エア決闘者は思考する

ボドゲやTCGを中心にゆる〜く語るカジュアル勢。

カテゴリ: MTG


いつのまにかカルドハイムのフルスポイラーが出ていたのでのんびりと眺めていたら、とんでもないカードを目の当たりにしました


jp_6YmpFcBxDJ


獰猛なるハヤブサよ。
激戦を切り抜けしその翼翻し 寄せ来る敵を打ち破れ!

1マナ1/2!
飛行!!
先制攻撃!!!

おいおい、なんだいこの鳥。めっちゃつつくぜいヽ(*゚д゚)ノ


いや、これまでも飛行絆魂を持つ鳥はいたけどもさ、タフネス2で先制攻撃持ちは強かろうよ。

えっ、強くて不満かって?

冗談じゃない、白のカードなんだから当然4積みだよ\(^o^)/


見えてる他の白のカードもつよつよだから、次の環境は白単デッキを握ることにするよ!!!

jp_pHP8rjVHdn
jp_NiKiZx15j9
jp_WQz35wHOX3
jp_QlhJc9gmlv
jp_jx2ZEJi8XJ
jp_n8NBR6SAzg

(´-`).oO(兵員の結集とシグリッドがマジでヤバい……)

遂に、MtGアリーナがスマートフォンでも出来る日が来ました。

これまでいちいちPCを起動させて姿勢良くプレイしていたわけですが、これからは気軽に寝っ転がりながらマジック・ザ・ギャザリングで遊べるわけです、最高じゃん!!!


ちなみに今回の1/28のアーリーアクセスはandroid版のみということ。
残念ながらiOSの方はもうしばらくの辛抱といったところですね。


また、懸念される点として、アリーナの要求スペックであるsnapdragon845が意外と高めであるという点があります。

スナドラ845は、一昔のハイエンド端末に搭載されていたCPUであり、antutuのスコアも250000〜300000くらいは叩き出します。

最近は端末スペックよりも、コスパに重きを置くユーザーも多いと思われるので、費用対効果で選んだ端末でもしっかり動いてくれるかどうか、若干の心配があります。

例にもれず、管理人の愛機であるXperia 10 Ⅱはミドルレンジのスマートフォン。
搭載しているCPUもsnapdragon 665であり、antutuは175000ほどしかありません。

デュエルリンクスは軽快ni動くんだ、頑張れXperia 10 Ⅱちゃん!!!

(´-`).oO(あぁ、ちゃんと動くかどうか非常に心配……)

次弾では、とても良い白のカードが来てくれるそうなので、是非ともモバイル版で遊んでみたいですなぁヽ(*゚д゚)ノ

jp_jx2ZEJi8XJ
jp_n8NBR6SAzg
(´-`).oO(白単人間ウィニー復権じゃぁあああ!!!!!)


以前握っていた【ねじり世界火】の調整版、【らせん世界火】の紹介。フォーマットはモダン。


《世界火》
cardimage-8
このデッキの最重要カード。

互いのすべてのパーマネントを追放し、すべての手札墓地のカードを追放し、プレイヤーのライフをともに1点にする超弩級のリセットカードである。

普通に唱えると9マナと非常に重たいうえに、ただのデッキトップ勝負になってしまうため、有効的に使うために様々なコンボが考えられている。

このデッキでは、アーティファクト《呪文織りのらせん》を使ってマナコストを踏み倒しつつ、火力呪文と同時に唱える事による確定勝利を目標にしている。

《呪文織りのらせん》
cardimage-9
『刻印』を刻むアーティファクト。
このアーティファクトが場に出る際に、自分の墓地にある2枚のソーサリーカードをゲームから取り除いて、その後いずれかのソーサリーカードがプレイされた時にもう一方のソーサリーカードのコピーをプレイできる、というもの。

手間は掛かるが、実質3マナで《世界火》が撃てる夢のようなカードである。

例えば、墓地にある《世界火》《火柱》をゲームから取り除いたとして、その後に《火柱》を唱えた時に連鎖的に取り除かれたもう一方のソーサリーである《世界火》のコピーがプレイされる。

効果の解決順としては、プレイした《火柱》より先に、コピーされた《世界火》の方が解決される。
互いのライフが1点になったところに《火柱》の効果で直接ダメージが入るので、何も無ければそのまま勝利が確定する流れとなる。

似た効果である《呪文ねじり》比較した場合、こちらは無色の3マナと軽めであり、相手墓地に依存しないで済むためより勝負を決しやすい。

ただし、《呪文織りのらせん》は発動キーとなる呪文を用意しないといけない分やや手間が掛かり、また、パーマネントであるため妨害されるリスクも上がっている。


○クリーチャー
4 秘密を掘り下げる者/昆虫の逸脱者
3 スプライトのドラゴン

○インスタント
3 思考掃き
4 イゼットの魔除け

○ソーサリー
4 信仰無き物あさり
4 火柱
4 炎の突き
4 血清の幻視
4 世界火

○アーティファクト
4 呪文織りのらせん

○土地
7 山
7 島
4 硫黄の滝
4 蒸気孔


《秘密を掘り下げる者》
cardimage-1
cardimage-2
通称デルバー。
1マナ1/1のごく普通のクリーチャーだが、アップキープ時にデッキトップがインスタントかソーサリーなら飛行3/2に変身する有能。

コンボ成立までの時間稼ぎをしてもらおう。

《スプライトのドラゴン》
cardimage-3
イコリアで登場した期待の新人。

2マナ1/1で飛行速攻持ち。
クリーチャーでない呪文を唱えるたびに+1/+1カウンターが置かれていくので気が付けば無視出来ないサイズに成長していることだろう。

このデッキはインスタントとソーサリーを使って手札交換を繰り返すため、墓地に結構なカードが貯まっていく。相性はかなり良いはず。

《思考掃き》
cardimage-4
自分のデッキを2枚削りつつ、1枚ドローのキャントリップが行える。
墓地に《信仰無き物あさり》が落ちたら儲けもの。

《イゼットの魔除け》
cardimage-5
我らがイゼット団のカラーである赤と青、両方の特性を持った魔除け。
打ち消しと除去と手札交換の3種類から好きな効果を選べる利便さが魅力的。

《信仰無き物あさり》
cardimage
1枚分のアド損ではあるが、軽いマナで運用出来る手札交換札。
フラッシュバック持ちでもあるため、墓地から3マナで唱える事も可能。お目当てのカードのためにもガンガンデッキを掘り進めたい。

《火柱》
cardimage-6
ショックの亜種。
ショックと比べてソーサリータイミングでしか使えなくなった代わりに追放効果が付いている。

インスタントタイミングで使えない分使い勝手は劣るが、《呪文織りのらせん》で刻印出来るカードタイプはソーサリーのみであるためデッキとしての相性はむしろ良い。

《炎の突き》
cardimage-7
1点のソーサリー火力。
手札から使うと《火柱》の半分の威力しかないが、回顧があるので墓地からも唱える事が可能。
《信仰無き物あさり》で捨てても良し、《スプライトドラゴン》のカウンターを増やしても良しと小回りが効く1枚。

軽くて回顧持ちと、非常に扱いやすいソーサリー呪文。
《呪文織りのらせん》で世界火とともに刻印したいカードNo.1!!!

フレーバーテキストが何ともいい味を出している……。

《血清の幻視》
cardimage-10
青おなじみのドロー操作。渦まく知識の使えないモダンでは最強。

カードを引いた後に占術2を行えるため、最大2枚のデッキトップ操作が可能。
インスタントかソーサリーをトップにしておけば次のアップキープ時にデルバーが確定で裏返ってくれる。

《硫黄の滝》
cardimage-17
青か赤を生み出すチェックランド。

《蒸気孔》
cardimage-20
青か赤を生み出すショックランド。島と山の基本土地タイプを持っている。


まとめ
いつの間にか新カードやら再録やらで組みやすくなっていた世界火デッキ。
追放領域から唱える事の出来るカードも増えてきたので、そっち方面からのプランも考えてみたいところ。

(´-`).oO(また世界火を決めてみたいなぁ……)

友人がYoutubeのMTG動画にハマったらしく急にパックを購入しはじめたので、ついでとばかりに自分も白単ウィニーでスタンダードに復帰しました。

15853074383830


取り敢えずアリーナで使用していた白パーツを安いのから集めましたが(高くて買いたくないヘリカス除く)、白単フライヤーなのか白単ライフゲインなのかデッキの方向性が中途半端に感じるので、その辺りを割り切って再構築したい。

(´-`).oO(まあ仮想の対戦相手が一人だけだし、相手に合わせた方が楽なんですがね……)


FNMに出るほど熱心にやるつもりは無いし白単以外を組む予定もありませんが……久し振りにやる紙のMTGはとても楽しかった。

これでもう少しお財布に優しければいいのですがねヽ(*゚д゚)ノニショクトチタカイヨ


ウィクロスは3/26をもって引退することにしました。今後はウムルのカードだけを集めるコレクターになります(´・ω・`)らんらん

MtGアリーナに新弾のテーロスが実装されたらしいと今朝のタイムラインで知ったので、当時の記憶を思い出しながら新しいスタンダードフォーマット向けに【白単】をカスタマイズ。

数ヶ月ログインしていなかった間に、かつての相棒《アダントの先兵》やら《ペナリア史》などが落ちていてとても凹みました(´・ω・`)

cardimage-3
cardimage-4



まあ、去ったカードあれば来たるカードあり。
新弾で凄い強化されて、白単がトップメタを走るに違いない(願望)。


……ちくせう、駄目だヽ(*゚д゚)ノ

いや……けして弱くはないのだけれど、僕のプレイスタイルには合っていない印象を受ける。

エンチャントペタペタ貼るよりも、1マナ域2マナ域の生物で殴り続ける方が好きなんですよね。

それでも、面白いカードはいくつか見掛けたので取り敢えずの仮組み白単の完成。

15792666765140


コンセプトは、ライフゲインをメインに小粒の生物で殴る白単ウィニー。



cardimage-5
ライフを回復する度に+1/+1カウンターが乗っていく凄い熊、もとい猫。

人間が出るだけでカウンターが乗る《教区の勇者》程のシンプルさは無いが、アンコモンにしては必要十分な強スペック。

このデッキの軸に相応しい1枚ですね。


jp_tkfZAWRbpw
パックだけでなく1/31発売のカードゲーマーvol.50にプロモとしても付いてくる凄いやつ。
最近はコロコロアニキや単行本なんかにもプロモカードが付くようになりました。MtGも色々と試行錯誤してるようです。

《太陽に祝福されしダクソス》は白の信心(場のマナシンボル)に応じてタフネスが増減するクリーチャー。
普段は熊サイズだが、ウィニーらしく盤面を埋めていくだけであっという間にそびえ立つ壁として成長する。

他クリーチャーが自分の場に出るか、あるいは死亡する度にライフゲインが誘発する能力も備えているため、《アジャニの群れ仲間》《太陽冠のヘリオッド》との相性は最高。

縁の下の力持ちとして場を支えてくれるはず
です。


jp_RRCkc4k6xo
テーロスと言えばやっぱり神。神なんですよね。当然、破壊不能!!!

3マナで5/5と驚異的なマナレシオを誇りますが、信心が低いとクリーチャーとして顕現してくれないため戦力にカウントするには一工夫が必要です。

とはいえ、神はエンチャントとして居るだけでも十分に優秀。

ライフゲインが起こる度に他のクリーチャーにカウンターを乗せる事が出来るうえに、2エナで絆魂を与える事だって可能なんです。

パパっと低コスト帯で盤面を埋めたのち、早々にクリーチャーとして着地して戦況を有利に持ち込もう。


jp_9tjOsaYs2E
ギャラリーを見ていてドン引きした1枚。
実質白い《怨恨》ではないかヽ(*゚д゚)ノ

まあ、修正値がそれほど大きくないし墓地リソースを必要とする分本家には幾分劣る。

地味なカードではありますが、ヘリオッド様に警戒を付与出来ると満足度が高い。


cardimage-2
アリーナから離れている間に良くわからないカードタイプが増えていて驚きました。

出来事???
というか超強い。何だこの農民!?

手札にあれば3マナでパワー4以上を破壊するソーサリーとして機能して、使い終わったらそのまま1マナの1/2クリーチャーとしても運用可能。

しかもバニラではなく、タッパーとしての役割を果たせると言うのだから全くもってとんでもない農民だ。

真っ先にワイルドカードで4枚作成して、デッキにガン積みした1枚。

モダンの【白単人間】でも活躍出来そうなハイスペック。


jp_z1bc2ueMAS
あの《セラの報復者》と変わらないサイズのキマイラ先生。

ウィニーであれば2ターン目には1マナクリーチャーが3体並んでいる事もあるので、最速3ターン目には着地を期待出来る優良飛行クリーチャー。

これでレアリティがコモンだというのだから、いやはやホント素晴らしい。高名な弁護士よりもよっぽど強いぞ。

《ペナリア史》《軍団の上陸》がスタン落ちしていなかったら、もっと輝きを増していただろう。


cardimage-6
条件を満たせばアンタップで戦場に出る特殊土地。

白単と言えば、基本土地だけでやっていけるコスパが売りのデッキではありますが、この《アーデンベイル城》に関しては複数枚入れ価値がある珍しい土地。

消費マナは流石に重いが、土地とマナさえあれば人間トークンを量産出来る点は大きな魅力。

クリーチャーが場に出るだけでライフゲインを出来る《太陽に祝福されしダクソス》とは相性が抜群ですね。



ライフゲインでカウンターを乗せて殴りかかる分かりやすいデッキではありますが、過去のテーロス環境の白単と比べるとやや地味。

次のエキスパンションでは、《精霊への挑戦》《万神殿兵士》級の強カードの登場に期待したい……。


カードゲーマーvol.50 (ホビージャパンMOOK 982)

ホビージャパン (2020-01-31)
売り上げランキング: 3,811

このページのトップヘ