ノーマルPS4だからか遠景がややボヤける。

体験版ではティーショットの位置に着くだけで、ショットを打つことは叶いませんでした。

打てなくても森の中を散歩くらいはさせて欲しかったですね。


PS Communities_20190509_205043
トレーニングモードは打ち放題。
アドレスに入った時のスクショです。


PS Communities_20190509_205048
ドライバーを振りかぶった瞬間。

スイングは座ったまま手首のスナップだけでも100%のパワーを出せましたが、続けてやると手首が痛くなるのであまりオススメ出来ません。

ルームスケールを確保出来るのなら、両手でムーブを構えて立ってプレイしたいところ。


PS Communities_20190509_205052
スイングの空振り。

トレーニングモードでは振ったクラブの軌跡が見えるので、スイングの練習が捗ります。


PS Communities_20190509_205056
みんゴルをプレイしていて一番好きな瞬間。

会心の当たりをした、ボールの軌跡を目で追うこの一瞬。堪らない。


PS Communities_20190509_205059
落下地点が遠すぎて良く見えないところが妙にリアル。


PS Communities_20190509_205103
クラブを前に突き出して決めポーズ!!!!


PS Communities_20190509_205107
トレーニングモードでは、打ちっぱなしの他にパットとアイアンの練習モードもありました。

ここからカップに沈めるまで何と4打も掛かりました。真っ直ぐ打つって結構難しいのです。


PS Communities_20190509_205111
目を凝らせば、シャイニングロードが見える。(見えない)


PS Communities_20190509_205115
バンカーショットの練習。

VRで観ると砂の質感がなかなか素敵でした。



PS Communities_20190509_205133
打ちっぱなしでの特訓の成果。
1Wで235y。

芯を喰って真っ直ぐ飛べばもう少しだけ飛距離が伸びそうな気もしましたが、手首が痛くなったのでここでギブアップヽ(*゚д゚)ノ



スクリーンショット混じりに感想を書き連ねましたが、体験版の評価は4.5星といったところ。
しっかり丁寧に作られていますが、みんゴルらしさが薄く何だか物足りない印象も受けました。

製品版ではアンロックされる項目も多いので、従来の派手でコミカルな演出も選択出来たら嬉しいかもしれません。

NewみんGOLのキャラクリは凄く楽しかったので、あちらもあるとなお良し!!!!!

いよいよ来週、MTGの新エキスパンション《灯争大戦》が発売されるわけですが、MTGアリーナでは先行で同エキスパンションをプレイ可能。素晴らしい!!!


今回は、史上初のプレインズウォーカー36人参戦と言うお祭り騒ぎのパック。日本人絵師の記念イラストも相まって凄いことに。

数多の変態PW達でデッキを推敲するも良し、愛憎入り混じった背景ストーリーを読みふけるも良し。
と、まさにエンタメ感溢れる内容になっています。

pw_jp_v2

(´-`).oO(記念サルカンを描いている絵師のlack氏は、WIXOSSでも見掛けますね)

デイリー消化ついでに、白単を回してみましたが、対戦相手が繰り出す新カードとのせめぎ合いがとても楽しかったですね。

白のカード以外はまるで調べていなかったので、新しいプレインズウォーカーを見るたびに、能力を確認して一喜一憂してましたヽ(*゚д゚)ノ



今回使ったデッキの紹介。以前の昇殿軸のアレンジです。

15564614964703

20 平地 (RIX) 192
4 不屈の護衛 (DAR) 14
4 アダントの先兵 (XLN) 1
4 短角獣の歩哨 (RIX) 23
1 キンジャーリの陽光翼 (XLN) 19
4 ベナリア史 (DAR) 21
4 議事会の裁き (GRN) 6
1 ギデオンの勝利 (WAR) 15
1 敬慕されるロクソドン (GRN) 30
4 空渡りの野心家 (RIX) 21
1 不可解な終焉 (RIX) 1
4 軍団の上陸 (XLN) 22
4 法ルーンの執行官 (WAR) 20
4 黒き剣のギデオン (WAR) 13


15564614591144
昇殿で飛行を獲得する1マナ2/1。

新弾の《高名な弁護士、トミク》も飛行を持っているため、枠があればそちらにスイッチしたいところ。
2マナ2/3で空飛ぶんだから最近の弁護士って凄いや。


15564614592620
普段は0/3の壁ですが、昇殿で3/3のアタッカーになれる有能。
昇殿無しでも赤単に対する壁として機能する。

また、防衛を持っているわけではないためパワー0で殴りにいって《軍団の上陸》の変身条件を満たす事も狙えます。


15564614590853
《空渡りの野心家》同様のマナレシオで、こちらは防御寄りの性能。

自身をリリースすることで他のクリーチャー1体に破壊不能を付与する事が出来るため、全体火力に対する保険に使えます。


15564614591486
灯争大戦に収録されているニューヒーロー!!!
わずか1マナで運用出来るタッパー。

基本スペックも1マナで1/2と悪くないサイズ。

防御に使う事ももちろん可能ですが、このデッキではとにかく相手のクリーチャーを横に倒して、こちらの攻撃を素通しさせる役目。

相手のウザい壁をすり抜けて全員でぶん殴って勝利を掴めっ!!!
(´-`).oO(こいつはモダンでも採用したい逸材)


15564614758592
貼るだけで絆魂持ちの1/1トークンを生成して、条件を満たせば特殊土地になってくれる便利屋。

1枚でパーマネント2枚分増えてくれるので昇殿と相性がとても良い。

終盤マナが余り始めたら、トークンを生成して遊ぼう。


15564614590322
本デッキのエース。
普段は1/1の低スペックだけど、殴る時は3/1のアタッカー。

ライフを4点払う事で破壊不能を獲得するため、除去とクリーチャー戦に滅法強い。


15564614591657
システムクリーチャーを除去したい時に使う札。
5枚目以降の《議事会の裁き》として採用しているので枚数は控えめ。

返された時のトークンのサイズが意外と大きいので自分の首を絞めない様に注意しましょう。


15564614590041
新弾のインスタント除去。この構図は強者感溢れますね。

新規PWのギデオンを4投したので試験採用中。
布告系カードとしては珍しく、2枚除去れる可能性があるので役に立ってくれる……はず。


15564614588920
空飛ぶ《威圧する君主》
1枚しか持ってないので1積みだけれど、今更作りたくないのでそのまま。

突っ立っているだけで、相手のクリーチャーが寝てくれるのでこちらの攻撃がガンガン通ります。

生物で3マナはこのデッキでは最重なので、今後は《法ルーンの執行官》という新参者に立ち位置を奪われそうですね。


15564614591889
白単の生命線。昇殿との相性も最高。

貼るだけで2/2トークンが2枚。3ターン目には4/3で殴りかかる。

ペタペタ適当に貼るだけで強いぞヽ(*゚д゚)ノ


15564614592851
遂にうちの白単にもプレインズウォーカーが加入!!!
3マナで貼れるPWって偉大だね!!!!!
神話レアワイルドカードを一気に砕いて4投しました。

召喚酔いはするけれども、自分のターンには常に4/4の破壊不能クリーチャーとして大活躍してくれます。
相手ターンにはプレインズウォーカーに戻るので、クリーチャーに対する除去を受けにくい点もとても嬉しいのです。

忠誠度を増やす能力も強力で、ターン終了時まで他のクリーチャー1体に警戒or絆魂or破壊不能を付与するもの。

《アダントの先兵》に絆魂を付与するのが一番まるいか。

忠誠度大マイナス能力はパーマネントの追放。
派手さはありませんが普通に強いので、相手の攻撃の的になってくれるはず。


15564614591355
召集持ちの除去札。
クリーチャーを横に並べるこのデッキでは2マナくらいで撃つ事もしばしば。

エンチャント除去で返されるリスクはありますが、パーマネントとして残ってくれる点も昇殿と好相性。

新弾で増えるであろうプレインズウォーカーを飛ばせるため、頼もしい存在。


15564614591798
みんなの頼れる象さん。
ウィニーデッキにとって5マナはあり得ないくらい重い札ですが、召集を持っているため意外と余裕。

本体のサイズも4/4で大きい上に、召集に使ったクリーチャーに+1/+1カウンターを置くオマケが付いています。

若干のテンポロスは生じますが、並べながらクリーチャーを強化出来る点は大きな長所。

積みすぎても事故るので控えめに1枚の採用。
(´-`).oO(実は1枚しか持っておりません……)


・まとめ
ギデオンのおかげで全体除去には多少強くなりましたが、相変わらず他のサイズは小さいまま。
黒のマイマス修正に無力な点が悩み。

スタンに《悪鬼の狩人》くださいな。

aed6fe2c-a212-491a-870d-f55968ba6d85

今日は、『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』の発売日。

詳しくは→こちら

20181220-edfir-02

地球防衛軍の番外編の様な作品とのことでしたが、実際にプレイしてみると想像とは大分違った印象。

開発会社が違うので当然と言えば当然ですが……地球防衛軍を下敷きにした別ゲーですわコレヽ(*゚д゚)ノ

「似て非なる」と言う言葉がしっくり来るので、従来の作品に愛着が強い人ほど拒絶反応は出るかもしれませんね。

僕個人としては、地球防衛軍4.1から入ったにわか勢なので普通に楽しめています。

まあ、ヘタの横好きには難しめな難易度なので、ハードは早々に挫折しノーマルでミッション4までクリアしたところです。



パブリッシャーは一緒でもデベロッパーが違うと、方向性も変わるものだなぁと実感しますね。
(´-`).oO(勇……ネプ……?!うっ、頭がッッツ!!!!)

このページのトップヘ