エア決闘者は思考する

ボドゲやTCGを中心にゆる〜く語るカジュアル勢。

カテゴリ: MTG

死儀礼のシャーマンがモダンで禁止になったニュースを受けて、友人と久し振りにMTGの話題で盛り上がりました。

最近のスタンでの白カードが結構良いモノ排出している様子だったので、モダンに流用。

少しだけ、自分の持ちデッキ【白単人間ウィニー】について思いを馳せました。



平地17

教区の勇者4
万神殿4
不屈の護衛4
スレイベンの守護者サリア4
サリアの副官4
威圧する君主3
堂々たる撤廃者2
悔恨する僧侶2
無私の霊魂3
ミラディンの十字軍2
異端聖戦士サリア2

流刑への道3
清浄の名誉2
精霊への挑戦4


《教区の勇者》
IT6-264
白単で人間ウィニーを作る上での柱というか、生き様。最強。

《万神殿の兵士》
32
メリット効果持ちの1マナ2/1のマナレシオは素晴らしい。
多色のクリーチャーにブロックされずに殴りに向かい、或いは無敵の壁として構えることも出来る。

《不屈の護衛》
dauntless_bodyguard
心優しきボディガードの亜種。
モダン以前ならいざ知らず、今のスタンダードでこんな性能のクリーチャーがアンコモンで使用可能とは……良い時代になったものである。

万神殿の兵士同様、高いマナレシオに加え自身を生贄にクリーチャーを守る能力を有する。
まさに教区の勇者の護衛にうってつけの存在。

《スレイベンの守護者、サリア》
thalia_guardian_of_thraben
白ウィニー作る上での柱というか、白ウィニーそのもの。

サリアの能力はお互いに干渉するが、生物以外を減らした構築でなら一方的に押し付けることも可能。

伝説である点が唯一にして最大の欠点である。

《サリアの副官》
thalias_lieutenant
1マナ重くなった分、能力は教区の勇者の上位に位置する。
教区の勇者との相性は素晴らしいの一言に尽きるので、まあ4積み安定ですよね。

《威圧する君主》
370770_jp
相手のクリーチャーが着地する際タップ状態で戦場に出させる嫌がらせ屋。
タップ状態のクリーチャーではブロックに回れないため、返しのこちらの攻撃が気持ち良く通ることになる。当然速攻クリーチャーメタとしても機能。

相手の動きをワンテンポだけ遅らせる地味さがとても好き。

《堂々たる撤廃者》
19
無事に着地することさえ出来たなら実質ノーゲイン。
精霊への挑戦と併せて詰めに向かおう。

耐性も攻撃能力も無いので、奈落チェッカーと割り切っての運用が大事。

《悔恨する僧侶》
remorseful_cleric
非人間クリーチャー。
2マナ2/1飛行の時点でも結構エライが、相手の墓地全除外が一部デッキに強烈に刺さるだろうということで採用。

タルモゴイフなんて怖くないぜ(死亡フラグ)

《無私の霊魂》
selfless_spirit
非人間クリーチャー。
僧侶と同じく飛行持ちの2/1アタッカー。

自身を生贄に捧げることで、自軍全てに破壊不能を与えるスゴイ奴。

《ミラディンの十字軍》
card100087828_1
3マナで出てくるエースオブエース。
黒と緑へのプロテクションを持ちつつ、二段攻撃で相手を粉砕する。

《異端聖戦士、サリア》
6874-2
サリアver.2。1サイズ大きくなったことに加えて、威圧する君主の上位能力を有する。

モダン環境だと基本土地の採用枚数は少ないので、相手のテンポロスは計り知れない。

初代サリア同様、伝説クリーチャーなのが玉に瑕。

《流刑への道》
path_to_exile
白最強の除去札。
おそらくは炎得火失の原型。

ウィニークリーチャーではどうしようもないクリーチャーに対して撃ち込む。
相手のマナがいくら増えようが、要は勝てば良いのだ。

《精霊への挑戦》
389450_jp
僅か1コスで自軍全てに任意色のプロテクションを与える。
相手の除去に対応して守りに使うのも良いが、並べたクリーチャーで相手のブロッカーを無視して詰める際の決定打ともなり得る。

《清浄の名誉》
M1223-249
白のクリーチャーを全体パンプする縁の下の力持ち。強い。

2マナ域ではサリアとかぶってしまう点が最大の障壁。


完全に現在の環境無視で夢想してみただけなので、現役プレイヤーの指摘はご勘弁。


20弾で登場したコラボカード《温泉の盛宴 草津結衣奈》さん。

[画像:7d595c6b.jpg]

中央に置くだけで、他のシグニを簡単にパンプアップ出来ます。
パワーが3000上がるということは……!?


[画像:f251cc01.jpg]


ゲイヴォルグさんの出番ですね。暁タマなら更に3000アップ、これは勝ち確と言っても過言ではない。

けれど、レベル4のゲイヴォルグをどうやって手札に持って来れば……!?

[画像:f0f9aa66.jpg]


そう、ゲイヴォルグは槍だったんだ!!
ヴァルキリーで持ってきて、あわよくばアタック時トラッシュ送りも狙える。
エナを与えずに二面要求。これは強い。


槍を2本持っておくことが正解だったんだね、ありがとうスラ牙!!
[画像:b3a916a5.jpg]

そういえば相棒だった修復ちゃんがアイコニックマスターズに再録されますね。
初期絵も好きですが、こちらもなかなかに良い。
[画像:857f99ce.jpg]

MTGから随分離れていたので、タイムラインで流れてきた収録内容を見て恐れ慄きました。なんやこの神箱……。
image

コーの空漁師、孤独な宣教師、魂の管理人、ちらつき鬼火、未練ある魂、無形の美徳、流刑への道、イーオスのレインジャー、修復の天使、終末、刃の接合者

白だけでも当時使っていた相棒から実践レベルのカードまでホントにTHEモダンと言った印象。ミラディンの十字軍は良いとして、サリアと教区と万神殿が居ないね、持ってるからいいけど。
盲従とか威圧する君主、迷宮の霊魂と言ったカードも好きだった(ヘイトベアー感)。

青はそれほど詳しくないので、呪文貫き、血清の幻視が嬉しい。瞬唱の魔道士は……まあうん最高だよね。

黒はコジレックの審問と滅びですかね、黒は友人の好きな色だったので赤黒吸血鬼くらいしか作っていなかった。吸血鬼の夜鷲は身内間で流行ってた。

赤は、ボロス大好き人間なので思い入れ深いカードが沢山。地獄乗りと迫撃砲も良く使っていた。士気溢れる徴収兵は吸血鬼デッキで貴種とセットで運用してたなぁ。忌むべき者のかがり火も熱い。ドロー、奇跡!!!

緑はスラーグ牙がとにかく愛しい。修復の天使とのぐう畜コンボはホント狂おしい程好き。どうせならFT的に灼熱の槍も再録してほしいね。
image

スフィンクスの啓示、突然の衰微、炎樹族の使者、ドムリラーデ、ワームの到来には個人的恨みが……。
とげの道化、空騎士の軍団兵も低レアリティの割には優秀だった。向こうみずな技術での速攻はただただ楽しい。ファルケンラスの貴種とオリヴィアとボロスの反攻者は、性能イラストともども好きでした。
image

image



それにしたって、このラインナップ熱いものがある。土地のフェッチランドと魂の洞窟も狂ってるし、ヴェールのリリアナとタルモゴイフもクレイジーだ。使ったことないけど。

パックのプレ値が心配だ。

色々と情報が錯綜しておりましたが、昨日の雑誌フラゲにより全貌が判明して各地で阿鼻叫喚が聞こえてきます。
新しいルールでワクワクしている方も大勢居るでしょうが、半引退勢の管理人からするとカード資産が紙屑になりそうでマイナス方面な感情が強いですね。大きい器の人間になりたいものです。

新たなモンスターゾーンの新設、ペンデュラムゾーンと魔法罠ゾーンの統合により、大多数のデッキは全く違ったアプローチを模索する必要が出てきました。コンセプト自体を否定されたデッキもありますし、逆にほぼ影響を受けていない旧環境テーマも存在します。管理人のデッキだと聖刻とラヴァルが致命的。

TCG界の始祖MTGの場合ですと一般に開かれている大会《スタンダード》は1年から2年周期で落ちてしまい、次のシーズンからはプレイヤー達は新しいカードプールで一斉に再スタートします。
スタン落ちしたカードはカードプールの違う別フォーマットで遊べますが、一部のカードを除き大抵暴落します。下の環境はモダン(2003年以降発売のカード)やエターナル(公式から販売されたカードほぼ全部)がありますが、大会の規模ではスタンダードが圧倒的です。新しいエキスパンションのカード達で戦えるのだから当然ですね。

そんなこんなで、唐突なルール変更により古いカードは実質的なスタン落ちを食らうかもしれないよ、という遊戯王のお話。数年前に海外版カードが公認大会で使えない事態が発生しましたがアレとは別ベクトルで問題です。
ここでMTGに於けるモダンorエターナルのレギュレーションを新たに設立したとしても、地盤が浸透するまで果たしてどれだけの決闘者が付いてきてくれるかという点が大きな疑問。
現状でも環境とは別に自作ドラフトを作って実際にCSを開いて遊んでいるユーザーは案外気にしないことでしょう。
極論を言えば、今騒いでいるユーザーの大半はファンデッキあるいは旧環境デッキで、大会で使わない(環境に勝てない)デッキの用途は身内とのフリーが中心ですから、そもそも公式のレギュレーションに従う必要は存在しないわけです。
が、そのままこれからの遊戯王の方向性を無視し続ける選択を取ると、カードプールは新しく広がる事なく飽きが近づくことでしょう。Lostorageアニメがやるかわからなかった期間のWIXOSSは、少しモチベーションが下がっていた人もきっと居るはずです。

軽く思いつく選択は
1.公式の掲げる新しい方向のままにエンジョイする。
2.公式が現マスタールールを意識したレギュレーションを新設することに期待する。
3.今のルールあるいはそれ以前を意識してフリー主体で遊ぶ。
4.カードは売って引退する。他ゲーに移る。

1を選べる方は物事をプラスに考えられる方で正直とても羨ましいです。コンマイの奴隷は別。
2は公式明言のスタン落ちということです。こちらが実現されたなら環境はインフレから浄化され、プレイヤーの民度も向上するかもしれません。新設されたレギュレーションにショップとプレイヤーがどれだけ積極的に参加するかが焦点。個人的には十中八九ありえないと思っています。
3.もともと身内とのフリーでしかやっていなかった僕らはこれ。禁止制限改訂にだけ従う感じでした。今後は自作ドラフトかWIXOSSを中心に。
4.半分引退していたので、上と被ってますがこれ。リンクスやシャドバ、ハースストーンとかデジタルTCGに移行する方もいることでしょう。
個人的にはMTGのモダンをオススメします。スタン落ちした暴落カードを使ってモダンで遊ぶのはコスパ的に結構得。モダンの環境デッキを意識すると金が吹っ飛びますから注意。
ある日フリーでエンカウントした謎の外国人の環境デッキ【トリコトラフト】(推定15万オーバー)と、管理人の愛用デッキ【人間白ウィニー】(推定一万円)で互角の戦いをした思い出があります。アレは熱かった。

話がものすごく脱線したうえに文章構成支離滅裂な気がしますが、収集着かないので一旦終えます。
僕は遊戯王というコンテンツ自体は凄く好きなので、ただヘイトを溜めるでなく、実のある行動に繋げていきたいと思います(konami感)。
来週はスパロボとWIXOSSで忙しいので記事更新は減ります。

このページのトップヘ