エア決闘者は思考する

ボドゲやTCGを中心にゆる〜く語るカジュアル勢。

カテゴリ: アナログゲーム


0001-1200x675




現在管理人がもっとも興味を惹かれているもの。

ゲートルーラーでしょうか?

いいえ、「Project:;COLD」、またの名をみやまん謎解きです。

ネット中を巻き込んだ、社会実験的なリアルタイム謎解き。ココロが弾みますね♪


さぁ、謎を探しにいきましょうヽ(*゚д゚)ノ


001

STORY

夕焼け。放課後。学生最後の文化祭。

クラスを仕切るのは、名前も忘れたあのモブ。


2005年。郵政が民営化され、「野ブタ。をプロデュース」のドラマがヒットしていた頃。
高校3年生の磯部は、最後の文化祭にも心躍ることもなく、教室の片隅でひとりホムペを更新していました。「おれが好んでいる音楽やマンガを理解できる人間は、このクラスにいない。」


そして現代。オリンピックが延期され、未曾有の事態に国民が困惑していた頃。磯部は30歳を過ぎて尚、かつての同級生の活躍を妬み、部屋のベッドでひとり陰惨なブログを更新してます。「おれはいつ、どこで間違ったんだろう…」


これは、現代にいるあなたが、2005年の彼を文化祭のヒーローにするプロジェクトです。 「Butterfly Rescue」から支給された特殊なアプリを駆使し、2005年当時の彼のケータイ電話をハッキング。彼にばれることなく、ホムペの波をかきわけ、友人にメールし、過去を編纂してほしいのです。


与えられた時間は、7日間。
最高の青春を送らせることで、彼の荒んだ現在を変えられるのは、あなたしかいない。



Amazonで注文していた、「ENDROLL」さんの体験型ARゲーム「ガラパゴスの微振動」が本日到着しました。



DSC_0086
ゲームキットの入った封筒。オシャレ。

DSC_0087
裏面(表)もオシャレ。
プレイヤーへ郵送された、という演出なのでしょうか?
気に入ったかって?
えぇ、もちろん大好きですヽ(*゚д゚)ノ

DSC_0088~2
本ゲームの説明と「TIME EDITOR」会員カードの実物。
プレイヤーは「TIME EDITOR」という組織に志願して、過去を編纂することを目的としているようですね。


右の封筒には細かいゲームキットが入っているのですが、ネタバレ防止のために取り敢えず今はここまで……。


スマートフォンとAR技術、そしてアナログなキットを組み合わせて遊ぶ、新感覚の体験型ゲーム。

クラウドファンディングの時から気になっていたのですが、コロナ禍の多忙ですっかり忘れていました。

フォーントリガーシステムの「Steins;Gate」しかり、PlayStationVRの「Déraciné」しかり。
いくつもの逡巡を経て自身が能動的に行動を選択するタイムリープ作品は、通常それよりも没入感が強く格別である。というのが管理人の持論です。


物語と現実の7日間を、リアルタイムで駆け抜けるという「ガラパゴスの微振動」

他では味わえない素敵な体験を期待しています。



今月の11/14~11/15に開催される『ゲームマーケット2020秋』にてDomina gamesさんの新作「Diletto」が発売されるそうです。

20201105_223701


(´-`).oO(今回の表紙は管理人イチ推しのミカたん……可愛い)

「Diletto」の前作にあたる「Eresia」は、舞台設定とシステムとの優れた親和性が特徴的で、特に密告システムが身内間で高い評価を得ていました。

シンプルながらも洗練された騙し合いを今作にも期待したいところ。


また、「Eresia」では勝利点以外での特殊勝利である真EDの存在も、独特な駆け引きを生みだす重要なファクターに感じたので、そちらの方も継承されていたら大変嬉しいですねヽ(*゚д゚)ノ

(´-`).oO(ゲームマーケットで販売されるミカのスリーブがとても欲しい……)

管理人がイチオシしているMAGIさんの『まじかる☆ベーカリー』シリーズが、最近『おめがシスターズ』さんとのコラボをやっておりまして、この度そのコラボカードのプレゼントキャンペーンで、見事当選を果たしました。イエイ、やったぜヽ(*゚д゚)ノ

DSC_0038

地方に住んでいて、ショップ配布には参加出来なかった事もあり、この当選は本当に嬉しい限り。
シリーズ全作買ってて良かった良かった。

キャンペーン応募のリツイート画像の背景に、こっそりゲムマ限定エコバッグを写したところが案外決め手だったのかもしれない。
もしそうであれば、ゲームマーケットでエコバッグを貰ってきてくれた友人に改めて感謝ですね。


今回頂いたカードは、シリーズ初代の『まじかる☆ベーカリー』で使用出来るカード。
コラボカードらしい、実にユニークなテキストを持っています。

なんと、パンの焼き上げに成功した場合、他の早退したプレイヤー全員に最寄りのコンビニにパンを買ってこさせるというイカれた効果を持っています。

Screenshot_20200916-195124_1

まあ当然それだけではボードゲームの枠を越えてリアルファイト確定なので、現実的な落とし所として、持っているごほうびチップ(勝利点)の半分を頂戴するという選択肢も用意してあります。


相手にパンを買ってこさせるという暴挙。
MtGの有名なアングルード(ジョークパック)のカード《アシュノッドのクーポン券》を思い出させる実に馬鹿げた効果ですね。正直大好物です\(^o^)/

9c5100a4-s
(T),Ashnod's Couponを生け贄に捧げる:プレイヤー1人とドリンク1本を対象とする。そのプレイヤーは、そのドリンクをあなたのために取ってくる。
エラッタ:あなたはそのドリンクに必要なあらゆるコストを支払う。



『まじかる☆ベーカリー』シリーズは、ボドゲガチ勢向けというよりはライト層向けで、ネタの通じる身内間で遊ぶと大変盛り上がるとてもお気に入りのシリーズです。

作品毎にゲーム性がガラリと変わるのも特徴で、個人的には4作目の推理ゲー『まじかる☆ベーカリー 反逆の魔法少女』が好み。
最終ラウンドにおいて、相手側の切り札ダークソウルの魔法を、こちらの切り札ライトニングで打ち砕いて、見事トゥルーエンドに到達した時は大盛り上がりでした。

5作目の『まじかる☆ベーカリー 今日から財閥っ!!』は、購入してはいるもののコロナ禍の影響で未だプレイに至っておらず……。

(´-`).oO(また何の憂いなく、ボドゲでワイワイ遊びたいものである……)


IMG_20200520_184458


ここは永遠の春の香りが包み込む美しき大地。

白亜の城に住まうものたちのもとで、街は大いに栄えています。

しかしその地で学生として暮らすあなたは 恵まれた日々に退屈を感じていました。

ある日、あなたは学校の廊下にポツンとぬいぐるみが落ちている事に気が付きます。

あなたが奇妙に思ってそれを拾い上げると、なんとぬいぐるみが喋り始めるではありませんか 。

最初は驚いたあなたですが彼の知性とユーモアに惹かれ、時折会話をする仲になりました。

そしてある夜、彼がこんなことを言い出しました。

「廃墟に行ってみなよ。面白いものが沢山あるんだ」

 

けれど廃墟への立ち入りは厳しく禁じられていたはず。

彼方の夜空のもと、無人のはずの廃墟の中で影が揺らめいた気がしました。

学生であるプレイヤーの目的は、望みを叶える為に誰よりも早く優れた成績を収める事です。

成績は学校で授業を受けたり、街で習い事をすることで上がっていきます。

また事前に計画を立てることで、同じ行動でもより効率よく成績が上がるようになります。

学校を首席で卒業することが出来れば、明るい未来が待っているでしょう。

 

山の彼方に廃墟が見えます。聞くところによると、その奥には何やら面白いものがあるとのこと。

しかし、そこに立ち入ることは固く禁じられています。

それでも好奇心に従って廃墟に向かうのであれば、決して気付かれてはなりません。

密告されれば連れ戻されてしまいますよ。



今回は、『Blade Rondo』でおなじみのDOMINA GAMESさんの新作ボードゲーム『Eresia』のご紹介。


公式サイト



15903233251174
相変わらず美しいパッケージデザインとコンポーネントですね。

眺めているだけで、所有欲を満たしてくれます……。


今作のプレイ人数は2~5人でプレイ時間は10~20分が目安となっています。


外出自粛中にその真価を発揮した『Blade Rondo』のソロプレイモードの類は『Eresia』にはありません。

最低一人は友人を掴まえましょう。


15903233249010

プレイヤーの分身となる学園の生徒達です。


誰を選んでもゲーム内容に差は生じませんが、カード裏面にはゲーム勝利時の個別エンディングが記述されています。


彼女達の成績(勝利点)を高めていき、10点に到達したプレイヤーがこのゲームの勝者となります。

相棒の生徒とともに輝かしい未来を勝ち取りましょう。


ちなみに管理人は真ん中に居る金髪《ミカ》がお気に入り。


15903233250552

舞台となるゲームボード。

左から《学校》《図書館》《街》《森》《廃墟》となっています。


プレイヤーは、手札の《活動カード》を使用して勝利点を稼いでいくわけですが、手札を使う代わりに現在居る施設のエリア効果を利用する事も可能。

戦局を見極めて移動しましょう。

特に《密告》のエリア効果を持つ《学校》は非常に重要です。


森や廃墟ではより魅力的な《活動カード》が使えるようになるわけですが、その分他のプレイヤーに《密告》されるリスクを背負います。


廃墟に向かうなら何食わぬ顔で!!!


15903233250703

普通の《活動カード》達。


左上のアイコンはそれぞれ同じ絵柄のエリアに対応している事を示しています。

対応しているカードをそのエリアで使用する事で、ゲームの勝利点である《成績》を獲得出来ます。


また、アイコンの無い《駆け足》はどのエリアでも使用出来る特殊な《活動カード》です

廃墟に向かう不審な生徒を見掛けたら、ダッシュで学校に戻り《密告》してやりましょう。


15903233249921
右上にForbidden(禁断)と書かれた不穏な《活動カード》達。


通常のカード達と比べて強力な効果を秘めていますが、他プレイヤーに《密告》されてしまうと手札から捨てる事になる強烈なデメリットが存在します。

特に《鍵》のデメリットは致命的で、密告のボーナスとして相手の勝利点が+2点されて自分の勝利点が−1点されてしまいます。


成績+3点は確かに魅力的ですが、廃墟に近づくつもりが無いのであれば、さっさと手放してしまった方が安心です。


ただし、しっかりと《計画》を立てた上で《鍵》を廃墟で使用する事に成功すれば、個別EDとは別に存在する真のEDへの扉が開かれます。


テストプレイでは残念ながら達成する事が出来ませんでしたが、いつかは決めてみたいところ。

(´-`).oO(この真EDの存在、個人的に大好きです!!!)




時間の都合でまだプレイ回数も数える程度ですが、一緒にプレイした友人達からの評価も上々で、とても楽しい一時を過ごせました。


可愛いデザインとは裏腹に、手番時の択が多い時は長考したくなるし、廃墟へ向かう時の駆け引きがなかなかにシビアで程よい緊張感がありました


まだまだ苦しい社会情勢ですが、こんな時は屋内で遊べるボードゲームで乗り切っていきましょーヽ(*゚д゚)ノ

このページのトップヘ