エア決闘者は思考する

ボドゲやTCGを中心にゆる〜く語るカジュアル勢。

カテゴリ: 漫画・アニメ関係

18av2
※うずらインフォさんより転載


・あかねさす少女
オリジナルアニメ。
パラレル世界、都市伝説など心躍るキーワードがちらほら。

シナリオ原案がever17極限脱出シリーズの打越鋼太郎さんなので取り敢えず視聴予定。
そして何よりサガシリーズで有名な伊藤賢治さんのメインテーマが熱い。
が、ソシャゲとのメディアミックス?という部分に一抹の不安を抱える。

BSでやってくれない点も厄介ではあるが、ANIMAX on PlayStationで放送してくれるらしいので問題無し。

持ってて良かったPS4ヽ(*゚д゚)ノ


・RErideD−時越えのデリダ−
オリジナルアニメ。
WIXOSSでおなじみの伊藤卓也監督に加え、灰羽連盟で有名な安倍吉俊さんがキャラ原案とプロット脚本を手掛けるとくれば、これはもう観る以外の選択肢がありません。

タイムトラベル物は好物なので、期待大。


・色づく世界と明日から
オリジナルアニメ。
タイトルとPVの雰囲気が良かったので視聴予定。


・ラディアン
フランスで有名な漫画のアニメ化とか何とか。
ジャンプで連載しているアレとかマガジンで連載していたアレとかに良く似た雰囲気を醸し出している。

PVを観た限りだと古き良き王道漫画っぽさが伝わって来る。テンプレと言えばテンプレ。けどそれは、別にマイナスファクターではないと自分は信じている。

内容も知らずに勝手ながらも、深夜アニメにありがちなメタ的な視点を排除した、純粋に熱い話を期待したい。

そんな作品がたまには観たいのです。


・SSSS.GRIDMAN
90年代にやっていた(らしい)特撮ヒーロー物のリメイク作品。

最近どこかで薦められた気がするので取り敢えずの視聴候補。

ストーリーを読んでみたところ、時代がようやっと追い付いた感じで実に面白い。


・INGRESS THE ANIMATION
ポケモンGOのプロトタイプとも言われるスマホアプリINGRESSのアニメ化。

ポケモンGOが出る以前に、少しの間やっていた時期もあったので一応。

田舎だとロクなポータルが無くて散々でした……。



とまあ、こんな感じでいつも通り大作アニメはスルー。ロボ成分は薄いがSFは割とあったので個人的には豊作のクール。

夏アニメからの継続視聴は、シンカリオンと遊戯王Vrains。

遊戯王はともかく、シンカリオンは毎週毎週が最高にエモい。


プラレール 新幹線変形ロボ シンカリオン DXS01 シンカリオン E5 はやぶさ
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2017-12-28)
売り上げランキング: 66

プラレール 新幹線変形ロボ シンカリオン DXS06 シンカリオン H5はやぶさ
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2018-04-26)
売り上げランキング: 1,060

15346795177180

かつてブレイドで連載していた漫画家『中西達郎』先生が、いつの間にか出していた同人ゲーム『ロボットチェス 体験版』をプレイし終えました。


…………

……………………

………………………………

やはり、中西達郎先生は期待を裏切らなかった!!

漫画書かないで何をしているのだろうと思っていたけれども、面白い作品を作ってくれていたのでいつまでも待つことにしました。熊倉先生についても同じ。


『ロボットチェス』は中西作品のクロスオーバー的コンパチキャラが織り成すファン向け寄りの作品。
過去作を知ってると知らないとでは大分印象が変わりそうなのが残念なところ。

人物画は相変わらずイマイチでしたが、作中の随所に中西節とでも言うべき味がしっかりと出ていて、「これだよ、これ」とプレイ中に何度も呟いてしまった。

ラストシーンは、予想が付いていたにも関わらず熱い展開にただただ震える。BGMがまたいい仕事してるんだーヽ(*゚д゚)ノ



これとは別に、最近行われたコミケ94にてデビュー作『ドリムゴード』の続編である『禁書ゴードハード』を販売したと聞いて、入手出来ずに打ちひしがれていましたが、幸いにもBoothの通販でも取り扱うらしいので一安心。

ホント良い時代になったものです。

今年の五月の始めくらいにスタートしたOCNモバイルONEのMUSICカウントフリーサービス。

管理人も主に『GooglePlayMusic』で利用しています。

そのカウントフリーサービスが、この度トライアル版から本格提供にシフトするそうです。
もちろん追加料金などは必要無し。

Excellent!!!


過去にも一度記事にしたわけですが、正式サービス化したということで、改めてのご紹介。


music_main_sp

例によって、あくまでもストリーミングサービスなどの通信量がカウントフリーになるだけであって、サービスの契約がタダになるわけではありません。

それでも無料で利用出来るサービスもあるので、巧く使いこなせればとてもお得感ある良いオプションとなっております。
流石は僕らのOCNだヽ(*゚д゚)ノ

logo_spotifylogo_googleplay_musiclogo_amazon_musiclogo_dhitslogo_recochokulogo_hikaritv_musiclogo_awa




特に注目したいサービスは『Spotify』『Google Play MUSIC』『amazon music』ですね。

logo_spotify『Spotify』さんと言えば、今では音楽ストリーミングの最大手。
PS4のStoreを眺めているとEGOISTやらの広告を良く見掛けますよね?そう、アレです。

イースや軌跡シリーズで有名な日本ファルコム作品。
15322554033772

アルトネリコやアトリエなどと言ったガスト系列の作品。
15322554033953


Bloodborneやアサクリなどコアゲーマー向け作品のサントラもある模様。
15322554033461

イースⅧのBGMを聴くだけでダーナへの想いが込み上げて来ますね……。イースⅧは神ゲー。

PS系ゲームのサントラだけで個人的には充分至極なんですが、ロボアニメの主題歌やRoselia含むガルパ曲などのアニソンもかなり充実しています。

今もっとも熱いロボアニメ『シンカリオン』のOPも当然の如くありました。
シンカリオン何処にでも居るなぁ……。

無料会員の場合はシャッフルプレイしか出来ない点がもどかしいですが、ある意味サブカル音楽に浸るには持ってこいの縛り&サービス。

いやはや……いい時代になったものですな。




logo_googleplay_music『Google Play Music』さんと言えば、GooglePlayStoreで買った曲を聴く時に使う印象が強いですが、手持ちの音楽データをアップロードしてストリーミング出来るロッカー機能がMUSICカウントフリーと好相性。

自前のCD等から取り込んだ音源をPCのChrome経由でアップロード、後はスマフォのアプリで聴くだけ。

アプリ自体のUIはお世辞にも有能とは言えませんけれど、端末のストレージを圧迫することなく何千曲と持ち運べる利便性の前には些細な事。

格安SIMでは躊躇しがちなストリーミングサービスなだけに、カウントフリーがもたらす恩恵は計り知れません。



logo_amazon_music『amazon music』さんはAmazonプライム会員のみ利用可能なサービス。

残念ながら僕がプライム会員になったのはつい先週の事なので、このサービスについて語れることは何もありません。

でもまあ、きっとAmazonだからスゴイはずヽ(*゚д゚)ノ





ちなみに管理人の現在の通信費は

○OCN音声SIM
3GBプラン→1800円
トップ3かけ放題→850円
OCN光モバイル割→マイナス200円

併せて→月々2450円

○OCN光
月々5100円

○PlayStation plus会員
月々300円(割引込み)

以前はBOOKWalkerにも入っていましたが、タブレットが壊れたのをきっかけに解約済み。

amazonプライムはFireHD8を買う為に無料体験中だけど、多分切ることになりそう。
プライムビデオのメリットは大きいものの、積みゲーが多い現状ではアニメの優先度は低い……無念。

Spotifyの有料会員になるかどうかが最近の悩み。

今期完走予定はコンフレとロストソングとキャプ翼の3作品。

今期はロストソングの最大瞬間風速を体験出来たのが一番の収穫でした。

(´-`).oO(さて、来季はどうなっているのか)

18smv1
※うずらインフォさんより転載


・プラネットウィズ
『惑星のさみだれ』と『スピリットサークル』の作者である水上悟志先生が関わっている。
これだけで個人的には期待大。


・ハイスコアガール
原作途中まで既読済み。
ゴタゴタ騒動はありましたが、まあ円満解決したようで何より何より。
ゲーマーあるあるが面白いんですが、ラブコメ要素も主軸に楽しめる作品。

アニメでも怒首領蜂を紹介して欲しいなぁ……。




うーむ、来期の視聴予定が思ったより少なくて、この記事作る意味があったのかそもそも疑問。

今期からの継続はパンドーラとブレインズとシンカリオン。

あとは……ISLANDとゾイドワイルドが候補に挙がりますが、観る時間を確保出来るか微妙。積みゲー消化が追い付かない……。

ダブル主人公の歌販促アニメ作品だと勝手に思い込んで、ボーっとながら見していた『LOST SONG』が7話と8話で大化けしました。
いや、これはもっと初めから真面目に観ておけば良かったと、ひたすらに後悔です。


考察が楽しくて仕方ない作品は久し振り。これだからオリジナルアニメってのは面白い。

オカルティックナインの構成をやっていただけあって、森田と純平さんの脚本は流石であります。


それにしても、一見クソアニメっぽい雰囲気のせいで全く伏線に気付かなかった点が悔やまれる。
もっと作品を信じていたら良かったんですね。

これほど冒頭から散りばめられていた伏線による違和感を全てスルーしてしまっていたとは、鈍感を通り越して情けない。

着地点がどうなるかは読めなくなっているので、取り敢えずは期待しながら様子見。
53ec4b71

このページのトップヘ